We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

コオリオニ 下

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.6) 投稿数40件
コオリオニ(2巻配信中)

作品内容

1990年代、北海道――全国を震撼させる警察の不祥事が明らかになっていく……! 道警のエース・鬼戸 圭輔(きど けいすけ)は、父親と同じ警察官になった。父親は上司から命じられた汚職に背いたことで左遷、酒に溺れ母親への暴力を繰り返した。父親の不遇を見てきた鬼戸は「言われた通りのことだけをする」ことが警察官人生だと考え、全ての決断において周囲の期待に応えることを選んできた。潜入捜査の失敗後は以前にも増して汚れ仕事に手を染めるようになるが、そんな鬼戸を警察は持て余しはじめるようになる。窮地に立たされていく鬼戸を、恋人の八敷(やしき)は自らが生きたいように生きることを説く。腐臭の満ちる組織が瓦解していく中で、鬼戸が下した選択とは――!? 似た部分がありながら、正反対な生き方をしてきた2人の男たちの魂のドラマ、新たな描き下ろしも含め、大注目の完結下巻!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • コオリオニ 上
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1990年代、北海道――全国を震撼させる警察の不祥事が明らかになっていった……! 警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始めた。そのノルマをこなすため警察がヤクザと手を組むというデキレースも横行、そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔(きど けいすけ)がいた。彼は何人もの犯罪者を情報提供者として抱え、ノルマを超える多くの拳銃を摘発していった。そして彼は誠凛会(せいりんかい)の幹部・八敷 翔(やしき しょう)と出逢う。より大きい山を当てるために鬼戸は柏組(かしわぐみ)の武器庫に注目。八敷を潜入捜査に誘い、八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組んだ。2人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。話題沸騰の問題作の上巻、新たな描きおろし20Pを含め、ついに電子版で登場。
  • コオリオニ 下
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1990年代、北海道――全国を震撼させる警察の不祥事が明らかになっていく……! 道警のエース・鬼戸 圭輔(きど けいすけ)は、父親と同じ警察官になった。父親は上司から命じられた汚職に背いたことで左遷、酒に溺れ母親への暴力を繰り返した。父親の不遇を見てきた鬼戸は「言われた通りのことだけをする」ことが警察官人生だと考え、全ての決断において周囲の期待に応えることを選んできた。潜入捜査の失敗後は以前にも増して汚れ仕事に手を染めるようになるが、そんな鬼戸を警察は持て余しはじめるようになる。窮地に立たされていく鬼戸を、恋人の八敷(やしき)は自らが生きたいように生きることを説く。腐臭の満ちる組織が瓦解していく中で、鬼戸が下した選択とは――!? 似た部分がありながら、正反対な生き方をしてきた2人の男たちの魂のドラマ、新たな描き下ろしも含め、大注目の完結下巻!!

レビュー

コオリオニのレビュー

平均評価:4.6 40件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 衝撃
    soramameさん 投稿日:2022/6/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 北海道の警察を舞台に、ヤクザとの持ちつ持たれつの関係を描いた衝撃作。 一般的な惚れたはれたのBLとは全く違う、青年漫画のような内容にゾクゾクしました。 正直どう感想を書いて良いものか…描かれているもの壮大すぎて。私の陳腐な言葉をいくら並べても表現できない気がします。 一応カップルとしては、北海道警察の鬼戸×ヤクザの八敷。 ちょっとした通報を見逃したところから関係が始まり、一緒に潜入捜査したり修羅場をくぐったりと距離が近くなります。 しかしこれをBLだと言ってしまうには、ちょっと簡単すぎる。もっと信頼してるけど疑ってて、同士のようでいつでも裏切ってやれる間柄。 警察とヤクザ、メンツが何よりも大事な腐った組織の中で言われた通りに尽くしてきたけど、その組織にさえ簡単に捨てられる。 それぞれ立場が違えど、人に言えないことをいくつも抱えて生きてきた2人が似た匂いなのか、一緒にいて安心するんでしょうね。 本編最後話のラストが美しすぎて、涙が出そうでした。 2人に安寧の地はあるんでしょうか。きっと死んでも地獄に行っちゃうんだろうなぁ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ・・・すごい!!!背景に欧州文学
    lvivさん 投稿日:2021/4/18
    1巻:278ページ(番外編描き下ろしコオリ女王44p+おまけさよなら文豪16p) 2巻:220ページ(1話追加の描き下ろしオニごっこ52p+おまけロングキスバケーション22p) まず、絵が苦手。かなり独特。 キレイ系ではないしグロ い、いかにも女性受けする見目よい絵ではない。 高評価につられて買ったものの、かなり長い間本棚でほったらかしでした。 読み始めて。。 やっぱり苦手。 せっかくだから読みすすめるものの。。。 取材力もあって背景ストーリーがしっかりしているけど、かなり壊れた価値観の主人公たちの心情にもついていけず、なかなかお話に乗れない。 が! 1巻終わりの、しかも描き下ろし部分である、番外編コオリ女王とおまけのさよなら文豪を読んで、全く変わった! この話の、本当の醍醐味がはじめてわかる! この描き下ろしがなかったら、2巻買うのをやめる人いるんじゃないか!? と思うくらい、作品にいっきに惹きつけられた。 そして下巻の、やはり描き下ろし、ラストの綴じ方がーーー!!! 本作はキーワード的な言葉がいくつか出てきますが、それらは全て日本人にはピンとこない、ヨーロッパ文芸作品。 読後に調べてその単語からイメージさせる意味がわかると、またこの作品の奥深さと魅力が、一気に増します! ファウスト(ゲーテ)のあらすじとそのエンドを知って、本作の奥深さとストンと腑に落ちるものがありました。。 はぁー。。。 これはもう、一般のBL枠ではないことは、確かですね。 破滅的に、すごすぎる。。。 <メモ> *ファウスト:ドイツの伝説的な実在の人物を元にしたお話。満足を得られない知識や欲を欲するために悪魔と契約する。16世紀に沢山あり、有名なのはゲーテの作品(ゲーテは数十年生涯をかけて作成、完成の翌年亡くなる)。 *城:カフカ晩年(結核罹患後)の未完の長編大作。主人公が目的の城にたどりつけない。 *雪の女王:アンデルセンの童話。悪魔の鏡が刺さった少年が雪の女王に魅入って連れ去られる。 *青い鳥:フランスの童話(主題 死と生命の意味)。幸福の象徴である青い鳥をさがしにいく。 <余談> 1巻巻末のあとがきで本作と同様に北海道警を舞台にした作品、悪魔を憐れむ歌(青年コミック)の紹介がありました。 評価高いのに打ち切り!? もったいない! BL コミックではないけど、いつかこの作品も読んでみたいと想いました。 もっとみる▼
  • (5.0) これはもはやBL界の伝説になりうる
    Hammyさん 投稿日:2022/6/11
    作家魂を賭けて世に出た作品。 読後様々な感情で溢れていますが、身も心も、存在自体をぶっ込んで生まれ、読者にまで届いた作品なのだと猛烈に感じています。 2周しましたが、上下たった2巻の中に収められたドえらい大きなモノを受け止め切れずにいま す。 実は購入後積みっぱなしで自分なりの読み時を待っていました。 私にとって梶本先生と言えば「高3限定」なのでビビりまくりです。 処理し切れない感情で溢れ返る恐怖というヤツです。 まんまと今作でも似たような状況に陥っていますが、少しベクトルが違いました。 ……… 端的に言えば「異常者」たちの生き様。 そして「普通者」との乖離と普通である為の汚さ。 モチーフとなった稲葉事件よりも裏金事件の方が記憶に残っていますが、警察の不祥事暴露の発端でありドラマチックな事件でした。 それをBLという「寛大な」ジャンルでお描きになった先生、本当にGJです! 男同士の恋であれば多少?の衝撃を包み込む懐の深さは他には無いでしょう。 と言うかこのお話は男同士の必然を強く感じます。 異常者がただ生きることの許しを乞い、もう1人の異常者が許しなど必要無いと受け入れる。 共に満身創痍になりながら自分を認めるお話はこうでなくては!と思うのです。 ………… ストーリーは比類のない素晴らしさです。 しかしマンガとしてのとんでもない表現力にも感動しっぱなしです! 線の強弱!傾き方!その場面でこの表情の意味は?ここで出てくる小物の使い方よ!単純と複雑の使い分け!等々、隅から隅まで線一本、書き文字ひとつも見逃してはいけません(男性器の誇張とかは浮世絵にも通ずる素晴らしさ!) 本当に絵が上手い!!!!!! さらに考え抜かれた構成力たるや!! 話数が進むたびページを捲るたび、新たな驚きが超高速でぶつかってきます! それでいてどの章で終わっても良いくらいの完成度の高さです! 本当に是非とも読んで頂きたい類い稀な作品です!! ………… 最後に、描きにくいモチーフで描いて下さった先生にありったけの尊敬を! そしてこの題材で電子書籍化して下さった新潮社に拍手を! さらに受け入れる体制が整った電脳世界に賞賛を! 販売して下さったシーモアに大きな感謝を送ります。 もっとみる▼
  • (5.0) 自由に生きることに許しはいるのか?
    ららさん 投稿日:2022/4/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 他の方のレビューを見て、話しがかなり重そうだなと…もはやBLのくくりにしてはいけないような雰囲気もあったので購入するかめちゃくちゃ迷ってました。クーポン出たと思ってBL検索したらなんと2件。そのうちの1件がこれ。もう読めという運命。結果、買って良かった面白かったです。 小さい頃によく遊んでいたコオリオニという遊びをこのような作品に仕上げたのはすごいです。道民なのでよく「エッタ」も使っていました。ちなみに「バーリア!」もありました笑 一巻では、八敷と佐伯の関係性の主観的違いに凍りつきました。客観的には持ちつ持たれつな助け合って支えあってという2人であってほしいと思いながらもそうですか、、あなたはコオリの女王だったんですね…という感じ。佐伯のように、俺の存在価値を奪わないでくれって心情、日常の中で時々あったりしません?自己肯定感が低い人というか…この漫画での心の叫び、響くんです。 鬼戸については、イマイチよくわかりません!好き勝手生きている人が妬ましい?許せない?警察という組織の中で父親からの刷り込みもあってか言うことを聞いて生きて行くのが当たり前な男。そんな中、八敷とビジネスパートナー的な感じになってヤクザの世界に身を置くわけですがとてもお似合いです。わりとすぐ八敷との関係が始まりお互い惹かれ合っていきます。もちろん鬼戸にもツラい過去があったわけですが…それはニ巻目で読めます。色々な出来事の真実を見せるタイミングが絶妙でひどく揺さぶられます。うわ…そうだったんだ…って読みながらポロッと呟いちゃいます。情もなく平気で人を裏切る八敷ではありますが早い段階から鬼戸に絶対的信頼を置いてるのはなぜなんだろう?鬼戸もなぜ八敷を信じていられるんだろう?と疑問がありますが残酷な内容が続く中で、唯一2人の愛が見ていて救いかもしれません。悪党な部分が似ているんだそうです。 グロい場面とか多いと書いてありましたが、自分はなんともありませんでした。想定内の世界観でした。 とにかく劇薬のようなこの漫画。ぜひご堪能を! 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ