電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

25時、赤坂で

通常価格:
650pt/715円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数1,355件
25時、赤坂で(3巻配信中)

作品内容

超人気俳優×新人俳優、同性愛ドラマ撮影中の恋。
新人俳優の白崎由岐(26)は、大学の先輩で超人気俳優の羽山麻水(28)と同性愛ドラマで共演することになった。ゲイ役の芝居感が掴めない白崎は、男に抱かれてみようとハッテン場へ。そこでなぜか羽山に捕まり、相手を買って出られる。“芝居のためのセフレ協力”。即物的に始まった関係だったが、精緻な美貌と圧倒的なオーラの羽山に甘く心ごと抱き込まれ、白崎は恋心を自覚した。しかしドラマ撮影は終わりに近づき―――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 25時、赤坂で
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    超人気俳優×新人俳優、同性愛ドラマ撮影中の恋。
    新人俳優の白崎由岐(26)は、大学の先輩で超人気俳優の羽山麻水(28)と同性愛ドラマで共演することになった。ゲイ役の芝居感が掴めない白崎は、男に抱かれてみようとハッテン場へ。そこでなぜか羽山に捕まり、相手を買って出られる。“芝居のためのセフレ協力”。即物的に始まった関係だったが、精緻な美貌と圧倒的なオーラの羽山に甘く心ごと抱き込まれ、白崎は恋心を自覚した。しかしドラマ撮影は終わりに近づき―――。
  • 25時、赤坂で(2)【電子限定特典付】
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    【電子限定!描き下ろし特典マンガ1P収録】超人気俳優×若手旬俳優――俳優同士の恋、共演ふたたび。「もしかして、妬きました?」大ヒット同性愛ドラマ『昼のゆめ』が映画になって帰ってくる。主演はもちろん超人気俳優・羽山麻水とブレイク中の白崎由岐。この冬、テレビの話題を独占した“昼ゆめブーム”はまだまだ終わらない。――というのはオモテの事情。実は羽山と白崎は、両片想いを経て付き合い出した恋人同士。撮影現場では、男前な新キャスト・山瀬が白崎にちょっかいをかけ、羽山の機嫌は急降下。それが、嫉妬も知らずに生きてきた男の、はじめての独占欲というものなのであった――。
  • 25時、赤坂で(3)特装版【電子限定特典付】
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    【電子限定!描き下ろし特典ペーパー1P収録】
    20P(漫画16P「オフの日」収録)小冊子付き特装版
    超人気俳優×若手旬俳優 「優しくさせてよ」 「俺のこと甘やかさないでよ」
    恋人の超人気俳優・羽山麻水と同じマンションに引っ越した、若手俳優の白崎由岐。
    蜜月が始まるかと思いきや、白崎は出演する舞台の演出家から演技にNGを出され続け、焦るばかり。羽山に頼らずに自力で乗り越えようと、連日逢瀬を断り続けてしまう。
    その一方で、白崎に会えずにいる羽山はーー。
    「わかってない どんだけ好きだと思ってんの?」
    ※特装版小冊子の内容は紙の特装版と同じ内容になります。

レビュー

25時、赤坂でのレビュー

最新のレビュー

  • (5.0) 無題
    ベルガモットさん 投稿日:2021/11/26
    なんとなく疲れたとき、元気がでないとき、なぜか読んでしまう。 麻水さんの癒しのチカラとユキ君の瞳に吸い込まれるようで。癒しと強さをもらえる作品。

高評価レビュー

  • (5.0) 大好き。(語彙力↓↓)
    ベグさん 投稿日:2021/5/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 自分がレビューを書くという発想さえなかった電子書籍(BL)読み始めの頃に出会った作品で、BLにハマるきっかけとなった作品の一つです。そんなわけで、1巻は特に思い入れがあります。何度でも読み返せる…。 大学の映研で先輩、後輩の関係だった白崎くん(麻水さんがずっと「白崎くん」呼びなのがすごく好き)と麻水さんが、同性愛テーマのドラマでの共演を機に再会するところからお話が始まります。あるきっかけでセ フ レのような関係になった2人の、ドラマの撮影現場と私生活での逢瀬の対比にドキドキ。エチシーンの絵はさらりとしているし、修正や角度で見えないのですが、身体のならめらかな曲線と指、そこに触れているであろう指の描写がとてもエロく感じます。 2巻は、恋人同士になった2人が、映画で再共演するお話。当て馬登場で、麻水さんの嫉妬が垣間見えるのがオイシイ。そして、後に恒例となる「麻水さん断ち」笑。嫉妬だけでなくお預けまで食らってしまう麻水さんが気の毒だけど、ドヤ顔の麻水さんも、「早く動いて」って意地悪言う麻水さんも最高!ほんと大好き!エロい指は相変わらずエロく、濡れた瞳と赤面する描写も大好きです。(語彙力↓↓) 番外編を挟んで、待ちに待った3巻!ですがー…麻水さん推しとしては、麻水さんに同情を禁じ得ない展開涙。白崎くんの気持ちも分かるよ、分かるけど!麻水さん、本気でショックだよー。自分だけ知らないとか、頼ってもらえないとか、寂しすぎる。でもでも、麻水さんはやっぱり大人でかっこいい。1巻の種明かしも無理がなくて良かったです。「そうだったのかー!どうりで上手いこと現れたと思ったよ!」って。三原さん、面倒くさいけどいい人笑。はぁ、麻水さんの「好き」の気持ちが深いなあ。白崎くん、お願いだから麻水さんをもっと大事にしてー!って思っちゃいました。単純に、2人のイチャラブが見たいというのもあります笑。 4巻では2人のラブラブはもちろん、共演も見たいな。あー、そういう意味では、3巻はマンネリ感のない、読み手もヤキモキさせるアクセント巻だったと言えるかも?うん、そう思おう。何だかんだ、脇も含めて大好きな作品です。 無料・セール(6/8まで)みたいなので、未読の方は1・2巻だけでもこの機会にぜひ〜。 続きを読む▼
  • (5.0) 美しい
    すみれさん 投稿日:2021/8/29
    とにかく美しいです。今まで読んだBLで一番きれい。レビュー数を見てもなお、自分もレビューを書きたいと思う作品です。 濡れ場もちゃんとありますが、ストーリーもかなり作り込まれていて読んで損なしです。25時ならBLを普段読まない人にもおすすめ できます。 ストーリー重視の人にも、えっち重視の人にも読んでほしい。 絵も上手いです。美大出身とのこと、納得しました。これがBLという自分の好きなジャンルでなくとも買ったなと思う画力です。線がとてもきれい。1コマ1コマが芸術だと思います。これだけの観察力と技術、画力がありながら(もっと稼げる業界もあったかもしれないのに、)夏野さんがBLを描いてくださっていることに感謝しています。 私は由岐くん(黒髪の受けさん)が好きなのですが、性格も巧みに表現されているように感じます。インタビューでは「やっとキャラクターがつかめてきた」(意訳)ということをおっしゃっていましたが、最初から白崎由岐という人間は確率されていて、一読者の私の中では一度もブレていません。羽山も同様です。 帯に書かれていましたが、勝手に麻水断ちするところなんかも、由岐くんの性格が表れていてとても好きです。 セリフのひとつひとつから各キャラクターの考え方も伺えます。 背景などもご自分で描かれているとのことで、画面の均衡が素晴らしい。基本的なパースなどから見える画力に、凄まじい努力の軌跡を感じます。 ストーリー、漫画としての魅せ方、画力のどれをとってもピカイチの技術なのではないでしょうか。 あくまで読者の1人ではありますが、これから読まれる方に面白さや読後の幸福感を保証したい。本当におすすめです。 もっとみる▼
  • (5.0) 読めば必ずハマります!
    nanaさん 投稿日:2021/8/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 別サイトで2巻まで読み、たまたまこちらで見たら既に3巻が出ていたので即買(笑)1巻も無料になってたので、読んでみたらムムッ、修正が甘い&書き下ろし付きでした。早まったぁ〜…ポイントに余裕があれば買おうかな。 まず、目ヂカラ(まつげ羨ましい)あと身体のラインなど美しく、絵で魅せられます。 麻水さんと白崎くんがくっつくまでは、何となく展開が読めちゃうんですが、テンポ良く進んでいくので飽きさせない むしろ気になる! しかし、ゲイ役だからってゲイバーで相手を探す白崎くんもぶっとんでますが、そこは麻水さん逃しませんね〜。そちらは後日談で明らかに。 芸能人同士の恋愛なので、いつか2人がすっぱ抜かれないかハラハラものですが、今のところは問題なし。視聴者として自分もドラマをみているような感覚になります。 あと、特筆すべきは俳優仲間の佐久間さんいい味出してます。この、25時〜には欠かせないキャラですね。他にも、山崎さんや三原さんなど個性溢れるメンバー目白押しで、益々目が離せません。 特に三原さんは癖がありすぎて、真っ直ぐ純粋な白崎くんが振り回されてるとこは可愛らしくて好きです 逆に白崎くんは麻水さんを振り回す場面が目立ちますが、、、麻水さん不憫(笑) 演技に対する葛藤なども盛り込まれていて、ただ脚光を浴びてキラキラする芸能界ってだけじゃないのもいいですね。 この先もずっと見ていたいって思える作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 瞳と睫毛が醸し出す雰囲気がいい
    naOさん 投稿日:2021/5/26
    今風の、一定の線とトーンで描かれた印象が強い作風でしたが、読んでいる内に台詞と登場人物の表情に引き込まれてました。ストーリーも文句のつけようのない面白さですが、瞳と睫毛、それだけで登場人物の感情をとても表現していて引き込まれて、本物の舞台や 映画などを観ているような不思議な気持ちになりました。何も台詞のないコマでも一つ一つ感情をダイレクトに伝えてくるので__引き込まれずにはいられませんよねっ!睫毛一本一本‥他の作画さんではホワイトで描いているようなところなのに全てをちゃんと描いていらっしゃるので、縮小画でこの表現・表情だったら、原画はどんなに素晴らしく魅了してくれるのだろう‥と‥。とても丁寧に描かれている分読者の心にドカッと響く‥そんな感じとでもいいますか‥__ん〜難しい‥伝えるのってTT 口ももう少し表現してくれたら吹き出し台詞要らないんじゃ(勝手に脳に台詞入ってきそう)、そんな気にさえなりました。麻水さん、由岐くんの演技や恋人への葛藤や見せられない心の中、暴かれる内面なども妖艶な場面ではないのに扇情的で目が話せませんでした。サブキャラさんたちもそれぞれ表情豊かでしたし。気にるのは式典での由岐くるから麻水さんへの内緒話ーーなんて言ったのかなぁ。:+((*´艸`))+:。 まだの方、是非読んでみてください^^ もっとみる▼
  • (5.0) 絵とストーリーがピッタリ
    るんさん 投稿日:2021/5/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 初めての作家さん。色香漂うしっとりとしてるのに可愛い絵にまず惹かれる。その雰囲気が物語に合致していて高評価が頷ける。新人俳優由岐が、サークルの先輩で有名俳優麻水と同性愛がテーマのドラマで共演。麻水にリードされ恋に落ちプライベートとドラマをシンクロさせながら俳優として成長する姿を描く。イケメンで完璧、いつも余裕の麻水が、ありがちないけ好かない自信家なのに憎めないとかじゃないのが良い。素直で時に余裕なく焦ってる姿、物語の中でそれを見せるバランスが最高で、麻水を決して崩さない。由岐は少し生意気な可愛さを溢れさせて、これもう麻水に愛されるしかないでしょなフェロモン出しまくり。2巻で出てくる山瀬も適度に引っ掻き回すが、そこに嫌みや性格の悪さもなく、純粋に俳優として切磋琢磨してる感じが良かった。山瀬が麻水の作品を結構見ていて、俺は麻水さんが好きなのか?なシーン、映画好きにもあるあるな話wシャワー浴びながら考え過ぎる麻水も現実的で可愛い。そして美しい絵が作品全体を柔らかな雰囲気に仕上げている。1巻でほぼ完結した感があり期待せずに買った2巻だけに嬉しい内容でした。奇をてらった展開で物語の雰囲気を崩して欲しくないよね。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 美しい絵にため息
    人気シリーズの第1巻!俳優の白崎は、大学の映像研究会の先輩で現在は人気俳優の羽山と共演することに…ドラマでは同性同士愛し合う役を演じながら、現実でも惹かれあう2人が、夏野寛子先生の綺麗な線で描かれます。潤んだ瞳で見つめ合う2人の美しい表情にため息がでることうけあいです!
    設計:烏龍
▲ページTOPへ