マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

リクドウ 1の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

青年マンガ
リクドウ 1
この巻を買う/読む

リクドウ 1

通常価格:
463pt/463円(税抜)
(4.1) 投稿数7件
リクドウ(12巻配信中)
作品内容

父親を失った少年・芥生リクは借金取りの元ボクサー・所沢京介と出会う。理不尽に満ちたこの世界で、人は何をよすがに生き抜くのか。戦うのか。人生という茨の道を歩む芥生リクの破格の拳闘ストーリー! 少年には何もない。その拳以外は。

作品ラインナップ  12巻まで配信中!
レビュー
リクドウのレビュー

平均評価:4.1 7件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) ヤバイ!!!!!!
    rcさん 投稿日:2017/4/17
    ちょっと怖いけどめちゃくちゃ面白い!!!! 鬼気迫る感じが伝わってくる ひさしぶりにヒットした!!
  • (5.0) ボクシング興味ないけど
    しーあさん 投稿日:2016/10/3
    読み始めたら話も割とサクサク進んでくれるのでのめり込むように読み終えてしまう。
  • (4.0) リっ君がかわいいの一言に尽きる。
    まんがにゃさん 投稿日:2016/9/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 ボクシング漫画なんで、血やらなんやら液体多めですが絵がキレイなので、痛そうだが汚なくないのが好きです。 リクが不憫で可愛くてたまらん。その可愛さに苗ちゃんが後々、妖怪舐め女になってしまうのも仕方ないと思う。 続きを読む▼
  • (4.0) 久々ボクサー
    ジュカさん 投稿日:2016/4/13
    主人公リクの登場シーンから、あまりの悲惨さに胸を痛めてるうち、元世界チャンプの893所沢から殴りかたを教わって、プロボクサーとなり成長してゆく姿に、もう釘付けです 成長と言っても、best of ストイック競技ボクシングですから、爽やか なスポコンとは程遠い、たいへんストイックかつペシミスティックな心理描写 青年誌ですから暴力的な表現や暗い内容もありますので、良いコな読者さんは要注意ですね 今6巻までですが、愛情に餓えていた子供時代、かまってくれた所沢に対する、親鳥を慕う雛のような、刷り込み的なリクの心情が、切ないです 893なゆえに突き放す所沢と、ボクシングの象徴のように、父親への愛のように渇望しつつ、黙って孤独に耐えるリク。。。 boxingというスポーツ名より、『拳闘』と呼ぶ和名のほうがふさわしい、命と魂を拳に込めたコミック 熱く冷たく全身の血をたぎらせて、闘い続けるリクの行き着く先を、しっかり見届けたいですね ボクシングものでハマッたのは『明日のジョー』以来(笑) 丹下のオヤジや下町の皆からアイドルみたいに愛されるジョーが、不良ながらも明るく少年らしい快活さを持っていたのに対し、愛されても愛されるコトを知らないリクの心情はより幼く、子供の純粋さで、強さを求めるコトにのみ貪欲です 才能ある敵ファイターを振り回し、運命まで変えちゃうあたり、似てるトコもありますが。 拳と拳、命を賭けて、男の生き方までもを闘う刹那的なリングの世界をモチーフに、実は、孤独と絶望のなか、絶対的な喪失感を生まれながらに秘めた『男性』性の、現代社会の心の闇と救済を描いていらっしゃるのかも知れません しかし、こーゆータイプの極端な漫画に、今も昔も女は不要だなと思うのは、私ダケでしょうか? もっとみる▼
  • (3.0) そうだな
    ラッキーさん 投稿日:2015/10/30
    重く陰惨な展開・描写が多いのが特徴的な作品でした。 一度読んでみてくださいな。
スタッフオススメ!
  • 衝撃としか言えない
    物語のはじまりは主人公の芥生リクの父親が首つりで自殺しているところからはじまります。元ボクサーの所沢京介はその場面に出くわすのだが、芥生リクは、日常的な父親の虐待のトラウマからか父親をサンドバッグで殴るように殴っていました。父が亡くなり母親の元について行ったものの、母親と同居している相手は薬中毒の男、母親も薬に侵されてしまっていました。自分の命が危ういと感じた芥生リクは母親の相手を殺してしまうのでした。芥生リクの人生をとても衝撃的な画力と演出で描いておりストーリーに引き込まれていきます。新進気鋭の松原利光先生の拳闘漫画!!
    制作担当:いちご大福
▲ページTOPへ