マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックシュークリームfrom RED夜明けの唄【単行本版】夜明けの唄 1【単行本版(電子限定描き下ろし付)】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

夜明けの唄 1【単行本版(電子限定描き下ろし付)】

740pt/814円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

圧倒的な筆力をたずさえた、
新鋭・ユノイチカのデビューコミックス!

「ずっと貴方のそばにいます」
「…残酷なガキだ」

黒い海からくる化け物と闘うたび、
命が蝕まれてゆく戦巫子のエルヴァ。

それを知った少年アルトは憤り、
エルヴァが救われる術を探しながら、
そばにいることを誓う。

そうして8年――。
アルトは精悍な青年へと成長した。
ともに過ごす日々で降りつもった恋心を、
そっと胸にしまったまま…。

一方、数年の命と思われたエルヴァは、
何故かアルトと過ごすうちに
回復の兆しをみせていて…?

健気に恋する忠犬ワンコと、
無愛想な愛し下手が紡ぐ
ファンタジー・救済ロマンス、第1巻。

◆収録内容◆
「夜明けの唄」1~4話
電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • 夜明けの唄 1【単行本版(電子限定描き下ろし付)】

    740pt/814円(税込)

    圧倒的な筆力をたずさえた、
    新鋭・ユノイチカのデビューコミックス!

    「ずっと貴方のそばにいます」
    「…残酷なガキだ」

    黒い海からくる化け物と闘うたび、
    命が蝕まれてゆく戦巫子のエルヴァ。

    それを知った少年アルトは憤り、
    エルヴァが救われる術を探しながら、
    そばにいることを誓う。

    そうして8年――。
    アルトは精悍な青年へと成長した。
    ともに過ごす日々で降りつもった恋心を、
    そっと胸にしまったまま…。

    一方、数年の命と思われたエルヴァは、
    何故かアルトと過ごすうちに
    回復の兆しをみせていて…?

    健気に恋する忠犬ワンコと、
    無愛想な愛し下手が紡ぐ
    ファンタジー・救済ロマンス、第1巻。

    ◆収録内容◆
    「夜明けの唄」1~4話
    電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)
  • 夜明けの唄 2【単行本版(シーモア限定&電子限定描き下ろし付)】

    740pt/814円(税込)

    海に落ちたアルトは、
    流れ着いた先で西の覡(かんなぎ)マニエリに
    介抱されていた。

    一方、不安に苛まれながらも、
    南の海を離れられないエルヴァは
    唯一、化け物が現れない新月の夜を待って、
    アルトを探しに走った。

    なんとか再会を果たすと、
    張り詰めていたものが切れたエルヴァは涙を見せる…。
    そんなエルヴァに、あふれでる愛しさを抑えられなくなってしまったアルトは――。

    「俺の気持ちは
    伝えちゃいけないんだろうか」

    「愛だの恋だの…必要ない」

    離れたぶんだけ、想う気持ちが深くなる。

    一途なワンコ従者と無愛想クール主人、急接近の第2巻。

    ◆収録内容◆
    「夜明けの唄」5~9話
    単行本収録描き下ろし4P
    シーモア限定描き下ろし(おまけ漫画1P)
    電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)※「電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)」は全電子書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • 夜明けの唄 1【20P小冊子】

    150pt/165円(税込)

    本編から遡ること数年。
    エルヴァと出会った頃からアルトが18歳になるまで、
    ふたりはどんな日々を送っていたのか?

    12歳・14歳・16歳のアルトとエルヴァの日常を
    誕生日と恋を絡めて綴ったショートストーリー集。
    ふたりの解像度がグッと上がる、ファン必読の短編!
    ※本電子書籍は2021年8月6日発売 紙コミックス『夜明けの唄 1』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。
  • 夜明けの唄 2【20P小冊子】

    150pt/165円(税込)

    アルトとエルヴァがまだ出逢って間もない頃。
    クリスマスの日を目前に、エルヴァに「家族で過ごせ」
    と言われてしまったアルト。
    しぶしぶ家族と居ることにしたけれど……?

    成長したアルトとエルヴァの、「最近のクリスマス風景」も垣間見える
    ファン垂涎の読切り番外編。
    ※本電子書籍は2021年12月7日発売 紙コミックス『夜明けの唄 2』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。
  • 夜明けの唄 3【単行本版(シーモア限定描き下ろし&特典付き)】

    740pt/814円(税込)

    「愛されてることを わかってほしい」
    「俺は充分なんだ お前がやさしいから」

    想い合う関係となった二人が迎える
    初めての新月の夜。
    エルヴァはアルトに抱きしめられながら
    ゆっくりと、心につかえていた苦しい感情を吐きだす。
    互いの愛おしい気持ちは成長してゆくばかりで、
    触れたいと願った二人はついに――…?

    一方、アルトはレティの隠れ小屋で
    思いもかけない秘密を目にしてしまう。
    果たしてそれは、彼らに希望をもたらすのか?

    スパダリ年下ワンコ×クーデレ戦巫子、
    二人の恋路と島の謎に
    W衝撃展開の第3巻―――!

    早くもシリーズ35万部のファンタジー・ロマンス
    ちるちるBLアワード2022
    BESTコミック部門 第1位ランクイン!
    ◆収録内容◆
    「夜明けの唄」10~14話
    単行本収録描き下ろし4P
    シーモア限定描き下ろし(おまけ漫画1P)
    特典(おまけ漫画1P)※「特典(おまけ漫画1P)」は紙コミックスの応援書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • 夜明けの唄 3【20P小冊子】

    180pt/198円(税込)

    アルトとエルヴァの過去と思い出を紐解く
    ショートシリーズ第3弾!

    「本の話」…図書館の人に薦められた本をエルヴァに貸したアルトだったけれど、その本は…!?
    「料理の話」…アルトの料理がおいしい秘訣をご紹介!

    2人の過去をあたたかく見守る、
    ほっこりショート番外編。
    ※本電子書籍は2022年10月7日発売 紙コミックス『夜明けの唄 3』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。
  • 夜明けの唄 4【単行本版(特典付き)】

    790pt/869円(税込)

    「アルトとふたりならなんでも乗り越えられる気がする」

    レティたちの目的、領主の思想、
    踏みにじられてきた覡の献身…。
    次々と明らかになる事実に傷つくエルヴァだったが、
    どんな時もまっすぐに愛してくれるアルトを信じ、
    もっと深く繋がり合いたいとアルトに触れるのだった。

    そんな中、双子覡の片割れ・ラウナはアルトに問う。
    黒海にも襲われず、墨痣を癒やすあなたは
    何者なのか、と…。

    アルトの一途な想い。
    その根底が揺らぐ、乱高下の第4巻。

    ◆収録内容◆
    「夜明けの唄」15~19話
    あとがき
    特典(おまけ漫画1P)
    ※「特典(おまけ漫画1P)」は紙コミックスの応援書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • 夜明けの唄 5【単行本版(シーモア限定描き下ろし&特典付き)】

    790pt/869円(税込)

    珠玉のボーイズ・ロマンス巨編
    累計85万部突破!

    「黒海だと言われたら
    俺は斬るしかできない…」

    黒海に乗っ取られた領主の妻・ニナから
    衝撃の出自を知らされたアルト。
    エルヴァへの愛情に偽りはないと
    自らに言い聞かせるものの、
    真実を告げることは出来ずにいた。

    ときを同じくして、
    島で貴族を狙った襲撃事件が発生。
    警護に呼び出されたエルヴァがそこで目にしたのは、
    8年前に死んだはずの覡であり、兄のように慕っていた
    ミカイルの面影であった――。

    忌まわしき過去が突きつけられる、
    怒りと追憶の第5巻

    <描き下ろし漫画12Pも収録!>

    ◆収録内容◆
    「夜明けの唄」20~24話
    単行本収録描き下ろし12P
    シーモア限定描き下ろし(おまけ漫画1P)
    特典(おまけ漫画1P)
    ※「特典(おまけ漫画1P)」は紙コミックスの応援書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • 夜明けの唄 4【20P小冊子】

    200pt/220円(税込)

    アルトがまだ片思いをしていた頃。
    デートがしてみたい…と切なる思いで悶え苦しむアルトだったが、
    夜は海へ出て昼は眠るエルヴァとはすれ違いの生活…。
    待望の新月の日にも予定があわず意気消沈していたところ、
    帰宅したエルヴァから思いがけず甘えられたうえ、とある場所へ誘われて…?

    無自覚なエルヴァの振る舞いにドキドキさせられっぱなしのアルトが微笑ましい、
    ふたりでお出かけデート(仮)編!
    ※本電子書籍は2023年8月7日発売 紙コミックス『夜明けの唄 4』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。

レビュー

夜明けの唄【単行本版】のレビュー

平均評価:4.8 1,386件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 絵がとてもきれい!
    アレンさん 投稿日:2024/7/18
    絵がとてもきれいで気になり購入しました!お話もただのエロスではなくて素敵でした!全巻購入しちゃいました!アルトと覡様の心のつながりがとてもいい!続きが楽しみです!

高評価レビュー

  • (5.0) 最新巻まで止まれない
    aiko-さん 投稿日:2024/5/11
    絵がきれい。 表情が良い。 テンポが良い。 キャラクターが愛くるしい。 ストーリーのスケールがちょうど良い。 ミステリー要素もあるけど複雑過ぎず、ファンタジーだけど荒唐無稽過ぎず、読者が置いてけぼりになるほど壮大過ぎず、テーマは深 刻だけど描写は暗すぎず、もちろん子供だましでも無く話の筋はブレずに矛盾も無し、ストーリーもしっかり作り込まれていて、世界感も好き。 変に焦らされることもなく、簡単にバラされるわけでもなく、ストレスを感じずに純粋にドキドキワクワクしながら読み進められる。 美しい絵にうっとりしながら読むのにも丁度良いテンポ。 とにもかくにも絵が美しい。デッサン狂い無し。人物の表情、体つき、服の皺にしても適切で立体的。 背景も丁寧でうるさくなく、読者没入の要因のひとつ。 これが初コミックスなんて、正気ですか!? 1巻を四分の一ほど読んだ段階で既に好き過ぎて、 半分ほど読んだところで、残りの既刊を全てまとめ買いして心を落ち着かせてから続きを読みに戻りました。 そして1巻を読み終えた段階で、辛抱堪らず興奮しっぱなしでレビューを書いています。 そしてこのあとどうなるのか知りたすぎて、早く2巻をめくりたいけど 多分最新刊まで止まれないだろうから トイレに行ってお茶を煎れて、準備万端にしてから戻ります。 海の謎について、これから深掘りされていくのでしょう。 新たな登場人物も出現して、どんどん世界が広がっていく予感がします。 いつもBL読んでる時は「早く両想いに!」「早く一線を超えるのだ!」などと邪な気持ちが先行しておりますが、今作はもうそんな邪念が入り込む余地がありません。 ただただ作品に没入し、圧倒されながらページをめくるのみです。 ******* 最新巻まで読みました。途中の小冊子も全部。 他のレビュアー様たちは途中でやめちゃった という方もいらっしゃるようですが、 私は全く熱量は落ちておりません! 1巻に比べると、2人だけの時間にページを費やす割合が増えているように感じますが、 それはBLファンの私にとっては嬉しい以外の何物でもない。 BLというよりあくまで漫画としてのストーリーを重視する方には、間延びしているように感じるのかもしれませんが、ちゃんと確信に迫ってきています。 今後、2人が葛藤する真実が明かされたりしそうな予感ですが、ハッピーエンドを信じて読み続けます! もっとみる▼
  • (5.0) 4巻を読了、アルトにお礼を言いたい。
    梅干しさん 投稿日:2023/8/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 心を掴まれ、それが故に茫然とした。自分にはそれほど衝撃的だった。自覚すると衝撃を受けたことにも衝撃だった。 “無理して自分を受け入れなくてもいい”。 4巻で続々と明かされる物語の一方で、同性同士の恋愛についても作者様の考えが示されているように思う。語弊を承知で言えば、BLではよくあることで、既に様々な文法で擦られた話だ。その流れからの「ありがままを受け入れる」「ありのままの自分で良い」。これはBLに限らず、一世を風靡した文言でもある。 一世を風靡しただけあってなるほどその通りなのだと思う。その通りなのだと思うけれど、どこか苦しく感じる自分もいた。何故息苦しく思うのか理由は分からず、ただ自分が天邪鬼なのだろうと思っていた。 しかし、その後のエルヴァとアルトのやり取りに、瞬間動転した。 理想の姿、おそらく手にしただろう自分の姿とはかけ離れた現在の自分の姿に失望しているエルヴァ。その自分自身を受け入れられないことは、そんな自分を愛してくれる最愛の人にも反するようで葛藤する。ありのままの自分を受け入れるべきなのだ、と。 そんなエルヴァに対して事も無げにアルトが言う。”無理して自分を受け入れなくてもいい”と。 心にあった息苦しさを発する痼りから、あっさりと解放された。そして自覚した。ありのままの自分を受け入れることが出来ない自分を。何故息苦しさを抱えていたのか判ったことに衝撃だったし、自分にそのような殊勝な部分があったことにも驚いた。 判ってしまえば、とても嬉しい。無理に自分を受け入れる必要などないのだ。それこそ、自分を受け入れられない自分を認めてしまえば良いだけのことだ。自分を受け入れられないことは悪ではないし、何を自分は勝手に苦しく感じでいたのだろうとさえ思う。 エルヴァがそれまで何ページにも渡って葛藤していたのに、アルトに言われ、あっさり1ページ程で解放される。その心境はまさしく自分のものと一緒で、それも嬉しい。本当にそうなのだ。漫画の登場人物の、大コマでもないセリフにあっさり救われた。 本格的なファンタジーで設定もストーリーもとても作り込まれていると思う。当然セリフも丁寧で、私もアルトにお礼が言いたい。アルト、すごい。ありがとう。 続きを読む▼
  • (5.0) 素晴らしい魅力で惹き付けられて
    vamさん 投稿日:2021/8/29
    凄いです!凄すぎて感動に心が震えます。まだ未完ですが、独りでスタンディングオベーションしたいくらいに見事な作品です。私の中の拍手喝采は、しばらく鳴り止みません。指笛出来ないのが悔しいな。 なんという世界観!非の打ち所がない緻密な設定、完璧 なストーリー展開、美しいほどの画力、全てにおいて確立された初コミックスに、感嘆のため息が漏れてしまいます。こんな作品に出会いたかった。BLでありながら、ファンタジーな世界に引き込まれて、その面白さにBLである事も忘れてしまいそう…でも、ちゃんと恋も期待出来るから素敵なんですぅ。人物の魅力がずば抜けて良く、主人公二人の関係にもワクワクと心を踊らせながら、楽しめると思います。重厚でありながら、決して重苦しさはなく、未来への期待しかないですね。 黒い海から来る魔物と闘う戦巫女のエルヴァ。島民を守る存在でありながら、孤独にカンナギ小屋で暮らすエルヴァが切ない。己の命の寿命を削りながら闘うエルヴァの側にいると誓った少年アルトが、可愛くて可愛くて。アルトの存在そのものが、エルヴァの心の救いですが、アルトの治癒能力の謎も非常に興味深いです。 成長してすっかり男らしくなったアルトも、これまた素敵ーーー。こうなるとBL魂がざわつきますよね。エルヴァがフッと見せた微笑みが美しくて、そして可愛い人なんですぅ。お互いに大切に想い合ってるのが、溢れんばかりに滲み出てるさりげなさが、キュンキュンします。小さかったアルトの体格も大人の男となって、身も心も優しくエルヴァを包み込んで癒してくれそう…ふっふっふ。楽しみだぁ。 望んで自ら戦巫女となったわけでもないカンナギ達の孤独が、魂の奥底から叫んでそうで切ないです。彼等の救いはどこにあるのか… 夢中になり過ぎて、あっという間の一巻で、え〜!どうなるのぉ?ってところでto be continued……続きは、分冊版の 5話から読めます! エルヴァの墨痣と運命は?二人の恋はどう展開していくの?海の魔物はどうなるの?カンナギ達の未来は?修道院の怪しい謎は?色んな事が気になって仕方ない救済ロマンスです。 そして、そして待ちに待った2巻の発売に興奮です!また更新します。 もっとみる▼
  • (5.0) 至高のファンタジーBL
    そるとさん 投稿日:2021/8/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 黒い海の化け物から村人を守り、呪いを受け命を削りながら覡としての宿命を背負い生きる巫女のエルヴァ様。エルヴァ様は芯が強く、覡としての役割を果たす一方で、呪いから村人より忌み嫌われ、人とは距離をとって生活していました。 そんな中、村人に住む少年アルトはエルヴァ様と出会い、黒い海の化け物や覡の仕事を目の当たりにします。一緒に過ごしていく中で、エルヴァ様の強く逞しく生きる一面と、孤独で寂しい言葉や表情からアルトはエルヴァ様のそばにいたい、呪いから解放したいと思うようになります。その言葉を聞いて、エルヴァ様自身も、心を開いていきアルトをとても大切に感じる様になります。 お互いにとってお互いが大切であり、なくてはならない存在へ変化していく様がとても丁寧に描かれています。 アルトのエルヴァ様大好き描写がとてもかわいいのですが、エルヴァ様が時折みせるアルトへの優しい顔や、笑顔、嫉妬などのギャップも堪らなく萌えます。 恋人のような、母のようなエルヴァ様は女神でとても美しい…のに覡の宿命に仕方無いと話す姿やアルトを大事に想う姿をみているととても切なくなります。そんなエルヴァ様を救いたいと想うアルトの存在は大きく、出会えて本当によかったなと感じられます。 覡の謎や黒い海の化け物の真相が少しずつ明らかになっていきますが、ストーリー構成やキャラクターの心情描写が魅力的で読み入ってしまいます。エルヴァ様とアルトの2人以外も登場するキャラクターが魅力的で今後どのように関わってくるのか楽しみです。 まだお話は続いていますが、1巻だけでもボリューム満点で読み応えたっぷりです。ユノイチカ先生の綺麗な絵と魅力ある世界観、キャラクターがとにかく至高です。ワンコ攻め、強くて芯がある美人受けが好きな人はもちろん、「夜明けの唄」はストーリーがとても丁寧でハラハラドキドキする展開は読んでいて惹き込まれていきます。電子おまけの1枚もとにかくかわいくて、アルトとエルヴァ様の日常をずっと読んでいたいなと感じました。 待ちに待った大好きな先生のデビューコミックス、たくさんの人に読んでいただきたい作品です。素敵な作品を生み出してくださりありがとうございます。 続きを読む▼
  • (5.0) 超弩級にオススメBLファンタジー開幕!
    MWさん 投稿日:2021/8/6
    はい、ついに単行本出ましたよー!!超絶弩級にオススメ、異世界ファンタジーで新刊デビュー作(マジですか?!**調べたら同人界で既に有名な作家さんでしたね**) 単話で連載時から現在までレビュー件数330件以上で星4.9!!面白くないわけがない !とにかく絵が綺麗でファンタジー世界設定がしっかりしていて無駄なコマが一つもなく、BLにしなくても面白い。なのにボーイズがラブしたらもっと面白くてたまらない! 岬の果ての小屋にひとりで住み、夜な夜な黒い海から襲ってくるモノから島民を守って恐れ奉られている覡(かんなぎ)様に、村に住む10歳のアルトは食料を届けるお使いを頼まれる。恐る恐る小屋に近づくとそこにいたのは、真っ白な髪で額に印をもち手に墨のような痣をもったまだ子どもに見える綺麗な人だった。覡の過酷なさだめを受け入れて、毎夜闘う強くてうつくしくて寂しいエルヴァ様の宿命を変えるために、アルトは彼の側にいることを決意したのだった。。 そして年月流れて8年後、この切り替わりのシーンも素晴らしい、で、さあはい、みんなで叫びましょう、この体格差!が、す、て、き! 表紙ではあまりわかりませんが、小さなワンコだったアルトが成長して、大きくて従順な長髪ワンコになってますよ。このふたりのビジュアルを創っただけでもう星5つ。民族衣装やしっかりした世界観で星2つ増し、謎めいた設定と魅力的な脇キャラと重厚なストーリーで更に星3つ増しで星10個ですわよ、みなさん。買わなくて、読まなくてどうする?! 単話で深夜12時買いしていてもちろん単行本でも秒速買い。単行本には4話まで収録されてました。単行本は良いところで終わってるので、気になる方はぜひ単話へこのまま光速で是非どうぞ〜。現在7話まで出ていて、ヤバいっす。あのアルトが、エルヴァ様が。。。BL方向に大幅にアクセル踏んで加速してます。 電子限定描き下ろしは1ページのみですが笑かせてもらいました。100個まであと少し、頑張れアルト! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

圧倒的なファンタジー
営業:チョコボール(シーモアスタッフ)
こんなBLを待っていた…!作り込まれた物語と世界観にきっと圧倒される、ユノイチカ先生初BLの大人気作です。救うすべがないと思われた戦巫子・エルヴァの運命が、アルトとの日々で和らいでいく過程は読みごたえたっぷり。健気で忠実な年下ワンコの成長にはグッときます。体格差にも注目ですよ♪
壮大なファンタジー
営業:ラッキーボーイ(シーモアスタッフ)
ユノイチカ先生のデビュー作のこちら、読みやすいのにとても読みごたえのある大人気作です!謎の黒い海の化物と戦う覡(かんなぎ)・エルヴァと、彼を癒す力を持つアルトの物語。骨太ファンタジーながらBL的萌えもあり、エルヴァに覆いかぶさるほど体格も大きくなったアルトの献身にはキュンときちゃいます!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ