漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
BLコミック
テンカウント(1)
この巻を買う/読む

テンカウント(1)

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.5) 投稿数767件
テンカウント(6巻完結)
作品内容

「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。雑誌掲載時のカラーを再現したデジタル版限定仕様!

作品ラインナップ  全6巻完結
レビュー
テンカウントのレビュー

平均評価:4.5 767件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 安心感抜群!
    ゆるりさん 投稿日:2019/6/27
    黒瀬君の淡々とした性格が好きです☆城谷さんがどんどん黒瀬君に惹かれて好きになるまでと、2人が結ばれてから最後まで、城谷さんや黒瀬君の過去含め、しっかりした内容で面白かったです!
高評価レビュー
  • (5.0) 良い
    メラゾーマさん 投稿日:2019/6/6
    めっちゃ良いです かっこいいです 最高です とても良いですね
  • (5.0) SMってこういうことなんだ‥!
    りこさん 投稿日:2019/6/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻では何を読まされてるんだろう?っていうくらい不可解な部分が多過ぎて、正直宝井さんの絵だから読めた感がありました。 でも2巻からの急速に濃厚な展開になっていって、面白味も増して、城谷さんがじわじわと黒瀬くんに侵食されていく姿に、あぁリアルなSMだこれ‥と理解できた瞬間、宝井さんの真骨頂を見た気がしました。 1巻で挫折した人はぜひ2巻までは読んでみてほしいです。 宝井さんの作品は絵の美麗さと世界観の美しさがまず魅力的なんですが、人の弱い部分やダメな部分をそのまま肯定してくれる慈愛ようなメッセージ性に私はいつも胸を打たれます。 テンカウントもそのメッセージ性を強く感じました。 城谷さんも黒瀬くんもそれぞれに傷付いた過去があって、それを乗り越えようとしてる二人が努力の末に前進はするけれど、完全には乗り越えられない。 でもそれで良いと思わせてくれる二人の関係性にとても癒されました。 欲を言えば、城谷さんに翻弄されて見えてくる素の黒瀬くんがここから色々と見れそうな気がしたので、もう少し続きが見たかったですが、でもハッピーエンドできれいに終わってたのでこれはこれで納得です。 多分これからも幾度となく読み返す作品だと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 安定の面白さ
    るるるさん 投稿日:2019/5/31
    人気コミックだからと読んでみましたが、やっぱり面白かった。 城谷さん可愛いいし、黒瀬くんの無表情さも好き。
  • (5.0) きゃわ
    えんどうえんどうさん 投稿日:2019/5/28
    絵がかわいいんじゃ〜!! ストーリーも素敵で、そりゃ人気になるよなーって思いました。
  • (5.0) 名作
    かめさん 投稿日:2019/5/28
    作者さんが好きで全話購入しました。 名作だと思います。潔癖症なので、もっと淡白な可愛げのない主人公かと思っていたら、可愛さの塊でした。 相手役のカウンセラーはドSですが顔がイケメンなのでかっこよかったです。
スタッフオススメ!
  • 絶妙な距離感に萌える
    著者は「花のみぞしる」「花のみやこで」で知られる宝井理人。繊細で丁寧な描写に定評のある作家さんです。潔癖症の社長秘書、城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するために個人的なカウンセリングを受けることになります。カウンセリングの内容は10個の項目を実践し、1つずつクリアしていくこと。他人と深くかかわることを避けてきた城谷と、無愛想なカウンセラー黒瀬の徐々に縮まっていく距離感にドッキドキです。人との接触に極端に敏感な城谷が触れるか触れないかの距離でドギマギする様を冷静に観察しつつ、少しずつ、でも確実に距離を詰めていく黒瀬。2人の間に流れる空気感がなんともエロチックでキュンキュンしちゃいます!
    制作担当:なんだぱんだ
▲ページTOPへ