電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

リバイバルブルー ①【特典付き】

itz
通常価格:
650pt/715円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数213件
リバイバルブルー 【特典付き】(2巻完結)

作品内容

“ひと夏の恋”にもなれない
「雪解けの恋」「ぼくらが恋を失う理由」で大人気のitzが描く、ゲイの美少年×ワケあり宿泊客のノスタルジックな年の差BL

★特典ペーパー付き!!★

〈あらすじ〉
オレの成人式の日にここでまた会おう――

ある日、湊(みなと)の母がまるで趣味のように経営している民宿に「ロングバケーション」にやってきたのは、
沖坂直樹(おきさかなおき)という、なんだかワケあり風な男。
東京に住み、海外留学の経験もあるという15歳年上の直樹に憧れる湊。
気さくで愛嬌があり、頼りになる兄のような存在の直樹にどんどん惹かれていくけれど…

CONTENTS
「リバイバルブルー」1話~6話
「1996」【描き下ろし】
「2010」【描き下ろし】

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • リバイバルブルー ①【特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    “ひと夏の恋”にもなれない
    「雪解けの恋」「ぼくらが恋を失う理由」で大人気のitzが描く、ゲイの美少年×ワケあり宿泊客のノスタルジックな年の差BL

    ★特典ペーパー付き!!★

    〈あらすじ〉
    オレの成人式の日にここでまた会おう――

    ある日、湊(みなと)の母がまるで趣味のように経営している民宿に「ロングバケーション」にやってきたのは、
    沖坂直樹(おきさかなおき)という、なんだかワケあり風な男。
    東京に住み、海外留学の経験もあるという15歳年上の直樹に憧れる湊。
    気さくで愛嬌があり、頼りになる兄のような存在の直樹にどんどん惹かれていくけれど…

    CONTENTS
    「リバイバルブルー」1話~6話
    「1996」【描き下ろし】
    「2010」【描き下ろし】
  • リバイバルブルー ②【コミックシーモア限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    670pt/737円(税込)
    10年分の恋心を受け止めて
    23歳の美青年×38歳のワケあり男の年の差BL、待望の完結巻!

    ★特典ペーパー付き!!★

    〈あらすじ〉
    もう逃げないで、ちゃんと恋をはじめよう

    約10年ぶりに再会した直樹・湊・章良。
    直樹への恋心を再熱させた湊は、その気持ちを隠すことなく直樹に接していく。
    あの頃のような可愛らしいアプローチで留めてなんてくれない湊に、どんどんと絆されていく直樹。
    そんな二人の様子に危機感を感じた章良は、ついに行動をおこして…
    あの時、“ひと夏の恋”にもなれなかった想いがついに叶う。

    CONTENTS
    「リバイバルブルー」7話~12話
    「2019」【描き下ろし】

    【コミックシーモア限定描き下ろし特典ペーパー付!】

レビュー

リバイバルブルー 【特典付き】のレビュー

平均評価:4.6 213件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) ちょっと
    TMMさん 投稿日:2021/9/22
    まだ1巻しか読んでいないけど、お父さんのエスパー的な感の良さが凄い。ゲイである湊を受け入れているお母さんの行動にイラつく。いつもニコニコの章良の顔にビビった。

高評価レビュー

  • (5.0) 「ぼくらが恋を失う理由」
    ジローさん 投稿日:2019/7/4
    が面白かったので、こちらも買いました。 無料立ち読みで、湊が女の子っぽい容姿してたから私の苦手なナヨってるやつかも〜と思って、まずは一巻だけ。 これが読んでみると、湊の性格も行動も凄く男でして、そのギャップに「うわっやられたな〜」って感 じでした。中身が男前で顔が美青年なんて最高。好きな人にはグイグイで、リードする位の態度に??でしたが何故なのか最後の方に分かりました。 お話は、湊(14歳)・直樹(29歳)で出会って始まります。まさかこの子供と29歳が?と思ってたら、長年に跨ぐお話しでした。2巻から湊(23歳)で、そこから恋にも動きが出てきます。 ちなみに湊の見た目も歳と共に背が伸び、ナヨってない美青年って感じになっていきます。 ストーリーに加え、湊以外もキャラ設定がしっかりしていて、取って付けた様な台詞も無くて自然で凄く良かった。 湊と直樹の掛け合いも可愛くて面白かったです。 湊が直樹を一途に想い続けるのはとても素敵な事ですけど、あそこまで想い続ける為のエピソードがもう少し有ったら、もっと入り込めたかも。唯一そこが私的惜しい点でした。 Hは最後にちょこっとあるけど、無いに等しいです。だがそれがいい、と言える作品。内容で勝負。 最後、湊の愛の深さにウルっときました。 1巻読み終え、2巻目もすぐ購入しました。続きも是非出して欲しい作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 全2巻読了 出会いは中学生 年の差再会もの
    nekoさん 投稿日:2019/6/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 「1」1〜6話+描き下ろし2作+特典ペーパー、「2」7〜12話+描き下ろし+特典ペーパー+シーモア限定特典収録。年の差・再会もの。 ★ 小さな港町を舞台に、民宿の中学生・湊(→社会人)と宿泊客・直樹のお話。両親以外初めて直樹に秘密を打ち明けたことをきっかけに、どんどん懐き惹かれていく湊。キラキラ眩しい湊を見つめながら、過去の忘れられない想いを抱えたままの直樹は…。itz先生の前作シリーズが大好きなので、今作も楽しみにしていました!15歳も年上、しかも再会もの…とせつない感じの設定ですが、まっすぐ直樹を想い続ける湊がピュアで美しく逞しい!無邪気で可愛らしい中学生時代から社会人になり、心もカラダも成長し、直樹と向き合う姿にドキッとしちゃいます。全体的に湊と直樹のやり取りがテンポ良くコミカル。湊の眩しい笑顔が特に印象的でした。描写は見えない感じで、エロはあっさり。 ★ 「リバイバルブルー 1」1〜6話 「1996」描き下ろし4ページ 直樹。 「2010」描き下ろし4ページ 湊。 「あとがき」1ページ 「真夏のホラー鑑賞会」特典ペーパー1ページ ★ 「リバイバルブルー 2」7〜12話 「2019」描き下ろし6ページ 会社にて 「あとがき」1ページ 「特典ペーパー」1ページ 花火大会 「イラスト」シーモア特典ペーパー1ページ 続きを読む▼
  • (5.0) ひと夏の恋にもなれなかった想いの行方
    aaさん 投稿日:2021/1/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者様買いです。湊が中3の夏、実家の民宿にやってきた15歳も年上の直樹。湊は恋愛対象が男であることを両親に告げて受け入れてもらっていますが理解はまだ足りず、ありのままの湊を見てくれる直樹に惹かれます。そして宿泊期間は終わり、想いを告げても受け入れられるはずもなく、ある約束をして2人は別れますが、その約束は果たされないまま次に再開するのはなんと約10年後。子供のままおまえの記憶にはいてやらないと言った湊の2巻での大人になったアピールが可愛すぎます。1巻はもどかしい初恋のせつない雰囲気ですが、2巻はもう大人になった湊が攻めにでる雰囲気で、湊の性格が真っ直ぐで憎めなくて、全力で絆されていくのが楽しいです。もう一人湊の同級生の章良が大事な所で関わってきますが、こちらも責めることもなく湊の実直さで上手く納めます。攻め受けの攻防も、下から見上げる優しい顔も、流した大粒の涙も、10年の時間を考えると、ああ、長かったね、本当に良かったね、と温かい気持ちになりました。こちらも好きでしたが作者様の「雪解けの恋」とスピンオフ「ぼくらが恋を失う理由」がとても好きでおススメです。「ぼくら〜」はスピンオフですが単体でも問題ないですし、好きな作品上位に入ります。セール等の機会があったら是非のぞいてみてください。 続きを読む▼
  • (5.0) 君といる夏の愛しさ
    ピカニキさん 投稿日:2021/6/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 中3の湊の家は海辺の町で民宿をしており、夏休みに客としてやって来たのが直樹でした。29歳の直樹は昔この辺りに住んでいたといい、飄々とした自然体で、ゲイである湊のこともごく普通に受け入れます。二人は海で、温泉で、花火大会で楽しい時間を共に過ごし、湊は直樹のことが好きになります。が、直樹は湊と同じ年頃の時、この町で大切な友人を事故で失っていたのでした。果たせなかったたくさんの約束と後悔を抱えたままの直樹は、友人を思い出させる湊を愛することはできないと告げるのでした。湊は、自分は死なない、必ず大人になるから成人式の日に会いに来て欲しいと言い渡し、直樹は東京に帰ります。6年後の約束の日、冬の海辺で待つ湊の元に直樹は現れませんでした。さらに3年後、就職した湊と、中学からの友人・章良の前に突然直樹が現れます。ひと夏の、たった数日間の想いを貫く二人は、相手を信じ、自分を信じ、さらに章良の想いをも否定せずに受け止めます。9年前の出逢いが二人を大きく成長させたのかと思います。直樹が友人を失った夏、直樹と湊が出逢った夏、大人になった湊が直樹と過ごすだろうこれからの夏、繰り返される夏の青さと眩しさが心に染みる良作です。 続きを読む▼
  • (5.0) はあ...ヨカッタ〜
    salmonさん 投稿日:2021/5/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 2009年7月、小さな港町で夏季限定の民宿をしている湊の家。東京からの宿泊客の直樹(29才)に湊は興味持ち、直樹を知る度に惹かれていきます。直樹は中学3年生の湊の気持ちには応えられず、湊は成人式の日に会いに来るようにと言って2人は別れます。2010年、2015年1月、2018年春、2019年夏、直樹のつらい過去に遡って1995年春、1996年、時を前後しながらその時々の彼らが丁寧に描かれています。再会するまでの時の移ろいの中でどれだけ2人はふとしたときに互いに思いを馳せたのか。ずっと彼らを繋いでいたミサンガ。まるで1本の映画を観ているような、とても美しいお話でした。直樹の包み込むような優しさや飄々としたところが好きでした。湊の美少年からワンコへの成長もよかったです。 1巻2018年3月 総165ページ 2巻2019年6月 総198ページ 修正=見えない構図(2巻のみ。1巻ではほぼほぼエロなし、微量な白抜き)。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ