漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

昨日、君が死んだ。 (1)

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数50件
昨日、君が死んだ。(1巻配信中)

作品内容

人類の大半が死に絶えた終末後の世界。仕立て屋の羽繕(はづくろ)は学生時代から密かに想いを寄せていた護堂(ごどう)が目の前で息を引き取るのを見ているしかなかった。悪魔のような容貌の男から与えられた「魔法のミシン」で実物と寸分たがわぬ護堂の人型「ゴドー」を縫い上げたところ、それは生き生きと動き出し羽繕に懐いてくる。だがどうやら人間の魂のようなものはないらしい。死人を生き返らせる禁忌を犯した羽繕に、悪魔のような男は、この新しい世界には縫われるべきものが待っている、ゴドーの「たましい」を探す旅に出よと送り出すのだった。針と糸だけで世界を渡る羽繕とゴドーの未来は……?

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

昨日、君が死んだ。のレビュー

平均評価:5.0 50件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 独特の世界
    名無しさん 投稿日:2021/4/4
    この作者さんは、独特な絵で、時々独特な世界観の漫画を描きます。今回もファンタジーなのか、近未来なのか、不思議な設定の漫画で、楽しめました。これは先入観なく、また、レビューなども読まずにやんだ方が楽しめます。
  • (5.0) イラストが綺麗で読みやすい
    恋司さん 投稿日:2021/4/4
    この本を読んで最初思ったことが、イラストが綺麗ということです。登場人物もイケメンや美女が多くて読んでて楽しいです。物語も面白かったです
  • (5.0) 素晴らしい世界観
    羊飼いさん 投稿日:2021/4/4
    ど畜生攻×ど不憫受、生死が絡むけどバッドエンドはNGな話が大好物な私にとって、ARUKU先生は本当にどストライクで神様です。ARUKU先生あるあるですが、表紙やタイトルと内容の印象が違うので、まずは試しに読んでみて欲しいです。 未完結です が、健気で好感を持てる受けが愛する攻め(今のところど畜生です)の魂を探す旅が描かれており、天使やら人外が普通に出てくるファンタジーな世界。旅の過程で出会うキャラ達も魅力的です。続きも楽しみにしています! もっとみる▼
  • (5.0) すごい世界観
    じーんさん 投稿日:2021/4/2
    大人の絵本のようなファンタジーですね。普段はこの手の作品は敬遠しますが、この作品は圧倒的な力がありますね。2巻も楽しみです。表紙より中の絵がきれいです。
  • (5.0) 私的BEST5先生。どれでも作品読んでー
    MWさん 投稿日:2021/3/29
    レビュー高評価ランキング突如1位で現れたこの作品。もちろんARUKU先生は大好きで、最近フォロアーさんと語った私的BEST5作家の1人ですが、当作品は未完なので完結してから読もうと思ってスタンバイしてました。けど、高評価みて我慢できず読んだ ら、やっぱり凄まじく、もんのすごく面白い。私生活が気になる作家さんナンバー1です。(SNSなどされてなくてインタビューもないので余計に気になります。。)どのようにして毎日を過ごして何を読んだらこのような物語が創れるんだろう。 作中、何度も繰り返される「縫え」の言葉。これは以前レビューした東村アキコ先生の作品「かくかくしかじか」で繰り返された「描け」を思い起こさせます。世界が終わって皆死に絶えても、自らの存在意義になっている言葉でそれが生きること。地獄の蓋が開いてしまった世界に生きる価値を見出だすため、2人と1匹と1枚が旅をします。256ページの大ボリューム、間違いなくお値段以上の読み応えある傑作です。次巻を早く読みたい。 去年の出版なので過去作品より絵の線も綺麗になっていて読みやすくなってます。特徴のある絵だからと読まないでいるのはほんとうにもったいない!!一風変わって独特で結末が全く読めない夢と現の境が曖昧な物語が好きな方、ARUKU先生の作品どれでもいいのでぜひ読んでみてくださいー。 一番新しく発刊されてる「発熱バスルーム」の作品内で誰もいない街の描写で少しパンデミックについて触れられてましたが、ARUKU先生にはぜひコロナ後の社会、例えば感染するので人を絶対に触れない世界軸での恋愛とか、そういった先生お得意の極限状況をメインテーマで描いてほしいですね。自分で考えたのに、自分で言いますが、あーそれすごくおもしろそう。 追記: こそっと書きますね。作品途中でゾクゾクっとしたある一コマがあるんですけど、みなさん気づきました? 作中、そのコマについて説明全くないところがさすがARUKU先生だと感心しました。 追記の追記: BLアワードの還元はランクイン作品だけでしたね。ランクイン逃したのは、他のシリーズ部門ノミネート作品に比べてこの作品は一般受けしないからかも。でも、良い作品であることには間違いないです! もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • たましいを探す旅
    羽繕と、羽繕が縫い上げたゴドー人形のたましい探しの旅は、1話ごとに様々なものと出会い、手を差し伸べつつ、続いていきます。圧倒的な世界観が病みつきになるARUKU先生のファンタジーは、一つ一つのエピソードが胸に迫って涙を誘います!愛について深く考えさせられるこの旅。結末がとても気になります!
    分析:まゆびー
▲ページTOPへ