漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

僕らの食卓

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数615件
僕らの食卓(1巻完結)

作品内容

会社員の豊は、誰かと食事をするのが苦手。しかし、昼食をとろうとしていた公園で出会った兄弟・穣と種になぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。以来、彼らと一緒に食事をすることが増えた豊。いつしか、みんなでご飯を食べるのが楽しみに思えて――。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

僕らの食卓のレビュー

平均評価:4.8 615件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ほっこり
    ぽんさん 投稿日:2021/2/21
    最初読んだ時は、なんだよ、家族物かよ、子ども絡ませる作品は子ども可愛さが強いだけだろ、てな具合でひねくれて読んでたんですが、時間をおいてまた読み直したら、すんなり受け入れられて、ホンワカしました。きっと、絵柄がコテコテの目が大きい系じゃない から良かったのかも。家族ていう物がテーマで、好きな人と食べるご飯美味しいね、という作品です。爆弾おにぎり、今度作ろうと思いました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 種がかわいい。
    右岸左岸さん 投稿日:2021/2/11
    スローなペースで進むお話で、三田織先生らしくて 透明感のある絵でほっこりします。 4歳の種が本当にかわいくてご飯を食べさせてあげたい。 巻末で先生が言っているように3人の食卓を眺めているような漫画です。
  • (5.0) ごはんは美味しくね
    Dobbyさん 投稿日:2021/1/27
    8歳の時に裕福な親戚の養子となった豊。でも、その家の子供に受け入れてもらえず、一緒に食事をすると不味いと言われ、人と一緒に食べるのが怖くなってしまった豊。そんな彼の前に現れたのが穰と種の年の離れた兄弟。爆弾おにぎりから始まり、毎週週末一緒に ごはんを作って食べる。3人で作って食べるごはんは何でも美味しい。心が取り戻されていく。 弟の種はマジ天使!可愛くて可愛くてたまらない。 思い出したことがある。 友人の子供(当時中学生)が学校でいじめられた。 ランチも一人で食べていたらしい。 友人は働いているから、彼の夕飯も一人になることもあった。彼はランチを残すようになっていて、それを注意したら、「一人で食べるごはんは美味しくない」と言ったそうだ。(今は、母親である友人の学校介入もあり、クラス替えもあって、友だちもできて元気に行ってます。) ごはんはさ、美味しく楽しくね。 ごはんの美味しさは、心のメジャーでもあるんだよね。 まあねえ、ひとりごはんに慣れて、食べ過ぎてダイエットが必要な人がここにいますけどね〜。苦笑 もっとみる▼
  • (5.0) ひとりじゃない
    vamさん 投稿日:2021/1/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 深くて、優しくて温かい。三田先生の作品のイメージが、自分の中で根付きそうです。とても癒されるし、考えさせられる事もあります。 どんなにいい食事であっても、どんなにいい暮らしであっても、家族であって家族でない中での孤独ほど、辛く寂しいものはない。豊の哀しみがひしひしと伝わる。そんな豊と出会った兄弟が、豊を孤独から引き離してくれます。誰かと一緒に食べるごはんが、こんなに美味しいなんて…ささやかな事が大きな幸せを噛み締める。もう涙。 無邪気に懐く種くんが可愛くて可愛くて。おとうと兄ちゃんの三人暮らし。甘えたい年の頃に母が逝き、新しいお客さん豊は種くんにとって、大きな大きなおともだち。嬉しいよね。甘えたいよね。もぉ、ほんとに天使です。優しくていい子なんです。穣も弟を育てる責任につぶれそうで辛かったから、豊との出会いで、安らぐ時間が出来てほんとに良かった。BL色が薄いかな、と思いましたが、後半一転して恋が動き出し、キュンとしたり切なくなったり、盛り上がりは最高潮。義理の家族に好かれなくったって、たった一人の人に愛されたら、もう一人じゃないよね、豊くん。見えない先の事を不安がるよりも、今を大切に生きて欲しい。穣なら大丈夫。家族を慈しむように、大事にしてくれるよ、きっと。最後のおとうの言葉が、しみじみと心にささりました。おとうも哀しみと戦って来たんですよね。 はぁ、みんな幸せになって欲しい。 それから数年後、種くんが中学生。みんなのその後が垣間見れて、幸せ気分になれました。良かったぁ。 続きを読む▼
  • (5.0) 心がホッコリするお話
    ハナさん 投稿日:2020/12/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 豊が両親を幼い頃亡くし、不遇の子供時代を過ごして、最初ハッキリ言って冴えない感じのぼっちサラリーマン風だったのが、穣と種に出逢って、やっとご飯が美味しく感じて、逢える週末が楽しみになって、自分を肯定出来るようになって明るく変わっていく日常に心が暖まりました。あと種くんが異常にカワイイです。緩い感じのお父さんも愛について良いこと言ってた! 続きを読む▼
  • (5.0) 温かい気持ちになります
    ひろりんさん 投稿日:2020/12/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 ほっこりするお話でした。お母さんを亡くした穣と幼い頃に両親を亡くして親戚に引き取られたけど親戚の子供たちとうまくいかず心に傷を負っている豊との恋愛と穣の弟の種くんとお父さんをいれた家族愛の物語でした。大事な人達ができるって素晴らしいことだなと改めて思わせてくれた素敵なお話です。BLにありがちなエロい描写はないけど、温かい気持ちになるお話でおススメです。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 土鍋ごはんでおにぎり
    気を許した人との食事の楽しさをあらためて思いました。優しいストーリーが魅力の三田織先生の大人気作です。穣も豊も悲しい記憶を持つのですが、ただ泣かせるためだけの話ではないところが素敵。種くんの可愛さや家族の温かさに包まれながらも、序盤から密かに恋愛に発展する要素が隠れていてドキッとします。
    広報:あずき
▲ページTOPへ