マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

無邪気なわんこと猫かぶり【単行本版(電子限定描き下ろし付)】 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.5) 投稿数462件
無邪気なわんこと猫かぶり【単行本版(電子限定描き下ろし付)】(1巻完結)

作品内容

八木尚人は誰かに嫌われることが怖くて、いつだって「理想」を演じてきた。
そんな考え方を「臆病」と笑いとばした男・赤坂徹との出会いは、友人に半ば無理やり連れてこられた“街コン”。あり余る若さに振り回され帰路についた八木は、後日、思いもよらない再会を果たす。
住む場所をなくし困り果てていた赤坂を助けたことから始まった同居生活で、ただのやっかい者だったはずの存在は、いつしか拠り所となっていて――?
◆収録内容◆
「無邪気なわんこと猫かぶり」全5話
単行本収録描き下ろし
電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 無邪気なわんこと猫かぶり【単行本版(電子限定描き下ろし付)】 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    八木尚人は誰かに嫌われることが怖くて、いつだって「理想」を演じてきた。
    そんな考え方を「臆病」と笑いとばした男・赤坂徹との出会いは、友人に半ば無理やり連れてこられた“街コン”。あり余る若さに振り回され帰路についた八木は、後日、思いもよらない再会を果たす。
    住む場所をなくし困り果てていた赤坂を助けたことから始まった同居生活で、ただのやっかい者だったはずの存在は、いつしか拠り所となっていて――?
    ◆収録内容◆
    「無邪気なわんこと猫かぶり」全5話
    単行本収録描き下ろし
    電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)

レビュー

無邪気なわんこと猫かぶり【単行本版(電子限定描き下ろし付)】のレビュー

平均評価:4.5 462件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっぱりいい
    つじるさん 投稿日:2022/8/16
    先に購入してたのは誠治くんの方のお話全巻。ずっとどうしようかな〜と買わずにいたのですが、にやま先生のなら間違い無いとやっとこさ買いましたー。普段こういったタイプの攻めはあまり好きではないですが、八木さんが素直に可愛くなれるのは赤坂くんだから こそだと思うととても馴染み良く読めました。この頃の晋ちゃんはどこで何をしているのでしょう笑 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) あったかい気持ちになります(^^)
    りんさん 投稿日:2021/9/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 八木さんが正直、めっちゃめんどくさい!!と思ってしまいましたが、共感はしました。分かる。分かります。 自分が傷つきたくないから、先回りして場を収めたり、揉める前に嫌なことを先に引き受けたり…そんな自分に嫌になったり、交友関係が極端に狭くなっていくと言う…。八木さんに、もっと肩の力を抜いてと言ってあげたくなりました。 一見無神経にも思える赤坂くんの率直さは、八木さんにとっては救いだったのではないかと。めんどくさいと思いつつ、並んでプリン買って来てくれたり、「こたつ買お」と素直に甘えてくれたり、赤坂くんに癒されます。見ててほっこりしました(^^) 特に、仕事の関係で強制的にすれ違い生活を送った最終日、赤坂くんのために早起きして、朝ごはん作ったにもかかわらず「ついで」と強がってしまう八木さんは、素直にシたいって口に出せなくて。そこを強引に抱きすくめた赤坂くん!思わず「えらい!」って(笑) 男らしくて、きゅんとキました〜(*´艸`) めちゃくちゃ好きな場面でした。 八木さん、赤坂くん、どうぞ お幸せに!! …閑話休題。「ぼくのおまわりさん」を読んだ後の誠治さんだったので、違和感が半端ない(笑) 本当はこちらが先のようですが(^^) この後、誠治さんにも素敵な出会いが〜…なんて、誠治さんが出てくるたびに思ってしまいました(*´艸`) 続きを読む▼
  • (5.0) 表題作のみ!ピッチピチが良かった!
    nekoさん 投稿日:2017/10/10
    「無邪気なわんこと猫かぶり」 街コンで出会った八木と赤坂のお話。再会して住むところをなくした赤坂と同居することになり…。猫をかぶらないと人に好かれないと思っている八木は、人付き合いも恋愛も臆病になっている。そんな八木に対して思ったことを口 にして無遠慮に入り込んでくる赤坂。厄介だと思っていた存在が愛しく変わっていく様がなんとも可愛らしい。39歳の八木と24歳の赤坂の年齢差による描写がまたいい感じ。大人ゆえに恥ずかしくて言えなかったり、そこが可愛いと言い切ったり。ワンコの赤坂も無邪気で可愛いけど、やっぱり素直になった八木が最強! 「おまけマンガ」5ページ 誠治の家で鍋! 「電子限定マンガ」1ページ 初コミックスとのことでしたが、すごく楽しめました!八木の友人誠治がメインのスピンオフ「僕のおまわりさん」も楽しみです! もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった〜!
    わっきゃさん 投稿日:2018/1/10
    ストレートに言葉で表現出来る無邪気な20代赤坂くんと、平和主義を拗らせた猫かぶり40手前の八木さんのお話。猫かぶりを剥がしてハッピーエンドなんて王道展開なのにこれはすごく面白い。初コミックだったなんて。 厚かましい狂犬赤坂くんも意識し 始めると可愛いワンコになり、同時に一人グルグルする八木さんのお色気溢れる苦悩が切なくも楽しい。私も「どっちだろうね〜」のあのシーンは良かった!お互い認め合うまでの展開が丁寧でいい。くっついてからの八木さんのエロさに嬉しい戸惑いを見せるのは赤坂くんだけじゃないはず。八木さんがこれから赤坂くんと二人で生きやすくなるのは嬉しい。 映画タイトルやショップ名のもじりのセンスも好き。赤坂くんのキーホルダーがヤギなところもやられた(笑)キーマンの誠治さんのスピンオフ作品「僕のおまわりさん」あります。 もっとみる▼
  • (5.0) 隠し切れない大人の色気とはこの事か
    syachikuBさん 投稿日:2020/5/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 「僕のおまわりさん」シリーズを読んでからこっちが最初だと知って即買い。同級生のおっさん誠治を先に知ってしまったので、八木さん(誠治は呼び捨て出来るのに八木さんはムリw)の色気たるや!こりゃ赤坂くんも無理です!回避不可能!こんなん好きになっちゃうでしょ!性格も年齢も全く違う2人だからこそ惹かれ合う2人。もう寂しくないよ八木さん良かったよ!.....そして誠治ですよね。先に僕の〜を読んでいたからなのか!?あとがきに「元々誠治の話し考えていた」と作者様が書いている通り、非常にそのキャラクターが目につきますw先にこっちを読んでいたらスピンオフで誠治が主人公!?ハァ!?となっていたんだろうか...。もう誠治と晋にハマってしまった私には、これを読んだ直後また僕のおまわりさんで2人に会いに行く程、このシリーズ最高!大好きです! 続きを読む▼
  • (5.0) 可愛いカップル
    るんさん 投稿日:2021/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 作家さん買いです。平穏な人間関係のため理想的な人物を演じ、恋愛においても素を出さない八木尚人。平和主義拗らせた面倒くさがりの八方美人て感じかwでもそこら辺にいるよね、不気味に張り付いた笑顔で本音が見えない人wwそんな八木が初対面の男、赤坂徹に臆病者と一蹴されたが、どうせもう会わないと気に留めずにいたら取引先でばったり。無邪気な赤坂くん、ぐいぐい迫り八木の素を引き出していって…な物語。臆病者と指摘するのが長い付き合いの誠治と初対面の赤坂というのが、先を暗示してるようで面白い。「僕のおまわりさん」は本作のスピンオフだそうだが、「僕の…」の前日譚として読める。八木赤坂を見て、誠治が男もありか?となって晋を恋人として受け入れる。「僕の…2」では4人で旅行も行っちゃってるしw本作読んだらぜひ「僕の…」もオススメします。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 癒される同居生活
    ワンコな青年・赤坂×猫かぶりのアラフォーリーマン・八木の〝街コン〟BL。街コンで赤坂と出会った八木は、ひょんなことから赤坂を自宅に住まわせることに。にやま先生の可愛いタッチで描かれるほのぼの同居生活に癒されます!「本当の自分とは」というテーマも考えさせられる…。
    編集:鋼女

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ