マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPハーレクインコミックスハーレクインコミックスハーレクインハーレクイン白紙にしたはずの愛白紙にしたはずの愛
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

ジュエリーデザイナーのセージは、芸術家タイスとの再会に動揺を隠せなかった。3年前、体だけの関係を断ち切りたくて別れたはずなのに、彼に求められるとどうしてもあらがえなくて…。彼と体を重ねてから3か月後、セージはタイスに彼の子を宿していると告白した。秘密にするのはフェアではないと思っただけで、彼に何かを求めるつもりはなかった。その後、タイスからの連絡を無視しつづけた彼女の前に突然現れた彼は、セージとその兄たちに衝撃の事実を明かして…!?

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 白紙にしたはずの愛

    500pt/550円(税込)

    ジュエリーデザイナーのセージは、芸術家タイスとの再会に動揺を隠せなかった。3年前、体だけの関係を断ち切りたくて別れたはずなのに、彼に求められるとどうしてもあらがえなくて…。彼と体を重ねてから3か月後、セージはタイスに彼の子を宿していると告白した。秘密にするのはフェアではないと思っただけで、彼に何かを求めるつもりはなかった。その後、タイスからの連絡を無視しつづけた彼女の前に突然現れた彼は、セージとその兄たちに衝撃の事実を明かして…!?

レビュー

白紙にしたはずの愛のレビュー

平均評価:3.2 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) えーモヤモヤ…
    あかねさん 投稿日:2023/9/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 妹のために近づいたって事実だけで引く…いやだそんな男。今度は何のために誰に近づくんだろう?って疑心暗鬼になる。無理無理! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (4.0) 一見
    あいしーさん 投稿日:2020/7/12
    恵まれていて、何もかもを持っていそうに見えても、本当のところは本人にしかわからないんだなぁとしみじみ思いました。ヒーローもヒロインも最後はそれぞれの家族のお陰で大切なものに気づけたし、お互い一歩を踏み出せて良かったなと思いました。ただ、シリ ーズ物感は正直なかったです。ナニーの方も読み返してみたけど、確かに繋がりはあるものの作家さんも違うしあえてわかって読みに行かないとわからなかったです。 もっとみる▼
  • (4.0) ヒロインは何をしている人?
    まんそんさん 投稿日:2022/3/22
    彼がヒロインに近づいたのは妹のためだったけれど二人の仲は体の関係が申し分なさすぎて。現代美術の彫刻家としてスゴい値段がつくのだけれど、そして絵にも才能有りと。どちらにも兄達や妹がいるし、もっとストーリーが広がりそう。
  • (3.0) シリーズ物
    ひとみさん 投稿日:2020/7/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 『家なきナニーの子守唄』に出て来たヒーロー妹のお話。 シリーズ物大好きですが、作家さんが違うためか人物の印象がかなり違って若干戸惑った。芸術家の苦労した過去には結果的に自分のカ○ダも作品の一部の様にお金に換えてた人って他の作品でもあったなぁ…そういうのは好きになれないけど、生活していくためには仕方なかったのかな??物語はまぁ面白かった。 続きを読む▼
  • (3.0) 好きになれなかった
    くーぽんさん 投稿日:2020/7/17
    漫画家さん買いでしたが、これはヒーローもヒロインも愛することに引いていて作品世界に惹かれなかった。漫画家さんはもっと芯の強い女性を描いた方が合うと思います。
  • (3.0) 3年は長いぞ
    ラボラントさん 投稿日:2021/10/8
    妹命の兄さん達。芸術家がうまく家族を作れるか心配。妹の世話もしてたから大丈夫か。兄さん達もかっこいいなあ。

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

人それぞれの価値
制作:焙煎男(シーモアスタッフ)
「人に心を開いて近づくより先に、失うことを恐れてしまう」セージの気持ちが痛いほどわかる。そして「君はバカなのか?」セージの兄たちもよく言ってくれた。ジョス・ウッド先生,高井みお先生のこのお話の登場人物は異国のストーリーでありながら、心を打つシーンがたくさんあります。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ