マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック幻冬舎コミックスルチルSWEETバーズコミックス ルチルコレクション昨日、君が死んだ。昨日、君が死んだ。 (3)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
昨日、君が死んだ。 (3)
3巻配信中

昨日、君が死んだ。 (3) NEW

740pt/814円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

人類の大半が死に絶えた終末後の世界。
仕立て屋の羽繕(はづくろ)は密かに想いを寄せていた護堂(ごどう)を目の前で亡くす。「命を与える魔法のミシン」で縫い上げた人型「ゴドー」と彼の魂を探す旅に出た羽繕の側には、いつしか幽霊の「護堂」も寄り添っていた。だが羽繕は悪魔に襲われ、庇ったゴドーは粉砕されただの布と綿になってしまう。失意の中、残った右腕を解き縫い直した「赤子のゴドー」と再び旅に出る羽繕だが、お供の黒猫の正体が実は大天使殺しの異名を持つ地獄の皇太子、しかも羽繕に求愛したため世界に88ヶ所の裂け目が生じたと判明し!?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 昨日、君が死んだ。 (1)

    700pt/770円(税込)

    人類の大半が死に絶えた終末後の世界。仕立て屋の羽繕(はづくろ)は学生時代から密かに想いを寄せていた護堂(ごどう)が目の前で息を引き取るのを見ているしかなかった。悪魔のような容貌の男から与えられた「魔法のミシン」で実物と寸分たがわぬ護堂の人型「ゴドー」を縫い上げたところ、それは生き生きと動き出し羽繕に懐いてくる。だがどうやら人間の魂のようなものはないらしい。死人を生き返らせる禁忌を犯した羽繕に、悪魔のような男は、この新しい世界には縫われるべきものが待っている、ゴドーの「たましい」を探す旅に出よと送り出すのだった。針と糸だけで世界を渡る羽繕とゴドーの未来は……?
  • 昨日、君が死んだ。 (2)

    700pt/770円(税込)

    人類の大半が死に絶えた終末後の世界。仕立て屋の羽繕(はづくろ)は密かに想いを寄せていた護堂(ごどう)を目の前で亡くす。悪魔のような容貌の男から与えられた「魔法のミシン」で縫い上げた人型・ゴドーとともにゴドーの「たましい」を探す旅に出た羽繕。いつしか亡くなった護堂も旅に寄り添うのだが羽繕には見えない。針と糸だけで荒廃した世界を渡る羽繕とゴドー&護堂の未来は……?
  • 昨日、君が死んだ。 (3)

    740pt/814円(税込)

    人類の大半が死に絶えた終末後の世界。
    仕立て屋の羽繕(はづくろ)は密かに想いを寄せていた護堂(ごどう)を目の前で亡くす。「命を与える魔法のミシン」で縫い上げた人型「ゴドー」と彼の魂を探す旅に出た羽繕の側には、いつしか幽霊の「護堂」も寄り添っていた。だが羽繕は悪魔に襲われ、庇ったゴドーは粉砕されただの布と綿になってしまう。失意の中、残った右腕を解き縫い直した「赤子のゴドー」と再び旅に出る羽繕だが、お供の黒猫の正体が実は大天使殺しの異名を持つ地獄の皇太子、しかも羽繕に求愛したため世界に88ヶ所の裂け目が生じたと判明し!?

レビュー

昨日、君が死んだ。のレビュー

平均評価:4.8 193件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) はっちゃんの話に
    モモンガさん 投稿日:2024/7/6
    涙じんわり。 わたし、かなーり泣かない女で木原先生の「灰の月」以来の涙かも。 短編集に近い、はづとゴドー君の旅。読んでいて哲学に近いかも!?と思うくらい深い。 えちなし、身体の繋がりを求めるbl好きさんには向かないけど、ストーリー重視 の方には読んで欲しい! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ARUKUワールド全開の唯一無二の美しい物語
    mine5さん 投稿日:2022/10/17
    6/30追記。 発売日を心待ちにしていた3巻。 3巻は何と言ってもゴドーくんの逞しく成長する姿に感涙。永く続いて欲しい作品です。 毎話、新たなキャラやストーリーを構築するだけでも大変なのに、一頁毎の作画がこれでもかという程に描き込 まれていて、只々感嘆するばかりです。 先生の労力は並大抵のものではないと思います。 とうしたらここまで妥協なく描き切れるのでしょうか?しかも作画ストーリー、キャラ設定すべて既視感のない唯一無二のARUKUワールドなのです。 根底にあるのは愛と希望です。 終末後の世界というファンタジーでありながら、どこか現代社会を思わせる世界観で今まさに羽繕と同じように混沌とした社会を生き、その中で悩みながらも壁にぶち当たりながらも、希望を持って生活している私達へのARUKU先生からの素晴らしいエールだと思っています。 このお話はタイトルの通り、死という人間の終わりから始まっています。タイトルを見て暗い切ない話だと思って避けるかも知れませんが、そんなことはありません。切ない部分ももちろんありますが、それよりも愛と希望が勝っている美しい物語です。 先生は自ら宣伝は一切なさいません。出版社の宣伝も地味に見えます。だからこそこの作品が目に止まった方はラッキーです。 このチャンスを逃さず是非読んて見ていただきたい作品です。 BLの世界観が変わると思います。6/30追記了。 2巻続けて読了しました。 これでもかと言うくらいARUKUワールド全開の魅力溢れる作品です。 ARUKU先生はいつも新鮮な驚きと切なさと深い感動を与えてくれます。 人間がほぼ全滅した終末後の世界。不憫な境遇を生き抜いて来た仕立て屋の羽繕。秘かに好きだった人にやっと会えたと思ったらタイトル通りの展開です。 悪魔に仕立て屋の腕を見込まれて貰った魔法のミシンで護堂そっくりのゴドーを仕立て上げ、ゴドーと「ゴドーのたましいを探す旅」に出ます。 出逢い事にとても魅力ある物語が待っています。どんな困難にあっても持ち前の人を思いやる優しい心と仕立て屋としての高い技術力を持って、決して諦めずにたくましく旅を続けます。 ARUKU先生の描くこの奇想天外な唯一無二のラブストーリーは深い尊い愛と何度でも困難に立ち向かう強い意思がありました。 読後は深い得難い感動が残ります。ARUKUワールドは一度入り込むともう抜けだせません。3巻が待ち遠しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 私的BEST5先生。どれでも作品読んでー
    MWさん 投稿日:2021/3/29
    レビュー高評価ランキング突如1位で現れたこの作品。もちろんARUKU先生は大好きで、最近フォロアーさんと語った私的BEST5作家の1人ですが、当作品は未完なので完結してから読もうと思ってスタンバイしてました。けど、高評価みて我慢できず読んだ ら、やっぱり凄まじく、もんのすごく面白い。私生活が気になる作家さんナンバー1です。(SNSなどされてなくてインタビューもないので余計に気になります。。)どのようにして毎日を過ごして何を読んだらこのような物語が創れるんだろう。 作中、何度も繰り返される「縫え」の言葉。これは以前レビューした東村アキコ先生の作品「かくかくしかじか」で繰り返された「描け」を思い起こさせます。世界が終わって皆死に絶えても、自らの存在意義になっている言葉でそれが生きること。地獄の蓋が開いてしまった世界に生きる価値を見出だすため、2人と1匹と1枚が旅をします。256ページの大ボリューム、間違いなくお値段以上の読み応えある傑作です。次巻を早く読みたい。 去年の出版なので過去作品より絵の線も綺麗になっていて読みやすくなってます。特徴のある絵だからと読まないでいるのはほんとうにもったいない!!一風変わって独特で結末が全く読めない夢と現の境が曖昧な物語が好きな方、ARUKU先生の作品どれでもいいのでぜひ読んでみてくださいー。 一番新しく発刊されてる「発熱バスルーム」の作品内で誰もいない街の描写で少しパンデミックについて触れられてましたが、ARUKU先生にはぜひコロナ後の社会、例えば感染するので人を絶対に触れない世界軸での恋愛とか、そういった先生お得意の極限状況をメインテーマで描いてほしいですね。自分で考えたのに、自分で言いますが、あーそれすごくおもしろそう。 追記: こそっと書きますね。作品途中でゾクゾクっとしたある一コマがあるんですけど、みなさん気づきました? 作中、そのコマについて説明全くないところがさすがARUKU先生だと感心しました。 追記の追記: BLアワードの還元はランクイン作品だけでしたね。ランクイン逃したのは、他のシリーズ部門ノミネート作品に比べてこの作品は一般受けしないからかも。でも、良い作品であることには間違いないです! もっとみる▼
  • (5.0) 前へ進め。命の意味を問いながら
    shikimiさん 投稿日:2022/8/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 初めてARUKU先生の作品を読んだのは、この作品の1巻でした。その時の、頭を殴られたような衝撃は今でもはっきり覚えている。 自分が過去読んできた、どんなマンガとも違う異質感。今まで自分が全く経験したことのない感覚だった。 今でもまだその異質感について うまく当てはまる言葉が見つからない。 画面の隅々まで美しい。 世界は終わりに近づいているけど、絶望感はなくて明るく軽やか。 さりげなくそっと置かれた言葉が、割れたガラスみたいに心に刺さる。 ――魂とは何なのか。 なぜ生きるのか、生きる意味がこの世にあるのか――。 この作品はBLというより、この世に生きる命、全てへの愛の歌かな と思った。 2巻を読み終わったあと、いろんな思いが溢れて言葉が出なかった。 【以下ネタバレ注意】 タイトルですが、文字数で削ったけど、本当はこう続けたかった。 ”前へ進め。命の意味を問いながら。この世が終わる瞬間まで” 主人公のはづ君、実は魔法使いでしたが、彼は不老不死に近い存在ではないかなと思いました。 たとえ不老不死でも、世界に終りが来る。 でもこの世が終わる瞬間まで……前を向き夢を追い求める魂の物語なのかな…と。 主人公のはづ君の、もがき苦しみながら求道する姿が、作者様に重なって仕方なかったです。 純度の高い、魂の結晶のような作品。 この作品、2巻で完結かと思ったら、3巻もあるのですね。 よかった。本当によかった。 心して3巻を待ちたいと思います。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

たましいを探す旅
分析:まゆびー(シーモアスタッフ)
羽繕と、羽繕が縫い上げたゴドー人形のたましい探しの旅は、1話ごとに様々なものと出会い、手を差し伸べつつ、続いていきます。圧倒的な世界観が病みつきになるARUKU先生のファンタジーは、一つ一つのエピソードが胸に迫って涙を誘います!愛について深く考えさせられるこの旅。結末がとても気になります!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ