We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

off you go

通常価格:
590pt/649円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数42件
off you go(1巻完結)

作品内容

その朝、就寝したばかりの良時を突然、妹の夫・密が訪れた。海外赴任から帰国すれば自宅はなく、妻・十和子に離婚を言い渡されたという。折しも独り身の良時は密のペースに呑まれ、快適な同居生活へ。幼い頃から共に身体が弱く療養の日々を同志のように過ごしてきた密と十和子、ふたりの絆を誰より知る良時。ふしぎな均衡で繋がり合う彼らは……?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • off you go
    登録して購入
    通常価格:
    590pt/649円(税込)
    その朝、就寝したばかりの良時を突然、妹の夫・密が訪れた。海外赴任から帰国すれば自宅はなく、妻・十和子に離婚を言い渡されたという。折しも独り身の良時は密のペースに呑まれ、快適な同居生活へ。幼い頃から共に身体が弱く療養の日々を同志のように過ごしてきた密と十和子、ふたりの絆を誰より知る良時。ふしぎな均衡で繋がり合う彼らは……?

レビュー

off you goのレビュー

平均評価:4.6 42件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 作者さんも佐伯さん大好きですよね!
    edenoさん 投稿日:2021/11/6
    is in you で、一束の元カレ(セ〇レか?)だった佐伯密とその幼馴染で同僚の良時とその妹の十和子のお話。大人なお話です。 で、この佐伯密氏のことは、一穂先生もかなり贔屓にしていらっしゃると思われまして、「ペーパーバック」でも、「AS SORT MIX」でも、先生のnoteでも、密氏大活躍です。癖のある密氏ですが、ハマった方はぜひそちらもご覧ください。自分は相当やられています。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 苦い苦しい三角関係の果てに大人の男と男が
    MWさん 投稿日:2021/7/13
    新聞社シリーズ2作目。小説は漫画と比べて読むのに時間かかるのでレビュー頻度落ちてます。特に一穂先生の作品は地の文があまりなく会話で繋いでいくことが多いので、関係性の中の言葉遣いで誰が言ったかを理解しながら読みとく必要あるからかも。 前作 is in you はかなり王道のBL小説でしたが、ひゃー、2作目は全く違う作風、アラフォー男女男、もっと言うと男女男女男の大人の不器用な五角関係を描いた素晴らしいほぼ一般小説(軽いBLでは全くない)です。作者さんは複雑な関係性を書きたかったのでしょう、前作で見事にフラれた密(佐伯)と幼なじみの良時、それに密の妻で良時の妹の十和子の3人、幼い時からの友情と言葉にできないままならない想いと歪な関係が回想を交えて語られます。ぜひ、前作 is in youから読んでもらいたいです。前作収録の番外編is in me の裏で起こっていることがわかります。 オジCPってBL漫画だとどちらかといえば苦手なんですが、BL小説として読まずに一般小説として読めば苦い苦しい三角関係の果てに大人の男と男がくっついただけのこと。タイトルのoff you go は行って、行けよ、行っちまえ、の意味。作中繰り返される言葉です。手を離してここから何処かへ行ってほしい。前作のように何処かへ帰るのではなく、密は行って着く場所へ。 小説のレビューって同じ伝達手段の文章で書かないといけないのでいつも難しいのですが、普通のBL小説とは一線を画して読み応えのある作品なのでぜひぜひご一読を。読めば直木賞ノミネートされるに充分な力量を持った作家さんだとわかります。明日受賞作発表ですね。どうなるかな。。。 もっとみる▼
  • (5.0) 見たことがない三角関係
    だおさん 投稿日:2019/5/16
    読後気持ちが引きずります。今まで読んだり見てきたものの中でこんなに歪つなのに純粋で醜くない三角関係は初めてです。子供の時は一緒にいる時間が作れるけど社会に出れば理由がないとどんなに仲良くても努力しないと疎遠になります。三人の関係性を保つため に取った密の手段とその気持ちを知っていて受け入れた十和子。この二人の関係は書類上は夫婦だけど血の繋がっている家族以上に家族で戦友で十和子が死んだら自分も死ぬと思っている密。この関係にとても胸を打たれます。正直どうしてそこまで良時に執着するほど好きになったのか読んでても分かるようで分かりません。逆も然りで良時も密のことがどうしてそこまで好きなのか分かりません。時間の積み重ねの中で自然とお互いを好きになるには描写が少し物足りなさがあり読者側でこういうことかな?と想像して補完しないとなりません(読解力不足かもしれませんが)。でも密の口の悪さも捻くれてる性格も良時を守る時には愛しくとても可愛らしく読んでて胸一杯になります。寄り道をしてようやくお互いに辿り着けて良かったねと本当に思います。BLを読んでるのに一般の小説を読んでるんじゃないかと錯覚するほどとても良い作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) is in youで振られた佐伯さんのお話
    マリネコさん 投稿日:2019/4/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作では、ただ嫌な感じの上司だなとしか感じなかった密(佐伯さん)が、何故こう捻くれてるのか、あの時どういう気持ちだったのか、がよく分かります。その執念と執着心、良時への揺るがない一途な思いに可愛ささえ感じてきました。特に二度呼びは、もう一度最初から読み直し、そのシーンを探してしまいました。(笑)偶然出会った八重達に酷い言葉を放つところは、密のままならない気持ちや八重への妬み、恨みなどごちゃ混ぜな気持ち、でも何よりも良時への愛情を感じた場面で印象に残りました。 前作の二人はすれ違いがただだ切なくて、もっと早くに気持ちを伝えることがてきたのではないか、と思いましたが、今作の二人はこのタイミングだから良かったのだと、このタイミングしかなかったのだと、思いました。それが蕎麦屋での一場面で表されています。 当初はあまり好きになれなかった密ですが、読了後はあの捻くれた性格がクセになるというか、気になる存在になっており、もっともっとこの二人の話を読みたくなりました。 続きを読む▼
  • (5.0) ざらざらする感じ
    ヤモリさんさん 投稿日:2020/4/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューの中身は読まず、まっさらな状態で読み始めたら… なんとも不穏な雰囲気。密って、佐伯のことだったのか、から始まって、おそらく気持ちが通じ合うであろう相手が義理の兄とか、三角関係とか。。読んでいても頭を振り払いたくなるような感じで「こんなのありか?」無我夢中に、ざーっと頁を捲りました。読後感はあまり良くなくて、内面がざらざらする感じ。木を鋸で切った断面のように、手で触ったらトゲが刺さりそうな感じ。でも触るのを止められない感じで、再読。今度はじっくり。すると今度は密の魅力をたくさん感じることが出来て、歪みまくっていながらも思いの丈は詰まっていることとかが読み取れて、惚れてしまいました(笑) 2度3度と読み直す毎に好きなシーンが増えていきそうです。良時と密が主軸にはなっていますが、十和子目線で描かれていたらどんなお話になっていたのかな、とも思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 2作目。星4,5。英語の勉強になる!
    lvivさん 投稿日:2017/9/11
    (小説、表題作+後日談短編3つ付) 順番はたぶんですが <1is in you → 2off you go → 3ステノグラフィカ → 4アンフォーゲタブル → 5?後日談集:ペーパー・バック> シリーズ作品ですが1冊ごと読み きり完結。 続刊はスピンオフになっていきます。 文章が安定していて好きな作者さんなので、仕事の背景にも矛盾がなく、面白く読めました。 ただ、それぞれの想いの深さ、理由みたいなものがちょっと弱いかな。 なんでそこまで好きになったのか? 妹への想いなども含めそこがわかりにくく心情に共感しにくかったのが、ちょっと残念。 各タイトルが秀逸! それぞれ、なるほど〜と思う言い回しの熟語で、いい勉強になった。 前作の広東語といい、作者さん、外国語に造詣が深いのかな? いいですね、こういうの。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ