漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!

守護者がつむぐ輪廻の鎖 守護者がめざめる逢魔が時3

通常価格:
620pt/682円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数19件
守護者がめざめる逢魔が時(6巻配信中)

作品内容

清芽(せいが)を守る、「加護」の正体を探りたい――。手掛かりを得るため、実家の御影(みかげ)神社を訪れた、恋人の凱斗(かいと)とその一行。けれど、清芽を独占できない弟の明良(あきら)は、機嫌が悪い。そんな時、近くの廃屋で霊現象が発生!! 駆けつけた現場で出会ったのは、明良と同格の霊能力を誇る美貌の青年・月夜野(つきよの)だった。彼はなぜか「清芽に会わせてほしい」と懇願して!? 因縁は巡り、清芽の秘密が今、解かれ始める!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 守護者がめざめる逢魔が時
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    一週間以内に、屋敷に取り憑いた怨霊を祓え――高額の報酬に釣られ、胡散臭いバイトを受けてしまった大学生の清芽。街中で偶然怪我をさせた男・凱斗に同行を頼まれてしまったのだ。ところが訪れた屋敷には、若く有能な霊能力者達が勢揃い!! 霊感の欠片もないのに、あるフリなんかできるのか!? 不安に駆られる清芽に、凱斗は「俺が選んだのはおまえだ」となぜか謎めいた言葉を囁いてきて!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 守護者がささやく黄泉の刻 守護者がめざめる逢魔が時2
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    あらゆる霊的干渉を撥ねつける絶対防御の力――問題は、その「加護」を使いこなせないこと。霊能力に目覚め、除霊に参加したい清芽(せいが)に、過保護な恋人・凱斗(がいと)は大反対!! 大学進学を機に同居を始めたブラコンな弟・明良(あきら)も「兄さんは、今もこれからも俺が守る」と聞く耳を持たない。そんな時、凱斗の母親が突然失踪!? 神隠しの謎を探るため、悪霊はびこる寂れた街に、若き霊能者達が再び集う!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 守護者がつむぐ輪廻の鎖 守護者がめざめる逢魔が時3
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    清芽(せいが)を守る、「加護」の正体を探りたい――。手掛かりを得るため、実家の御影(みかげ)神社を訪れた、恋人の凱斗(かいと)とその一行。けれど、清芽を独占できない弟の明良(あきら)は、機嫌が悪い。そんな時、近くの廃屋で霊現象が発生!! 駆けつけた現場で出会ったのは、明良と同格の霊能力を誇る美貌の青年・月夜野(つきよの)だった。彼はなぜか「清芽に会わせてほしい」と懇願して!? 因縁は巡り、清芽の秘密が今、解かれ始める!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 守護者がさまよう記憶の迷路 守護者がめざめる逢魔が時4
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    巫女の怨霊との戦いで、呪詛返しは失敗!! 神隠しから生還した凱斗(かいと)は、なんと記憶喪失で、清芽(せいが)の存在のみ記憶を抉り取られていた!? 赤の他人を見る冷たい眼差しと辛辣な言葉のトゲ――。恋人の拒絶に傷つく清芽だけれど、巫女の復活の時が迫っている。凱斗を取り戻したい清芽は、呪詛返しのやり直しを決意!! そんな清芽を見守る明良(あきら)は、兄の意識を独占する凱斗へ嫉妬と苛立ちを隠せずに!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 守護者がいだく破邪の光 守護者がめざめる逢魔が時5 【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    【電子限定版】書き下ろし番外編「佐原教授のうつしよ夜話」収録。●「迷っているなら、おまえは呪詛返しから降りろ」──清芽に関する記憶を失い、明良に決断を迫られた凱斗。けれどそれを知った清芽は、「凱斗がいないなら、一人と同じだ」と慟哭する。そんな兄の激白に、打ちのめされる明良。「兄さんの世界には凱斗しかいないの!?」長年抑えつけてきた激情が、ついに決壊して!? 闇との境目に立つ危うい弟と元恋人──再決戦の時を控え、清芽に選択の時が訪れる!!
  • 守護者がおちる呪縛の愛 守護者がめざめる逢魔が時6【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    【電子限定版】書き下ろし番外編「彼は知らない」収録。●恋人と別れ、明良と二人で生きていく──。祟り巫女の呪詛返しに成功し、弟の手を選択した清芽。けれど、一見日常を取り戻しても、凱斗への想いは断ち切れない。やっと兄さんを独占できたのに、少しも満たされないのはなぜ…? 焦燥と 渇望が、明良の心を蝕み始める──。同じ頃、芸能界引退を考えていた櫛笥の前に、調伏したはずの辰巳町の怨霊が出現!! 最後の仕事で再訪することになり!?

レビュー

守護者がめざめる逢魔が時のレビュー

平均評価:4.3 19件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ホラー枠
    カンガルーさん 投稿日:2020/11/28
    読んだり見たりすると後々蘇る恐怖に恐怖する目にあうので避けてたのですが、BLなのとイラストに惹かれて1巻手に取りハマり、後は6巻迄一気読みしました。ホラー枠でも神格・呪術が主軸にファンタジー要素が登場人物を覆うのでテキパキ読めると言うか精神 設定が分かりやすく出来ていたのが良かったと思います。5、6巻目で回収し始めた伏線解答も大詰め最終巻が待ち遠しいです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 呪術もの
    akiさん 投稿日:2020/7/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 神主の家系に生まれながら、霊感ゼロの大学生・清芽。劣等感を抱える中、凱斗と共に怨霊屋敷の除霊に行った先で、西四辻尊と煉、櫛笥早月と有能な霊能者たちと出会います。 そこで、長年清芽に付き纏う怨霊が逢魔が時に出現し……。弟の明良→清芽→←凱斗の関係性。 BL<呪術ものですが面白い。チームで除霊は「ゴーストハント」や「炎の蜃気楼」を思い出します。 家族が清芽を守っていたのは分かりますが、言葉での説明が必要だったのでは?とちょっと思いました。 二巻 能力はチートな明良ですが、兄に対しての執着が捩じれてきて危うい感じ。 明良+祟り神VS凱斗!凱斗の母親が絡んだ呪詛事件は酷い真実が明らかに……。定番ながら子供の霊も怖い。 清芽を巡って二人の男が命を懸ける流れ。そして気になる彼女……何者? 三巻 とある廃屋で霊障発生。そこで出会った霊能者・月夜野。彼が話す過去の因縁が、清芽たち一族と繋がると同時に、秘密を解き明かそうとする凱斗が襲われたりと気になる展開盛りだくさん。 清芽と明良が重点的で、凱斗の存在薄し。凱斗VS明良がヒートアップ。呪詛返しをする清芽たちですが、凱斗が行方不明! 四巻 呪詛返し失敗&凱斗の記憶喪失でダブルパンチ!清芽の記憶のみなくすとか……!記憶がなくても清芽→凱斗で、明良が激しく嫉妬。 そんな状態ですが、巫女復活により再度呪詛返しを行う面々。百物語と最後に登場した男の正体は? 五巻 記憶喪失の凱斗を想う清芽に、長年抑えた激情がとうとう決壊!って実弟ですが!弟と元・恋人のどちらを取るか選択を迫られる清芽。 しかもここに来て一巻の自転車盗難事件が繋がるとは驚き。さらに辰巳町に佐原教授が!!えぇー!! あっちもこっちも容赦ない展開に震えながら次巻へ続きます。 六巻 薄氷を踏むように明良の側にいる清芽。同じ頃、辰巳町の怨霊も再出現。櫛笥大ピンチ。 蝕まれていく明良と心配する櫛笥。尊の言葉の意味。悠一郎の狙いは? もはや明良が主役で清芽と凱斗の存在薄い……。次巻はいつ発売なのでしょうか?? 続きを読む▼
  • (5.0) 本当に奥が深い。
    らむさん 投稿日:2017/12/30
    只今、6巻まで、読みまして、どうも、次巻が最終巻となるようです。霊能力のあるお家のストーリーなのですが、かなり、壮絶に描かれていて、その世界観にすっかり、ハマってしまいました。どちらかというと、BLとしての萌えあ少ないですが、なんていうか、 人の憎悪。特に愛憎が後半は大きくある感じがします。心霊とか好きな人は是非とも読んで欲しいし、とにかく、伏線使いが素晴らしいし、読み応えあって、ずっと、読んでいきたいです。ただ、急に違う内容に飛んでいることがあって、頭を使うことが出てくるのが残念ですが、それも、もしかしたら、恐怖感を増しているのか、、独特だなと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 早く続きを
    orangechocolateさん 投稿日:2019/1/29
    6巻まで読みました。初作家さん。ホラーBL小説は初めてですが、3巻くらいからやっとちょっとこわいかな…?位の怖さになり、巻が進むにつれ恋愛よりホラー要素多めになっていきます。 メインキャラクターが全員キャラクターが立っていて、そこがそう繋が るのか!と感心するシーンもあり、3巻からは続きが気になって6巻まで一気読みしてしまいました。 あとがきによると次で最終巻とのことですが、続きを早く読みたいです。完結してるか調べず読んでしまってちょっと後悔しています…w もっとみる▼
▲ページTOPへ