We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
ザ・ファブル(20)

ザ・ファブル(20)

ポイント還元64pt還元!(12/14まで)
最大1,000pt ポイント獲得 12/15
通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数770件
ザ・ファブル(22巻完結)

作品内容

逆襲の山奥にて――、“怪人・山岡伝説”、南無三宝―――。
ファブルらを標的に“殺しの遊戯”を再開した“恐怖なき男”が、ついにヨウコらに迫りくるッーー!!!!!!
まるで映画を観るように、人の生き死にを楽しむ男、山岡。浜田組長暗殺と騒動を巻き起こし、ファブル同士の対決を画策! 狙いは、組織史上最高傑作の殺し屋をじかに味わうこと! この危険すぎる遊戯実現のため、主演・“佐藤明”、ヒロイン・ミサキと勝手に死のキャスティング! 組織の仕事を増やすためといいながらプロ中のプロによる殺し合いを演出!? だが、行き過ぎたお遊びはついに己の身に返ってきた。親殺しの陰謀を知った真黒組五代目組長・海老原はもとより、属する組織からも追われることになった山岡。逃げる側となっても危険この上ない男。ミサキも、オクトパス社長も、この狂気の“恐怖なき男”から絶対に守らなければならない!!! ファブルらの逆襲が始まる!!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全22巻完結

  • ザ・ファブル(11)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    表の顔は善良な興信所の社長…。裏の顔は過保護の若者を食い物にする怪悪党…。太平市に暗躍するウツボなる男が、冷酷キラー・鈴木や元ヤクザの井崎、車イスのヒナコを従えて、ファブルのバイト先の先輩・貝沼を罠にはめる! 一方、ファブルはヒナコと仲良くなったり、貝沼くんからミサキを守ったり! 何やら激ヤバ臭がプンプンしてきましたぜ、無敵の殺し屋休業お兄さん!!
  • ザ・ファブル(12)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    表の顔は善良な興信所の社長…。裏の顔は過保護の若者を食い物にする怪悪党…。大阪は太平市に暗躍するウツボなる男が、冷酷キラー・鈴木や元ヤクザの井崎、車イスのヒナコを従えて、ついにファブル暗殺計画を実行す!ジワジワとウツボらの罠が迫る中、ファブルは相棒ヨウコと共に、ヒナコ救出に動き出す。一難去って、二難三難。頑張れ無敵の殺し屋休業お兄さん!!!
  • ザ・ファブル(13)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    大阪は太平市に暗躍するウツボなる怪悪党が、冷酷キラー・鈴木や元ヤクザの井崎、車イスのヒナコを従えて、無敵の殺し屋ファブル暗殺計画を大敢行!! ウツボらの罠が迫る中、ファブルは相棒ヨウコと共に、ヒナコ救出に奔走する。そして殺しの山奥で、ついに最後の戦いが始まったッ!!! さらには酔いどれヨウコ姉さんが聖夜に大ハシャギする、伝説のはっちゃけクリスマスパーティー編、ここに怒涛の完全収録であります♪
  • ザ・ファブル(14)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    はぐれ極道・小島が散り、怪悪党ウツボの野望がついえた大阪太平市に、束の間の平穏が訪れる…ワケもなく。年越しを目前にしたアキラ&ヨウコの知らない所で、ボスの忠告を無視する謎の幹部・山岡が、真黒組を標的に激ヤバな行動をおっぱじめるのだった…。そんな折、ひょんな事からアキラとヨウコが、自宅の屋上で直接対決するハメに!? 無敵の殺し屋兄妹、超絶ガチスパーリングって、どうゆうこっちゃの第14巻でございます♪
  • ザ・ファブル(15)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    小島が散り、ウツボの野望がついえた太平市に、束の間の平穏が訪れる…ワケもなく。新年を迎えたアキラ&ヨウコの知らない所で、ボスの忠告を無視する組織の顔役・山岡が、真黒組を標的に激ヤバな行動をおっぱじめた。 組長と若頭のいずれかを暗殺するため、毒殺のプロ・二郎を投入。怪しき殺戮劇を開始するのだった。一方、新たにバレンタインのイラストを手がける事になったアキラも、この町に忍び寄る異変に気づき始めて……。
  • ザ・ファブル(16)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    2019年、岡田准一さん主演にて、ついに待望の実写映画化大決定ッ!! そして今巻では、毒殺のプロ・二郎が真黒組の浜田組長暗殺を敢行…。ファブルと同じ組織の顔役幹部・山岡さんによる怪しき殺戮劇が幕を切って落とされた。そんな中、新たなる殺し屋が中国より大帰還…。一方、山岡の潜伏に気づいたヨウコ姉さんが、兄の知らない所で、行動開始。ジワジワときな臭くなってまいりましたよ、無敵の殺し屋お兄さーーーーん!!
  • ザ・ファブル(17)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    2019年6月21日(金)、岡田准一さん主演にて、ついに待望の実写映画公開決定!! 前巻にて真黒組の浜田組長が暗殺され、ファブルと同じ殺し屋組織の顔役幹部・山岡による怪しき殺戮劇の火蓋が切って落とされた、、、。そんな中、今巻では、太平市壊滅を目論み、新たなる殺し屋2名が中国より激帰還、、、。佐藤兄妹を巻き込んだ熾烈な戦いが始まってゆくのであった。そして妹ヨウコが山岡への命懸けの復讐を開始する!!!
  • ザ・ファブル(18)
    登録して購入
    ポイント還元69pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    2019年6月21日(金)、岡田准一さん主演にて、ついに待望の実写映画公開大決定ッ!! 真黒組組長が暗殺され、ファブルと同じ組織の怪人幹部・山岡による怪しき殺戮劇の火蓋が切って落とされた。そんな中、山岡への復讐に挑むヨウコが、殺しのアジトへ突入。だがアジトには、山岡の部下で同門の凄腕の殺し屋ユーカリ&アザミが待ち受けていたのだった。一方、我らがアキラ兄さんも、ヨウコを救うべく行動を開始する、、、。
  • ザ・ファブル(19)
    登録して購入
    ポイント還元63pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    ファブルと同じ殺し屋組織の怪人幹部・山岡による、”殺戮の遊戯”が巻き起こる中、ついに無敵のファブル兄さんvs.凄腕の殺し屋アザミが大激突ッ!! そして恐怖なき戦慄の男・山岡は、いかなる行動に出るのか、、、。さらに囚われのヨウコ&ミサキの運命は、、、。風雲急を告げる”殺しのアジト”にて、大反撃の狼煙が立ち昇る、、、。乞うご期待ッ!!!!!!!
  • ザ・ファブル(20)
    登録して購入
    ポイント還元64pt還元!(12/14まで)
    最大1,000pt ポイント獲得12/15
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    逆襲の山奥にて――、“怪人・山岡伝説”、南無三宝―――。
    ファブルらを標的に“殺しの遊戯”を再開した“恐怖なき男”が、ついにヨウコらに迫りくるッーー!!!!!!
    まるで映画を観るように、人の生き死にを楽しむ男、山岡。浜田組長暗殺と騒動を巻き起こし、ファブル同士の対決を画策! 狙いは、組織史上最高傑作の殺し屋をじかに味わうこと! この危険すぎる遊戯実現のため、主演・“佐藤明”、ヒロイン・ミサキと勝手に死のキャスティング! 組織の仕事を増やすためといいながらプロ中のプロによる殺し合いを演出!? だが、行き過ぎたお遊びはついに己の身に返ってきた。親殺しの陰謀を知った真黒組五代目組長・海老原はもとより、属する組織からも追われることになった山岡。逃げる側となっても危険この上ない男。ミサキも、オクトパス社長も、この狂気の“恐怖なき男”から絶対に守らなければならない!!! ファブルらの逆襲が始まる!!!

レビュー

ザ・ファブルのレビュー

平均評価:4.7 770件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 独特の雰囲気がクセになります
    Coさん 投稿日:2021/12/2
    舞台設定もキャラクターも独特で引き込まれました。特に主人公ファブルと妹役のヨーコのキャラが際立っていて、とても面白かったです。

高評価レビュー

  • (5.0) ドラマ化大希望
    ジュカさん 投稿日:2018/3/20
    こんな面白いcomic久しぶり 伝説の暗殺組織『ファブル』の天才最強殺し屋が、相棒と『兄妹』設定の元、1年間休業して、1般人社会(大阪なのがまた)に潜入生活。。。。。プロットだけで、もう面白いです(笑) 預けられ先が8 93さん家なモノで、当然ながらダークな事件にも巻き込まれたりするのですが、あくまで淡々と『プロ』として対処してゆく主人公。。。つか、コレ、主人公佐藤は鈴木リョウヘイさん、洋子は仲リイサさん、ボス役大友さんで、もうドラマ化するしかないですよねッ 2018大河終わったら、何とかならないもんでしょうか??? この世に生きる人間の暗部をサラッと描く作家様のウデと、ギャグのバランス、泥中の蓮の花ビラを伝う水滴のように、時折キラッと輝く人情等々、長年マンガ読みしてますが、もう脱帽です今13巻配信マデですが、現代社会に溶け込もうとする『殺し屋』を『大人のファンタジー』として描く、寓話『ファブル』というストーリーに、もう釘付け 『愛という名のウィークデー』も続きが気になるッ 洋子ちゃんの本音顔で吹き出し、佐藤に憧れるクロちゃんが愛しくなり、カシラの気苦労に(オヤジ代表?中間管理職だもの〜)共感し、佐藤の過酷な生い立ち含め、果たして彼は社会へ溶け込んでゆけるのか?。。。何気にスリルもあり、とーっても面白いcomicです いやcomicだけにしとくなんて、もったいない 各TV局の皆様、何とか頑張って頂きたい もちろん、主演は鈴木君でッッ もっとみる▼
  • (5.0) どハマりしてしまった
    mamaさん 投稿日:2021/10/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 気になっていたので試しに読んだら、あまりの面白さにハマり既に全巻読破、10回以上リピして読んでます。 絵がバイオレンス感満載だけど、内容は笑えて泣けて時に深く、こういった人物像は作者自身に魅力がないと中々描けるものではない。Xmasパーティーの回は神回。社長と洋子のやり取りに爆笑、酔って倒れかけた岬ちゃんを素早く支えるアキラにキュン、社長の最後の優しさにボロ泣きしました。ヤクザ系の物語というと男臭さ満載で如何にも少年誌というイメージだけど、ファブルは悪者がまた魅力的。海老原の言う事を聞かず暴走する小島、常に備えるウツボ、恐怖を感じない山岡。山岡が必ず言う「座れよ、俺がエラそうにしてるみたいだろ」というセリフ、山岡のキャラがしっかり作られているな〜と些細な部分ですが感心しました。 71人もプロとして暗殺してきたアキラという主人公、普通に考えたら残酷なクソ野郎の筈なのにストーリーを読んでいく内に、その純粋さに魅力を感じるからまた不思議。改造した銃や、キノコの暗殺方法、ヤクザの世界観などとにかくリアルで作者は相当色々研究しながら描いたのではないでしょうか。余談ですが実写化するならアキラは鈴木亮平だな〜と勝手に思っていたので、岡田君でイメージが違いすぎて残念。鈴木亮平の方が似てるし演技も上手。ファブルの魅力はアキラの天才的な暗殺能力と、他のキャラ達のヒューマンドラマだと思うので、原作を愛する人達で作った実写ものをいつかみてみたい。 続きを読む▼
  • (5.0) 純粋培養された愛すべきキャラ
    ばふさん 投稿日:2018/9/6
    この作品は、めちゃめちゃお勧めです! 殺しの技術を高めるために、世間とは隔絶した環境で成長した明は、ある意味、純粋培養で育ったわけで、殺しの技術は並外れて凄いですが、世間の常識や感覚を全く知らず、結果的に中の人は純粋で真面目な青年に育ち、 優しく素直で愛される人だと思います。また、そのせいか、主人公が描くイラストはほのぼの温かく可愛くて、私は大好きです。彼はとても世間知らずなため、周囲にドン引きされたりすることも多く、爆笑です。次第に周囲に溶け込み『ふつう』を知って成長していく明が、読んでいてとても楽しいです。ただ、殺し屋という正体を知られてはならないため、周囲の人達との間に距離を置かざるを得ないところが、苦しいだろうなと思います。 もちろん彼の殺し屋としての腕は超一流です。痛快、爽快です。『知恵、工夫』の習慣によって彼の技術が高まったということが強く感じられました。ドランク・クイーンのヨーコさんも素敵で、とても楽しいキャラです。しかも腕はすごく立つので、魅力的です。相手を酔い潰してノックダウンするところなど、とても面白くて大笑いです。 2人を取り巻く人達のキャラも、とてもしっかり作られていて、練りに練って作られた抜群に面白い作品です。次巻が待ちきれません。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ