漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

あおのたつき (1)

通常価格:
500pt/550円(税込)
(4.9) 投稿数10件
あおのたつき(3巻配信中)

作品内容

江戸最大の遊廓、吉原。生者と死者の情念が渦巻くこの街で、気がつくと見知らぬ神社に迷い込んでいた、売れっ子遊女のあお。そこは強く霊験のご利益を求める者のみが辿り着くという、浮世と冥土のはざま『鎮守の社』だった…! 社を訪れるのは、美しくも悲しい過去を背負った遊女ばかり。魂を導き、救うために…宮司の楽丸とともに、あおは彼女たちの人生を紐解いていく——!

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

レビュー

あおのたつきのレビュー

平均評価:4.9 10件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 作り込まれた冥土の吉原という世界観
    まいさん 投稿日:2020/5/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さんは江戸の花街文化をとても細かく調べていらっしゃるようで、世界観や設定が非常にしっかりしています。遊女のしきたり、廓言葉、江戸の風俗、そういった要素から、読み手も吉原の空気を感じられるのではないでしょうか! 吉原といえばどうしてもシリアスは付き物だし、読み手が女性ならば辛い思いに共感してしまうと思うのですが、強く艶やかに生きる江戸の人々にハマること間違いなしです。 独特だなぁと思っていた絵も、読んでいるうちにこの作品にすごくしっくり来る画風だと感じました。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白いです
    ミッドナイトさん 投稿日:2020/4/24
    内容も面白いし、なによりしっかり調べてあるところに好感が持てます!人の情や心の動きにとても共感できてのめり込みました。
  • (5.0) ちゃんと調べてる感じ
    Ssさん 投稿日:2020/4/14
    こういう花街系の漫画は昨今多いですが、とりわけ多いのが「全然調べずとりあえず雰囲気だけで描いてますテヘペロ」な商業漫画。(特にTL系) ですがこの作者さん、髪の結い方やその結い方のどれが古いか新しいか、文字通り命を削った女たちが手練手管 を駆使して体を守ろうとしたか、という話を端々にきちんと盛り込んでくるので「あ、調べて描いてる人だ」と安心できます。 着地点が気になっています。あおに救いがありますように。 もっとみる▼
  • (5.0) どんどん続きが気になります
    うえさん 投稿日:2020/2/25
    1巻から絵や世界観が好きでしたが、2巻では登場人物が増えてきて、ひょっとしてこの漫画は永遠に続くんじゃないか?という広がり方を見せ始めてきたな!と思いました。 江戸風俗の細やかな設定がただの江戸オタクで終わらず上手にファンタジーとして溶け 込んでいて、今一番続きが気になる漫画のひとつです もっとみる▼
  • (5.0) 遊女の文化に触れる感じがいい
    シトラスさん 投稿日:2020/2/25
    あの世とこの世の狭間にストンと落ちた遊女が、怪異を解決するというようなお話。遊女や色街の文化が所々にちょいちょい入ってて面白い因縁で姿形が変化するって世界観もいい感じ
▲ページTOPへ