電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

時の扉を越えて(2) とっておきの微笑を 1巻

500pt/550円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

失踪した従妹を探す手がかりのぺンダントに導かれ、100年前にタイムスリップしてしまったルーは、不便で閉鎖的な世界に戸惑うが、たくましく、魅力的な保安官のファーリーに助けられ、次第にひかれていく……

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

時の扉を越えて Ⅱ とっておきの微笑みをのレビュー

平均評価:4.7 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 前のストーリーが気に入ったので
    sarusarunorinoriさん 投稿日:2020/6/16
    読み放題で、その1を読んで面白かったので、従姉妹編を購入。思ったほどでもありませんでしたが、それなりに楽しめました。

高評価レビュー

  • (5.0) 大人になってからのペンダントとは別物?
    romance2さん 投稿日:2018/6/3
    タイムトラベルものは考えると面倒くさいことがたくさん出てくるので脇に置くと、カッコいい保安官である彼の正義感や、彼のヒロインへの愛情表現が良い。この類の話ではやってはいけないとされている、過去の書き換えが、ヒロインの愛と友情に基づくのも、内 容に屈折点を面白く与えている。1・2巻共にストーリーは先が読めず興味を最後まで繋ぐ。ハーレクインに珍しい展開が気に入っている。 特にこの、ルーというヒロインのストーリーの前半のキャラが好き。 彼との盛り上がりも、ストーリー進行の盛り上がりとシンクロして良い。 彼の愛情描写も良かったが、二人のそれぞれの自分の本来の時代へのこだわりも、判りやすい。 終わりかたが良い。何でもかんでも、結婚式や、その後二人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ、的な締めくくりは、たまには良くても毎度毎度だと飽きる。 その辺、この作品、堂々と目新しい内容に向かっていっていたので、そこも良かった。 お墓についての第一部の時の引っ掛かりは解消した。 だが、一巻目では短期間の失踪でも心配していたエリザベス(リジー)の身内、二巻目では「傷心旅行」レベルで思考ストップさせて片付けていて、一貫性がない。こちらのヒロインのルーが物語冒頭に見せていたように落ち着かない。リジーのターンではないから深追いの義務はないだろうが、これは合わせ鏡のような問題。保安官ファーリーさんは仕事を、一巻目のリジーは手紙を書き残すけじめはつけたものの、彼だって身内に黙って行動を起こす。 このテの話は、こうした状況を信じてくれる(物語世界の)周囲の人が限定されるため仕方がないとはいえ、ルーだけがリジーを心配する親友、ということと、ルーの行動の理由のためだけに、リジーの身内が心配してないということにしてる点が、一巻目の設定を覆して、ご都合主義に見えてしまうのだ。 話の先を予想しにくいストーリー展開には楽しませてもらった。 ペンダントについて、私には最後の種明かしが理解力無くて、放置されたような気分もある。 保安官氏がもう少し私好みのハンサムだったら言うことなしだ。メインキャラのオーラは殆ど無かった。 ただ、116頁のファーリーさんだけは大いに気に入っている。 もっとみる▼
  • (5.0) 自分は一つの環の一部
    suuyanさん 投稿日:2020/1/18
    前作「あの小川のほとりで」を越えてこの物語は収束していると感じた。タイムトラベルというファンタジーにおいて いくつも挙げられる理不尽に、ある程度の答えを持った筋書きを堪能できた。ヒロインルーはジャーナリストで牧場主という設定に リビーとは違 い自らの所在を明らかにしている必要のなさが、彼女の行動の自由さに好都合。100年前を選んだリビーとは対照的に現代を選んだ彼女の行動のほうが、私にはピンとくる。おまけに、ヒーローファーリーには、牧場を持つという夢まで設定に加えてその先読みを容易にしている。だが、彼にも自分の住んでいた「時代」に拘りがあった。この部分も、ルーとの共通項を見て取ることが出来、つくづくお似合いと思う。しかし、結婚式直後に彼は100年後に戻ってしまった。町で銀行強盗が起こると知ってしまったから。残念な事にこの強盗によってファーリーは命を落とすが、それを助けるために策を講じ100年前に戻り事なきを得たルーだが、この時、100年前の時代にペンダントは2つ存在することになる。これをどう処理するのかと、3作目に向けての布石か!と思わせて 何もなかった・・・。エンディングでは、ペンダントを時の間(はざま)に投機したような描き方だが、ファーリーのポケットにはもう一つあるよね。 もっとみる▼
  • (5.0) 前作に引き続きハラハラしました
    シルクマムさん 投稿日:2020/5/21
    『あの小川のほとりで』のエリザベスの従妹のルーの話。シリーズから読んだほうが確実に内容が理解できます。不思議なペンダントは、エリザベスからルーに引き継がれる。ルーは家族同然のエリザベスが意味不明な手紙を残して行方不明になっているのが気がか りで・・よくあるタイムトラベルの話です。でもエリザベスもルーも愛する人のために自分の窮地をかえりみず助けに行くという真似出来ない行動力。今回もハラハラしました。過去と現在が交差しすぎて時系列が分からなくなって、あれ?となりましたがハーレクインだからと安心して読めました。最後はハッピーエンドだけど人間いなかった者がいるようにするには大変だよな。と現実的な私がいました。 もっとみる▼
  • (5.0) 続きが知りたい!
    rainさん 投稿日:2018/9/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイムスリップ物、大好きです。このお話もわくわくする面白さでした。 欲を言えば二巻に分けて欲しかった。通常よりは20ページくらい多かったし、お話も面白かったので、それなりに読み応えもあったけど、ヒーローとヒロインが引かれ合うようになったところや、従姉妹と先生の事、未来へ帰って来てから過去がどうなったのかとか、物語にのめり込めばのめり込むほど知りたいです。 今から描くわけにも行かないだろうし、あー残念。 続きを読む▼
  • (5.0) 時間を越えた恋物語
    ままにゃんこさん 投稿日:2009/12/10
    ハーレクインはよく読みますが、これは… 1世紀を行き来するお話で新鮮でした 1と2をで一気読みしました リジーは過去へ、ルーは過去から未来へそれぞれの愛する人と幸せになれて良かったぁ 途中、いろいろ大変な出来事が起きて 、ハラハラ 過去と未来を変えながらもうまく乗り越え、ペンダントの不思議な力で最後はハッピーエンド 最後まで展開がわからず、いい感じの結末でした もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ