マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

恋愛前夜

552pt/607円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

お隣同士で家族同然の幼なじみ──漫画家を夢みるトキオを応援していたナツメ。飄々として無口だけど、ナツメにだけは心を許すトキオ。お互いがいれば、それで世界は十分だった──。けれど突然、トキオがプロを目指して上京を決意!! 上京前夜「一回きりでいい」と懇願されて、ついに体を重ねて…!? 時を経て再会した二人が幼い恋を成就させ、愛に昇華するまでを綴る煌めく青春の日々!!

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 恋愛前夜

    552pt/607円(税込)

    お隣同士で家族同然の幼なじみ──漫画家を夢みるトキオを応援していたナツメ。飄々として無口だけど、ナツメにだけは心を許すトキオ。お互いがいれば、それで世界は十分だった──。けれど突然、トキオがプロを目指して上京を決意!! 上京前夜「一回きりでいい」と懇願されて、ついに体を重ねて…!? 時を経て再会した二人が幼い恋を成就させ、愛に昇華するまでを綴る煌めく青春の日々!!
  • 求愛前夜 恋愛前夜(2)【SS付き電子限定版】

    600pt/660円(税込)

    【電子限定版】小説Chara vol..31掲載「まだまだ結婚前夜」収録。●女子より女子な中高生の恋のカリスマ。けれど賞とは無縁の大人気少女漫画家・小嶺(こみね)ヤコ──。そんな貞行(さだゆき)の前に現れたのは新担当の貢藤(くどう)。眼光鋭いヤクザ顔で、貞行の密かな憧れのサブカル誌出身。ラブリーな少女漫画を理解できるはずもない!? けれど貢藤は、貞行の作品を熟知するばかりか、意外にもウブな恋愛初心者だった!! 恋より仕事優先の貞行も、貢藤のギャップに好奇心を煽られて!? ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

恋愛前夜のレビュー

平均評価:4.6 81件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ヤコ先生はラブリーで男前
    naoさん 投稿日:2022/11/20
    以前読んで大好きなシリーズを再読。ヤコ先生男前! 求愛前夜では、乙女の心を鷲掴みにする大人気漫画家(ゲイでオネエでSだけど)と熱心でストイックな編集者(強面だけど心は乙女)のタッグが最高です。 恋愛前夜1のトキオとナツメの物語は、子供の頃か ら寄り添ってきた2人の友情と一途な想いの恋愛前夜。そしてやっぱりヤコ先生は男前なのです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 恋のままならない残酷な切なさ
    ゆっきーさん 投稿日:2021/3/6
    「愛しのニコール」で凪良先生にハマり、親友や幼馴染ものが好きで2冊目にこちらを選びました。 ニコールとお話の流れは似たところがあるのですが、ニコールはとにかくニコールにギュンギュン感情移入して泣けるのですが、こちらは「ああ、恋愛って1人じ ゃできないものだよな」と、恋愛のままならなさ、すれ違いに切なくなって泣ける感じです。 ナツメ、トキオ、ヤコ先生皆んな誰も悪くない。 ナツメはトキオの想いにビックリして、初めて恋愛としてトキオのこと考え始めて。そんなナツメの心の内に気づくことなくトキオはナツメから卒業する決心をして上京し、ナツメへの気持ちとは違うところで新しい恋を始めて。 ナツメがトキオのこと傷つけてたのも、トキオがヤコ先生のことを大事にしようとしたのも、どちらも悪くない。そのときはそういうステージだったのだから。 トキオの想いをナツメが知った後もお隣さんで同じ高校に通ってたら、よくあるコミックみたいに普通に両思いになって他の誰かを泣かすことはなかったかもしれない。 けど残酷にも恋が始まるタイミングが2人で大きくズレ、向き合う時間も与えずタイムアウトになって。 東京でのトキオとヤコ先生も、ナツメが上京して来なければよくあるコミックみたいに新しい恋として素敵なパートナーになっていただろう。 3人の気持ちを同時に想像して、1人1人の気持ちはそれぞれ真剣で同じ重さなのにと恋愛の残酷さに切なくなる。三角関係もので全員にフラットに感情移入するのは初めてです。 出会った2人が同じように惹かれあって一緒に恋愛を育てていくって、奇跡なんだなと気づく。 トキオは最近流行りのスパダリとは程遠いかもしれない。BLで男女の恋みたいなリアリティは見たくない人もいるかも。 でも私は、トキオも「愛しのニコール」の榮も、愛おしいです。 2巻目の方、普通なら食指の動かない設定なんだけど、ヤコ先生大好きだし、レビューがすごく良いし、読もうかな(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 普通の日々の、普通の幸せ。
    しろもさん 投稿日:2022/8/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 他の方のレビューにもありますが、キャラや設定が「美しい彼」と似ています。 このストーリーのキャラを新たに肉付けしたのが「美しい彼」と言うべきか。 受け→クラスのカーストから外れないように無難に友達付き合いをしている綺麗な顔のモテキャラ。 攻め→黒髪無表情ぼっち。絵を描くのが得意。 攻めが父親と2人暮らししている集合住宅の隣りの部屋に、受けが母親と2人で引っ越してきてからの幼なじみ。 受けと攻めは、学校では接触なく過ごしているけど、家に帰れば受けが攻めの晩ご飯を作ってあげて一緒に食べ、1つの部屋でお互い自分の好きな事をして過ごす。それが日常。 そんな日々の中、受けがカースト上位のやつにある誤解で嫌がらせを受けるようになり、それに気がついた攻めがカースト上位のやつをフルボッコにする、、、そこから受けに湧き上がったモヤモヤした意味不明な感情。 それ以降の攻めの行動も、『キス以上の事もしたのに離れていく、しかも攻めは勝手に自己完結して音信不通になり、離れたところで新しい恋を始めている』といった、受けには切ない状況が続きます。 決心して上京し攻めに会いに行けば、想像していたものとは違う戸惑った顔の攻めのリアクション…ここからの受けがまあ切ない切ない。 そんなストーリー展開も「美しい彼」と通じているのですが、こちらのストーリーは受け目線で心情が丁寧に描かれているので、個人的に言わせていただくのなら、より切なく感じました。なんか…泣けました。 でも攻めの新しい恋のお相手も愛すべきキャラなんだよなー。だから苦しい。 とり立てて劇的な出来事も起きないのに、このストーリーは心臓をキュッとさせるんですよね… 一生懸命に青い春を歩こうとする2人のストーリーでした。 何度もリピートすると思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 素敵な幼馴染ラブストーリー。
    monetさん 投稿日:2022/6/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 少年期は読んでいてつらい場面もありましたが、成長した2人の関係や心のすれ違いがもどかしかったり切なかったりしながら楽しんで読む事が出来ました。 私にはトキオの気持ちの揺れが痛い程伝わって来ました。想いは届かないと自分の心に蓋をして離れ、自分を必要としてくれる人の側にいようと決めた後に突然目の前に現れた唯一無二の愛する人、ナツメ。本物の愛情の熱量は意志の力でコントロールできるものではないですから…ナツメが現れた後からどうしようもなく揺さぶられる心、その苦悩が伝わって来ました。トキオの感情の問題で二股ではないと思います。ヤコ先生は可哀想に思えますが結果的にはこれで良かったんだと思う。自分以外の人を心から愛しているトキオの側に居続ける事は苦しいだけ。本当に自分だけを愛してくれる人を見つけた方が絶対に幸せになれます!個性的で聡明なヤコ先生、ナツメがどんな存在なのかを知った上で手元に置く…トキオとの恋愛の行方をトキオ自身に委ねたのだろうと私は思いました。素敵なヤコ先生!!でしたが続編でビックリして、そしてガッカリ…。なんか、違う…。続編の2人には全く魅力を感じませんでした。ヤコ先生の個性が消されちゃってる…お相手が「受」って…えー!?しかもお相手のキャラに魅力を感じない…。ヤコ先生のラブストーリーを楽しみにしていただけに残念。恋愛前夜のみの評価をさせていただき星5つです!イラストもとても良かった!ナツメの綺麗な顔、トキオの独特の雰囲気、どちらも上手く描かれていてイラストが出てくる度にイメージ通りで気持ち良く読み進められました。恋愛前夜はとってもおススメです!! 続きを読む▼
  • (5.0) 連れていかれて日常生活に支障をきたす作品
    MWさん 投稿日:2021/2/11
    BL小説で作者さん買いです。レビュー高評価の「おやすみなさい、また明日」がよみたくて、この作品シリーズには同じ登場人物が出てくるそうで、奥付けを見たら「恋愛前夜」のほうが刊行が早かったのでこちらを先に読みました。 凪良先生の作品は、読み終 わるまでその世界のことだけを考えてしまって日常生活に支障をきたすので読むタイミングが難しいです。この作品も、さっきまで違う世界に連れてかれていて夕飯の出来がヤバかったです。。 同じシリーズで作者さんの違った作風が楽しめます。「恋愛前夜」ではもう胸をかきむしような切なさ。再会のあと、BLだから凪良先生だからきっとハピエンとは信じていてももう想いの持っていきようがなくて側にいても苦しいという心情が溢れてでてる登場人物が可哀想で泣けて泣けて。。。 「求愛前夜」は、かなりコメディよりで、あらすじとレビューあまり読んでなかったので知らなかったんですけど、まさかまさかの笑いを堪える展開でした。いえ、実際は何回も吹き出しました。あの1年後がマジで気になる。 凪良先生って、小説書く前は漫画描いて投稿していらしたそうですね。新聞インタビュー記事で読みました。なので、このシリーズの漫画家さんたちの描写は実情にかなり即してるのではないかと。私も心して漫画読まないと! もっとみる▼
  • (5.0) 再読してわかる、トキオの気持ち。
    wtreeさん 投稿日:2017/7/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 一度読んでからずいぶん、読み返せずにいました。 ナツメとヤコ先生がつらすぎるし、幾つかのレビューに見られるように、トキオがどっちつかずなような不誠実なような印象があって。 わかり易く親しみやすいナツメ。読み手はどうやったって、ナツメに気持ちがリンクします。 もう一人の重要人物、ヤコ先生も、愛情も牽制も率直で、でもとても男前で、気持ちが揺さぶられます。 だから見えにくいんです。トキオの気持ちが。 本文中何度も『トキオは何考えてるかわかりにくい』と警鐘が鳴らされているのに。 トキオの気持ちを拾うように再読すると、全く違って見えました。 トキオには、1つの嘘も誤魔化しもないし、心変わりもしていない。その言葉の通り、ずっとナツメが好きだったんだと、わかった上で読んだ時のこの切なさったら……。 ラストはやはり、遣る瀬ない涙でぼろぼろになるけれど、流せない涙をグッと堪えてナツメを支えるトキオの姿が今ならくっきり目に浮かびます。 ナツメの話だと思ってた。どこかトキオは蚊帳の外だった。 でも違う。これは、ナツメと、トキオの話。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ