漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

SANCTIFY霊魂侵蝕1【シーモア限定特典付き】【コミックス特別版】

通常価格:
710pt/781円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数26件
SANCTIFY霊魂侵蝕(1巻配信中)

作品内容

――この力は、神から与えられた十字架《ギフト》――自身の境遇から馴れ合いを求めず、孤独に生きる【エクソシスト】のランスのもとに、1件の捜査依頼が舞い込む。それは悪魔に魂を魅了された人間【堕落者】が殺されるという特異な事件だった。捜査を進めるなか、身辺の補佐をするという警察官・ギルバートと出会ったランス。初めこそ煙たがるも、臆することのないギルバートの態度に少しずつ心を解かしていき―?謎の警察官×孤独なエクソシスト。出会ったのは偶然か、必然か。これは魂の輪廻――。北米・アジアを中心に大反響!GODSSTATIONが送る超常現象サスペンスBL、遂に開幕!!日本版コミックスだけの描き下ろし8pに加え、配信版のみCHAPTER-0が多色刷りとなる豪華仕様!シーモア限定特典付き。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

SANCTIFY霊魂侵蝕のレビュー

平均評価:4.7 26件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 続きも期待。
    NANAさん 投稿日:2021/1/27
    闇深めですね。エッチは最後の方にしかなかったけどエッチがだいぶエッチ(私は大好きな)だったしお話の設定も面白そうだし早く続きが読みたい!かもんぬ!

高評価レビュー

  • (5.0) 難しいな
    Oliveさん 投稿日:2021/1/18
    1話では謎が多すぎてよくわからなかったけど続きに期待しておきます。警察官のギルが孤児院で生き残った一人なのか…?ランスを犯したのは妄想なの?んーーー,わからん。もっかい読もう!
  • (5.0) 映画のよう
    norioさん 投稿日:2020/12/31
    エクソシスト系は特に興味ないんですが、それでも十二分に楽しめました。容赦ない残酷な描写が大丈夫な人には本当におすすめ!謎が謎を呼ぶ展開から目が離せません。 海外ものなので逆読みですが私はまったく気になりませんでした。
  • (5.0) これからに期待
    さくらさん 投稿日:2020/12/13
    こういう世界観好きです。二人の関係性の謎よりもギルバートのランスに対する執着の方向性がどういう風に向かっていくのかが気になります。闇(病み)が深そうなので、雰囲気だけで終始せず内容のある深みが加わっていく事を期待します。
  • (5.0) 他の方も言ってますが
    ʚ♥ɞ ⓚаЯеsⓐ ʚ♥ɞさん 投稿日:2020/11/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 外国の方が描かれてるようで、横スクロールが逆なのがちょっとやりにくいです。絵は綺麗で内容もサスペンスなのでBLなを忘れそうでした。まだ謎だけどバディ(相棒)になるのかな?そんなギルがストーカーだったみたいで、エチの妄想も凄い。これからどうなるか楽しみです 続きを読む▼
  • (5.0) 怖いのは苦手だけれど
    むにさん 投稿日:2020/9/22
    怖いのは苦手。 なので購入はだいぶ迷ったけれど、 ストーリー重視っぽそうなので読んでみました。 とりあえず私が把握してるBLの中で最も近い系統は「In These Words」。 警察が登場するのは共通ですが、 あっちは連続殺 人鬼と精神分析医が登場し、 こっちは祓魔師(エクソシスト)と堕落者が登場します。 こちらの方が悪魔を信仰してたりして宗教っぽい感じ。 そしてどっちがより怖いかというと、 私は「In These Words」の方が怖かった。 あれは、どうして完結前に手を出してしまったんだーと後悔したので。笑。 見た目の残虐度はこっちの方が上(?)なのですが、 あっちは精神的に痛めつけて来る感じ。 まぁこちらもまだ1巻だけなのでなんとも言えないですが...。 補佐する警察官ギルが主人公にとって 益なのが害なのか分からないのが気になります。 とりあえず続きは読みたいと思うので★5に。 1巻232ページ。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 単なるエロじゃない
    謎多き警察官・ギルバード×一匹狼のエクソシスト・ランスのダークな雰囲気のサスペンスBLです。ドラマを見ているかのような二人が繰り出す色気とストーリーに魅せられます。GODSSTATION先生による細部まで作りこまれたサスペンス要素にBLを忘れて読み込んでしまうシーンもあります!
    制作:焙煎男
▲ページTOPへ