漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

女帝12

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数361件
女帝(24巻完結)

作品内容

彩香が北条に同じ罠をかけ、恐喝をやめさせる一方、男として成長した謙一が、梨奈の隠していた尾上と彩香の写真とネガを奪って彩香に届ける。父尾上の危機は去った。銀座では、昌代が雇ったホステスまで使って客の秘密を探り出し、脅迫し始めたことが発覚。彩香は直人の協力を得て、昌代の握っている証拠を奪う。昌代は直人を刺そうとして、逆に直人を守ろうとした愛人の明美に刺されて死んだ。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全24巻完結

  • 女帝11
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    クラブ「彩香」のオープン。彩香の父尾上雄一郎は、民力党の総裁に上り詰める。だが政党パーティの日に尾上の部屋を訪れた彩香の写真が、スキャンダルに? 大臣の座を狙う北条の罠だったのだ。やむなく取引に応じてしまう尾上。向後の対策を練るために会った上野の料亭で、彩香と尾上の父娘の名乗りが実現する!
  • 女帝12
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    彩香が北条に同じ罠をかけ、恐喝をやめさせる一方、男として成長した謙一が、梨奈の隠していた尾上と彩香の写真とネガを奪って彩香に届ける。父尾上の危機は去った。銀座では、昌代が雇ったホステスまで使って客の秘密を探り出し、脅迫し始めたことが発覚。彩香は直人の協力を得て、昌代の握っている証拠を奪う。昌代は直人を刺そうとして、逆に直人を守ろうとした愛人の明美に刺されて死んだ。
  • 女帝13
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    黒服の進藤が、恩人の病気で、彼の店を代わりにやることになり、彩香のもとを去った。ポッカリ胸に穴の開いた彩香のもとに、プロ野球選手の清田が現れる。恋心を抱いてしまった彩香だが、清田がヤクザの女に惚れたために恐喝されていることを知ると、直人に解決を依頼した。直人は恐喝しているヤクザと同じ系列の本家若頭であるからだ。このときに助けられた清田の言葉が、初めて”女帝”彩香の名を全国に知らしめたのである。
  • 女帝14
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    政界に進んだ謙一の妻となっていた梨奈は、彩香への敵愾心から、自分の躰を使って代議士の袴田を操り、政界の陰の女帝を目指していた。また自分の意志とは関わりなく、着実にフィクサーとして力をつけていく彩香。また年取ってリタイアしたホステスの、後の生活に役立つようにと、小料理屋「立花」を作ることにする。
  • 女帝15
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    ついに進藤と結ばれる彩香。結婚することに。だがその間にも、渦巻く陰謀が…。「立花」を任せる予定の幸枝が、薫が雇った結婚詐欺師に捕まってしまう。彩香を妬んだ薫は、結婚式当日を狙って、幸枝に手ひどい裏切りをさせようというのだ。薫と結託している梨奈は、袴田をけしかけて野党連合を結成させ、彩香の父尾上を失脚させようと画策していた。
  • 女帝16
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    幸枝を操りきれなかった結婚詐欺師の塚原は、彩香の結婚の日を狙って「立花」に放火する。折良く訪ねてきた直人が、その現場に遭遇し、事なきを得た。彩香は放火まで薫が指示したことではないと聞き、薫を赦す。尾上の民力党に鞍替えして、尾上のもとで立派な政治家を目指す謙一は、妻の梨奈と袴田の関係を知って、怒り悩んだ。そんな謙一を慰めたリエは、生涯最後の恋を燃え上がらせていく…。
  • 女帝17
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    謙一に逢いたくて、熊本までやって来たリエ。彩香が彼女を慰め、大阪へ連れて行くことに。そこで直人が撃たれた現場に遭遇する。幸い助かり、安堵して銀座に帰ったのもつかの間、トップ屋の市村が、リエと謙一の仲を嗅ぎつけて写真を撮り、強請ってくる。事件は、彩香が大翔組の二代目を動かして解決したが、今度は銀座の価格破壊を謳って、歌手の早乙女みどりが巨大な店「碧」をオープンさせた!
  • 女帝18
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    芸能プロダクションの力を使って、若い女の子を銀座の店に送り込み、客を奪っていくのがみどりの戦略だった。彩香に憧れて店に入ってきた沙也が、スパイの誤解を受けて、一時は去ることに。しかし「碧」では、店に関わる三つのヤクザ組織の確執が表面化し、発砲事件が起こった。巻き添えを食ったみどりは死亡。ヤクザ同士の大きな抗争になるかと思われたが、彩香が大翔組を動かして早急に決着させた。彩香の「女帝」伝説が、またひとつ…。
  • 女帝19
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    皆に祝福される中、彩香は産休に。だがその留守を守る店長の進藤に、クラブ「アンジェラ」のママ、瑠美が誘惑の手を伸ばしてくる。その上進藤には、死病という魔の手も迫っていた!
  • 女帝20
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    赤ん坊が生まれようとする矢先、脳腫瘍のために死んでしまう進藤。抜け殻のようになってしまう彩香だが、直人が喝を入れ、まだ二人の夢は終わっていないと励した。決意も新たに運命に立ち向かっていく彩香。父の尾上は選挙に大勝し、再び総理に返り咲いた。尾上に従事する杉野謙一も、父の汚職のため苦戦はしたが、当選を果たす。

レビュー

女帝のレビュー

平均評価:4.7 361件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白い
    あんさん 投稿日:2021/1/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 無料版を読み出したら、面白くて全部読みました。 途中で少しだれてる感じはしましたが、 女性としての強さ、寂しさ、葛藤、共感する部分を感じました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 今生きる時代のバイブル
    ラブレスさん 投稿日:2008/3/10
    今まで夜の世界には全く興味も、接点も無く、別の次元や世界だと思っていました。(疎い上、世間知らずの為歌舞伎町が意味する事も、30近くになるまで全く知らなかった私) ドラマがきっかけで、ずっと気になっていたでしたが、絵に抵抗もあ りずっとブックマークしたままでした。 とりあえず、少しだけでも読んで見ようと読み始めた所、止まらなくて、止められなくて…ダウンロードする時間は勿論、次のコマに移動するのも待ちきれなくて、とう×2書店へ走って一気に全巻揃えて、一気に読破してしまいました 一度読んでも読み足りなくて、時間さえあれば何度も読み返して、その度に新しい発見があり、どん×2嵌り込んでいます。(職場で貸しまくって、只今男女問わず女帝ブームです) 驚く程すっかり嵌ってしまったのは、物語の奥行きの深さと、予想外に共感出来たり、今の時代を生きる同じ人間として、大切な事や、知らなかった事をなるほど…と教えられ勉強になったり、彩香の生き様というか成長過程も目を離せないし、こんな過酷な世界で躰も心もドロ×2に汚れきってもおかしくないのに、それでも純粋で、凛として潔く、真っ直ぐで、強い優しさを持ち、何があっても誇りと信念を決して捨てない…人として…女として…こうありたい、見習いたいと思いました。 今の時代を生きて行く為の、強さや勇気をくれた彩香に感謝しています。感謝したくなる作品ですね。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった…!
    タケゾウとオツウさん 投稿日:2012/3/23
    レビューが高かったので、ずっと気になってはいましたが、全体的に絵が暗いし、好みの絵ではないし、更に話数が長いから全部読むとなると相当ポイント注ぎ込む事になるだろうな…と思っていたので、なかなか手が出せずにいましたが、あまりにもレビュー が高いので、とうとう好奇心に負けてしまいました(笑) 最初の十話は、ハッキリ言って面白いとは思えず拍子抜けしましたが、20話あたりからもうハマりにハマって……!気付いたら、休みの日は『女帝』を読む為に家にこもり、平日も夜中まで読み不眠と戦う毎日になりました(笑) やたらと多い主人公のシャワーシーンや、色んな女達のエッチシーンは読者サービスなのでしょうが…ここまで必要ないだろう(笑)とツッコミたくなりましたが、ストーリーは深く、読み進める内は色々と考えさせられ、読んだ後はとても清々しい気持ちにさせてくれました。 作中、たくさんの思い入れのある方々がなくなりましたが、私も泣きました…。 もっとみる▼
  • (5.0) 男と女の貴重な参考書。
    ニーさん 投稿日:2013/2/7
    学校って勉強や国公立なら人間教育の時間もあるけれど、週休2日になって、受験以外のものはゴッソリ削られた今の日本。 昔と違って、親も個人個人趣味があったりで、子供の人間関係をちゃんと見れてる家庭ってどれだけあるのかなって思ってます。 善悪、黒白、譲れないもの、、、グレーゾーン 誰かに何かを伝えるとき、自分の偏見が入るそんな瞬間。 ある時ゴタゴタがあった際に、 「優しそうな顔して、芯が強い、毅然として公平だね。 火の国の女は皆そうなの?」と言われたことがあったけど、 それはこの本を読んでた人だったのかなって思い出しました。 気性は激しい部分もあるけど、水の国でも知られる熊本の女は 一度この人と決めたら、添い遂げます。 恋愛は不器用なぐらい真っ直ぐなので。 この本読んで、自分も母に誇って貰えるようまた頑張りたくなりました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ