漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
紘人さまの執事日記
この巻を買う/読む

紘人さまの執事日記

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(2.0) 投稿数1件
紘人さまの執事日記(1巻配信中)
作品内容

ここは名家の鹿乃路(かのみち)本家。人が良くおっとりした紘人は分家に財産を奪われて、残ったのは古びた洋館とこじんまりしたレストランだけ。そんな家を切り盛りする執事・竜樹は、かつて紘人に、その不幸な境遇を憐れみ拾われた身。いまや美丈夫に育ち、しっかりものとして頼られる存在だ。
そんなある日、柴田(?)氏が、「有能な人材がもったいない」と引き取りに。竜樹の将来を考え悩む紘人。紘人に想いを告白する竜樹。
一方、強欲な分家の正彦が、紘人に政略結婚の話を持ってきて…。
「紘人さまにこんなことをして、許さない」

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
紘人さまの執事日記のレビュー

平均評価:2.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (2.0) 優秀な執事の溺愛攻と、オットリで鈍臭い受
    アバタケタブラさん 投稿日:2016/1/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 私好みの話ではなく、割引きの時に買って良かったと思った。 執事が中盤から父親の企業を手伝い、天才的な手腕を発揮するのですが、現実的に有り得ないという違和感を感じること以外は、家事が上手いこととか受けに対する依存性など、キャラ的に好きでしたが……受けである主人公に感情移入できなかったというか、ぶっちゃけ嫌いなキャラでした。 特に、執事の父親が出てきて「息子を返してほしい」と言ってきたとき、自分のところじゃなく父親の所の方が良いのだろうと自己完結し、執事君のことを愛していると言いながら、その父親が執事君を育児放棄していたこと知っている上に、その人間性を深く考えず、当人にも相談せず勝手に執事君の幸せを決めたり執事君の意思を無視してる。よくわからない。 そして極めつけは「執事君を愛してるからこそ」「執事君のためだ」、自分で執事の全てを勝手に決めたことに対し「執事君への愛」で済ませ他者の人生を勝手に決めたことに対する責任が皆無であることが、私には受付けられなかった。はじめはノンビリほわわんとしてて可愛い主だなぁと思っていたが、この時点で評価が反転した。そして最後は執事の意地のおかげで2人はくっつくのですが……最初のコスプレまでしか楽しく読めなかった。レビューというより、感想になってしまったが、万能執事ダメダメ主の組み合わせが好きな方なら読めると思います。 ちなみに夜の話はアッサリしています(笑) 続きを読む▼
ライトノベルランキング
ご来店ポイント
▲ページTOPへ