電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 1巻

600pt/660円(税込)

300pt/330円(税込)
2/9まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【20年前、僕をいじめたアイツ。その娘が今、自分の教え子に…。】
中学校の教師となった相沢は、同窓会でいじめを受ける元凶となった鈴木と再会する。「いじめられる方に原因がある」と言い放つ鈴木に対し、「変わっていなくてよかった」と安堵する相沢。20年前、僕をいじめたお前の最愛の娘が自分の教え子だとも知らずに…
(C)2020 Chikara Kimizuka (C)2020 Yen Hioka

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全6巻完結

  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 1巻

    600pt/660円(税込)

    300pt/330円(税込)
    2/9まで

    【20年前、僕をいじめたアイツ。その娘が今、自分の教え子に…。】
    中学校の教師となった相沢は、同窓会でいじめを受ける元凶となった鈴木と再会する。「いじめられる方に原因がある」と言い放つ鈴木に対し、「変わっていなくてよかった」と安堵する相沢。20年前、僕をいじめたお前の最愛の娘が自分の教え子だとも知らずに…
    (C)2020 Chikara Kimizuka (C)2020 Yen Hioka
  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 2巻

    600pt/660円(税込)

    【いじめられた相手を赦した人間などいない。】
    「見てよ鈴木くん、20年前に僕に与えた罰を最愛の娘が受けているんだよ」エスカレートしていく詩織へのいじめ。ほんの数日前まで親友だと思っていた友達はもういない。抵抗する気力も失い、自らに原因があると自己否定へと向かう。20年前の僕と同じ状況だ…。
    (C)2021 Chikara Kimizuka (C)2021 Yen Hioka
  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 3巻

    600pt/660円(税込)

    【いじめ加害者の悪行を世にさらすのは是か非か?】
    「理由なんて関係ない。いじめる方が悪なんだ。」それなのに常に我慢を強いられるのは被害者ばかり。もう我慢する必要なんてないんだ。いじめた人間は罰を受けるべきだから…。君が望むなら、相手にも一生消えない傷を負わせることができる。
    (C)2021 Chikara Kimizuka (C)2021 Yen Hioka
  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 4巻

    600pt/660円(税込)

    【いじめをした人間に更生など望まない。】
    「いじめをした人間に更生なんて望んでいない、ただ罰してほしいだけだ…。」何年経っても忘れることのできない当時の痛みや苦しみ。しかしいじめた側はそんなことを微塵も気にせずに人生を送り続けている。綺麗ごとはやめよう、この世からいじめをなくしたいのならば…。
    (C)2022 Chikara Kimizuka (C)2022 Yen Hioka
  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 5巻

    600pt/660円(税込)

    【20年前、教室で独り願っていた。君達のような存在を…。】
    「20年前、あの教室でずっと願っていた。君達のような存在がいたら…と。」自らの過ちを後悔し謝罪をする者、損得なしに救いの手を差し伸べてくれる仲間、そんな人間がいれば僕と君の人生も何か変わっていたのだろうか…。
    (C)2022 Chikara Kimizuka (C)2022 Yen Hioka
  • いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 6巻

    600pt/660円(税込)

    【君は変わらない。でも、世界は変わる。】
    後悔はしていないのかい? 何度も変わるチャンスはあったはずだ…。でも君みたいな人間は、いつだって大切なものを失ってから気付くんだ。さあ、改めて聞かせてくれないか。「いじめる人間といじめられた人間、どっちが悪いのか?」君の答えを…。
    (C)2022 Chikara Kimizuka (C)2022 Yen Hioka

レビュー

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?のレビュー

平均評価:4.2 35件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 復讐はする。だがざまあでも胸糞でもない。
    てとさん 投稿日:2023/1/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初だけ読んで判断しないでほしい作品です。確かに最初のうちは主人公の心情がわからなくてハラハラソワソワしましたが、終盤の詩織ちゃんとの会話で行動原理と葛藤が理解できます。できればそこまでは読んで…! 主人公の行動は全面的に肯定派です。被害者が我慢とか、意味がわからない。けどそれが現状だというのは本当に虚しいことです。いじめに限らず。別作品の「日本は犯罪者に優しい国だな」ってせりふに心の底からほんそれ!って思いましたが。主人公の行動が社会に少しでも波紋を呼べたならよかったな、と思います。 個人的には加担しながらも良心を取り戻した由美ちゃんとフラットな真中くんの存在に救われました。誰の隣にも、そういう人たちがいてくれたら…ね。(真中くん、ひとごとで無責任な発言してますが、それでも詩織ちゃんや由美ちゃんにフィルターなしで接したり、空気に流されない強さがあったり、詩織ちゃんの精神状態が自分の想像を超えてることを察したり、いい子ですよ…。) (というか、主人公と由美ちゃんママを除いて大人が不甲斐ないな…!) これからも被害者を救っていくだろう相沢先生には、いつか自分のことも考えてほしい。幸せになってほしいです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 全て正しいとは思わないけど、それも正解
    kenさん 投稿日:2022/2/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 本当に、なんで加害者が罰せられずに日常生活を送れて、被害者が苦しんで生きていかないといけないのか。 最後のシーンで無能な親が「教師ならこんな方法じゃなく、更生できるように指導しろ」みたいなこと言ってたけど、そんな根性論で更生出来るなら、令和になった現在イジメがそこまで問題になってない。 目先の事しか見えず、自分では具体的な解決策も浮かばないで〇〇なんだからどうにかしろとか言う人間も、過去にイジメをしてたり、会社でパワハラとかしてるんだろうな。 しかも無意識に。 今まで、教師が更生させようとする方法でイジメが無くならないのだから、これから出来る方法で解決するしか無いだろう。 イジメを無くすという目的では、この漫画で教師の行った方法は正解だと思う。(証拠の残し方、加害者が罰せられるという考えは) 救われたと思う被害者が居て、罪を犯した加害者が罰せられていて、当たり前の光景。 今は車にカメラ付けて煽り運転とかも必要に応じて罰せられているし、町にも防犯カメラがある。 盗撮が問題だと言うなら、学校にも防犯カメラを付けて、生徒にも携帯、もしくはカメラを持たせればいい。 昔はスマホも無いし、カメラも高いから出来なかったけど、今なら出来る。 学校に限らないけど、もっと今以上にイジメが問題視されて、無くなる仕組みができて欲しい。 小、中学時代、一人でイジメを抱え込んで辛かったけど、高校から離れた定時制高校に入って、それからは楽しい生活を送れた。 加害者が幸せな人生送ってるのかなとか思うことがあって、その度に涙出てくるけど。 イジメにあってる子、きっと楽しい事もあるから、信用出来る人を頼って戦って欲しい。 続きを読む▼
  • (5.0) 相沢先生がかっこよすぎる
    madokaさん 投稿日:2023/1/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 相沢先生が味方だとわかってからは頼りがいがありすぎて安心して読めます。 加害者側はちゃんと成敗され、被害者は救われます。 胸くそモノではありません。 いじめをもみ消しに来た加害者側の親(権力者)と、いじめを隠蔽しようとする学校側。それに怒る詩織ちゃん(いじめ被害者)に、相沢先生が言った「先生に任せておけ」って言葉が、じーんって来た。そんなこと言える先生、現実にはきっと一人もいないだろうと思えるだけに、まじでかっこよすぎる。 いじめ加害者に身体的苦痛で復讐するタイプのものって最近多いけど、ここまで徹底的に現実的にこらしめてくれる漫画はあんまりないかも。 おもしろかったのは、「ここまで加害者をこらしめる必要あるのか?」と最後まできれい事を言う真中くんというキャラを作ったこと。詩織ちゃんはきれい事を言う真中くんより、加害者を徹底的に追い詰める相沢先生の手をとった。あの描写が、一番生々しくいじめ被害者の心情を書いてくれているようだった。いじめられたことがない人は、「加害者を追い詰めるな」みたいなことをいじめ被害者にむかって平気で言えるんだよね……ある意味真中くんが一番残酷で胸くそだった。 続きを読む▼
  • (5.0) 因果応報
    ぴろみつさん 投稿日:2022/11/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 いつの時代も無くならないのが【いじめ】。戦争と同じだな。全部が全部とは言わないけれど、いじめも戦争も仕掛ける側が悪い。この漫画はいじめを受けた側が教師となり、当時のいじめっ子に復讐していくお話し。かなり壮絶ないじめを受けていた主人公。よく、生きていてくれたものだと思う。復讐というモノを肯定するつもりは無いが、生きていく糧として必要ならアリだと思う。残念だけど、人間がいる限りいじめと戦争は無くならないと思う。個人的には主人公の生き方は【アリ】です。 続きを読む▼
  • (5.0) どこまでが加害者?
    ナイスーさん 投稿日:2022/1/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごい真面目にイジメの問題に斬り込んだ漫画だと思う。まだ4巻までしか出てないからこれから内容が変わるのかもしれないけど今のところは凄く興味深い。イジメの加害者のボーダーラインってホントに難しいんだなってこの漫画を読んで思った。不倫やらちょっと子供に読ませにくい内容も入っているけどイジメ問題のところだけなら多感な中学生とかに読んでもらって自分の気付かない間に加害者になることもあるんだって事を知ってもらいたい。 続きを読む▼
  • (5.0) すごい
    かゆさん 投稿日:2022/1/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 「学校は治外法権」まさにその通りだと思いました。いじめは何歳になろうがあるし潜在化しやすい世の中で相澤先生の被害者を守ろうとする姿はやり方は変わっていても凄いと感じました。被害者が自分の身を守る術を教えてくれます。 もちろん私はいじめの被害者にも原因があるなんて微塵も思いません。なよなよしてるから消極的だから金持ちだから、うざいから。などと加害者は言いますそれはいじめていい理由にはならないからです。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

いじめは「因果応報」連鎖していく
広報:扇風機おじさん (シーモアスタッフ)
主人公の相沢は、20年前に体に傷が残るほどの壮絶なイジメを受けていた。そして同窓会で20年ぶりにイジメの主犯である鈴木に再会。当時のことをまったく反省せずに「イジメられる奴にも原因がある」と告げられる…。鈴木の愛する娘・詩織が同じ目に遭っても娘に同じ事が言えるのか?なんと詩織が通っている中学校の担任教師が相沢だったのだ!イジメられっ子だった相沢が大人になって、イジメをしていた鈴木の娘に復讐を始める?!原作:君塚力(きみづかちから)先生、漫画:日丘円(ひおかえん)先生が贈る、まさしく”因果応報”なドロドロしたイジメの復讐ストーリー。イジメのシーンは心が悲しくなるが、復讐していく様子が不謹慎だけどワクワクしちゃう!やったれ相沢!という気持ち(笑)鈴木のクズさにイライラする~!続きが気になります。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ