マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
呪術廻戦 11

呪術廻戦 11

418pt/459円(税込)

83pt還元 (最大1,000pt)
12/22まで ポイント獲得12/26

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

渋谷駅地下ホームに満ちた一般人と改造人間達――。逃げ場のない惨烈な状況下で、五条はなお呪霊側を圧倒する。だが、敵の手には五条封印の決定打が…!! 地下ホームへ急ぐ虎杖の元に、意外な味方が現れるが!?

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  21巻まで配信中!

  • 呪術廻戦 11

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    渋谷駅地下ホームに満ちた一般人と改造人間達――。逃げ場のない惨烈な状況下で、五条はなお呪霊側を圧倒する。だが、敵の手には五条封印の決定打が…!! 地下ホームへ急ぐ虎杖の元に、意外な味方が現れるが!?
  • 呪術廻戦 12

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    禪院甚爾の降霊が不測の事態に陥り、混迷を深めていく渋谷事変!! 地下ホームの夏油へと迫る冥冥、補助監督の甚大な被害に憤怒する七海――1級術師達が攻勢に出るなか、虎杖は九相図長男・脹相と会敵し…!?
  • 呪術廻戦 13

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    恐るべき呪霊へと変貌を遂げた陀艮…! その際限なき呪力の奔流が、直毘人・真希・七海へと襲い掛かる!! 一方、夏油を慕う呪詛師の一派は夏油の肉体を取り戻す為、最も忌むべき者を呼び起こそうとするが――!?
  • 呪術廻戦 14

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    一時の自由を得た宿儺の暴虐な振る舞いで渋谷の街に甚大な被害がもたらされる中、呪詛師の不意打ちで致命傷を負った伏黒は、最後の手段に打って出る。伏黒が“調伏の儀”を始めた事に気付いた宿儺は――…!?
  • 呪術廻戦 15

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    宿儺による大量殺人、七海建人の死…そして真人の手にかかり釘崎までも――!! 自らの罪の重さに虎杖の心が限界を超えたその時、親友の危機にあの男が駆け付ける。虎杖と真人、呪い合う両者の終着点とは…!?
  • 呪術廻戦 16

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    真人を手中に収め、自らの計画の一端を語り出す夏油。渋谷事変の最終局面に呪術師達が集うなかで、脹相は夏油の亡骸に寄生する“黒幕”の正体に気付くが!? 事変の終焉が招く破滅と混沌、世界は急変する――…!!
  • 呪術廻戦 17

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    処刑人の乙骨に敗れ、死に瀕した虎杖が思い出した在りし日の家族の光景――そこには加茂憲倫のかつての姿があった。呪術師達が殺し合う「死滅回游」平定に向け事態が動き出す中、真希は禪院家へと赴くが…!?
  • 呪術廻戦 18

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    停学中の高専3年生・秤金次に「死滅回游」平定の協力を仰ぐ為、虎杖は秤が胴元の賭け試合に出場し直接交渉を試みる。伏黒も潜入し拠点へと向かうが、秤と行動を共にするもう一人の3年生の術式に阻害され!?
  • 呪術廻戦 19

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    死滅回游に穴となる〈総則(ルール)〉を追加する為、100点(ポイント)を持つ泳者(プレイヤー)・日車寛見に狙いを定めた虎杖と伏黒。だが東京第1結界(コロニー)突入の際、二人は散り散りとなってしまう。それぞれ協力者を得て日車の元へ向かうが――!?
  • 呪術廻戦 20

    418pt/459円(税込)

    83pt還元 (最大1,000pt)
    12/22まで ポイント獲得12/26

    互いの術式で圧死寸前となった伏黒とレジィ。拮抗を打破すべくレジィが動き、死闘は終結へと向かう――!! 一方、仙台結界(コロニー)では実力者の四つ巴を乙骨が崩し、過去の術師と特級呪霊を交えた苛烈極まる戦いに!?

レビュー

呪術廻戦のレビュー

平均評価:4.7 1,442件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) さすが!
    Mipocoさん 投稿日:2022/12/8
    学生の時に読んでいたので、もう一度読み始めたのですが、さすが名作!読み始めると続きがきになって、止まらなくなります

高評価レビュー

  • (5.0) 良いですねえ
    まままるごんさん 投稿日:2021/11/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 よき。とてもいいとおもう。ぜひ周りの人におすすめしたい。そう思えるダークファンタジーに出会ったのは久しぶりだ。呪術廻戦は、まず面白い。純粋にストーリーが読みごたえあるし、ときどきギャグとか入ってて笑えるけど、本編はダークな感じでどんどん引き込まれていってハマってしまう。絶対。そりゃもうダークで時々難しい話とかもでてくるし頭が整理しきれへんような事とかもあるけど、それでも目が離せん。ほんまに現実にあるんじゃないかって思ってしまう…呪いって負の感情からできるものやから、より現実味があってそこも引き込まれる。あとキャラがみんな個性的。主人公がめっちゃ明るくて素直なところとか、クラスメイトの2人が可愛くてカッコいくて、性格とか考え方とかもみんなかっこよくてなるほどなって思う。説得力あるっていうか。先輩とかもめちゃくちゃいいひとばっかりで、先輩後輩で話しとるとことかも仲良しで見とってほんわかする。でも戦闘になったらめっちゃかっこよくて。でもやっぱり敵も弱いわけではないから五分五分とか敵の方が強いとかがほとんどやし、そういうときはめちゃくちゃハラハラする。バトル漫画やから、そりゃ誰かが死ぬとかもあるんやろうけど、もう誰も死んでほしくない…京都校の人もライバルやけど力合わせるときは合わせてやってて、すごい良いチーム(?)やな〜っておもった。その人その人の生い立ちとか過去の話とかも重くて、みんなそれぞれのいろんな事を背負ってて、それでも頑張ってるのほんとにすごいなって感心する。アニメ化もしたけど、声優さん豪華。画がめちゃくちゃ綺麗。バトルシーンとか回想とかわかりやすい。もう完璧。偉そうに言えんけど、ここまですごいのができるってことは関わってる人皆の努力とか気持ちとか合わさってできたんやと思う。じゃないとここまで有名になってへんと思うし、人気も今ほどじゃなかったと思う。もう呪術廻戦っていうのはほんとにすごい、すごいの一言では言いあらわせんぐらいとにかくすごい。どんだけ語るよりも、実物を見たり読んだりした方が絶対わかる。もうこれは読まんと損。今のうちに読んどかんと追い付かんし後悔する!みんな絶対ハマる!それだけの面白さ、すごさがある!それが呪術廻戦や!!! 続きを読む▼
  • (5.0) 何もかもが懐かしくて斬新
    jullenneさん 投稿日:2021/4/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 少年ジャンプで連載してるのに、少年ジャンプらしからぬ展開でハラハラドキドキメソメソ(号泣)させてくれる作品です。ストーリーは少年ジャンプです! 主人公も敵キャラもそれぞれ魅力的ですが、特に主人公周りが大好きです。主人公虎杖くんと、友達になる伏黒くん、異性だから友達…というよりは同級生から大事な仲間になる野薔薇ちゃん、そして飄々としてて性格はひん曲がってる(?)けどちゃんと先生してる五条先生。それらを脅かす最凶呪霊の両面宿儺のスパイスがたまんないです。 現在の最新刊あたりは本当つらい展開で毎巻泣いていますが、最後は…平和になってほしい…!!なってほしいけどそこを裏切ってきそうな作者さんなので(エンタメだそうです)誰かしら欠けてるんだろうな…と覚悟しながらも続きを切望させる作者に完敗です。 そして、作者がエンタメに造詣が深いことに感激しました。少年ジャンプ漫画大好きなことと、お笑い、はたまた音楽や映画まで、そこかしこにオマージュが散りばめてあって、めっちゃ好きなんだな〜って思わせてくれまたので、テレビや映画好きとしては、映画推奨がめちゃくちゃ嬉しかった!こういう作品を読んでみんなもっと映画を見てくれるようになればいいなと思いました。 好きなものしか見ないのはもったいない。視野を拡げていけばその先にまた好きが見つかるよ!って思わせてくれる漫画と漫画家さんに久しぶりに出会えた。先生まだお若いのに素敵だわ〜と思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 腐らずに歩むことの難しさ
    こなひつじさん 投稿日:2022/3/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 0巻の乙骨とは打って変わって根アカ主人公の悠仁はまた違う方向性で好ましいキャラクターだなと思います。(背負うものが重すぎてかなり心配ですが、、) 五条先生と夏油の物語はあまりにエモく、夏油が離反する前の「二人で最強だったのに、そうではなくなっていく過程」の寂しさや焦り、離反後にふと現れたときのお互いの緊張感など感情が絵から流れ込んでくるように生々しく伝わりました。 強い力を持っているものが、それをどう使うかというところで、学生時代に「五条一人いれば十分じゃないか」と周りに思われていましたが、そんな五条先生が「教育を選んだ」と、独りよがりにならず仲間作りをして、呪術師のレベルアップに寄与しているというところに感銘を受けました。 どんな道でも技を使えることと教えることは別だし、まどろっこしいから自分でやった方が早いとなってしまいそうなものですが、乙骨や虎杖などの生徒を身を挺してかばい、夏油のような生徒をこれ以上出さないようにとしているのではないかと思いました。辛いことがあって、その先を腐らずに歩むことがいかに難しいか、その感覚を掴めば掴むほど悠仁や五条先生の生き方は眩しく感じます。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

正しい死に方
制作:コーヒーマニア (シーモアスタッフ)
高い身体能力を持ちながらもオカルト研究部に所属する虎杖。ある日手に入れた謎の箱だが、それを開いたことで虎杖の日常は大きく変わり始めるのだった…!謎の呪術集団に、それを育てる専門学校!?さらには魅力的なキャラクター!わくわくする要素しかありません!新しいダークファンタジーに要注目です!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ