マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ小学館ビッグコミックススペシャルビッグオリジナルミワさんなりすますミワさんなりすます 1
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

なりすまし家政婦×イケオジ俳優の恋愛劇

映画マニアのフリーター・久保田ミワは、敬愛する国民的俳優・八海崇が家政婦を募集していることを知る。八海邸へ偵察に行ったミワは、偶然の事故により、マネージャーに本物の家政婦と間違えられ、その日から“なりすまし”家政婦として、彼の家で働くことになってしまう。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

  • ミワさんなりすます 1

    700pt/770円(税込)

    なりすまし家政婦×イケオジ俳優の恋愛劇

    映画マニアのフリーター・久保田ミワは、敬愛する国民的俳優・八海崇が家政婦を募集していることを知る。八海邸へ偵察に行ったミワは、偶然の事故により、マネージャーに本物の家政婦と間違えられ、その日から“なりすまし”家政婦として、彼の家で働くことになってしまう。
  • ミワさんなりすます 2

    700pt/770円(税込)

    この嘘は、罪なのか!?

    生涯イチ推しの国民的俳優・八海崇の家政婦と間違えられ、働くことになったミワさん。
    出来心で家政婦になりすましたことを打ち明けられず、苦悩しながらも憧れの八海との幸せな時間を積み重ねてしまう。
    そんなある日、家政婦紹介所からの電話を八海のマネージャー・藤浦が受け、
    なりすましが、ついにバレてしまうのか…!?
  • ミワさんなりすます 3

    700pt/770円(税込)

    ニセモノvs本物!!

    映画マニアのフリーター・久保田ミワは、
    敬愛する国民的俳優・八海崇の家政婦に
    “なりすまし”彼の家で働くことになってしまう。
    “推し”と同じ空気を吸える職場で、
    奇跡のロマンスに浸っていたミワだったが、
    なりすました当の本人、美羽さくらが現れて、事態は急変…!?
    “推し”への愛ゆえに犯してしまった、
    なりすましの罪は、許されるのか…!?
  • ミワさんなりすます 4

    700pt/770円(税込)

    推しと銀座で、お忍びデート!?

    ひょんなことから、推しの俳優・八海崇の家政婦になりすました久保田ミワは、ついにホンモノの美羽さくらと対面。なりすましの経緯を全て告白したが、ホンモノ美羽も、実は八海ファンであった。二人で手作りしたクッキーを八海に渡す羽目になるが、クッキーには美羽さくらの書いた手紙が潜ませてあり、それを読んだ八海から、プライベートで食事に誘われて……!?
  • ミワさんなりすます 5

    700pt/770円(税込)

    モラハラ元カレ・紀土くん、来襲!!

    生涯イチ推し俳優・八海崇と奇跡のお忍びデートを終えた久保田ミワは、幸せな気分で、なりすまし家政婦を演じ続ける。しかし、ある日の帰り道、モラハラ元カレ・紀土健太郎に再び遭遇。ミワとの復縁をひそかに狙う紀土から、昔のバイト仲間たちと一緒に飲みにいこうと誘われて、断れないミワ。紀土の巧妙な策略がじわじわとミワを追い詰めて…!?
  • ミワさんなりすます 6

    700pt/770円(税込)

    八海 崇に近づく、新たな女性が…!!

    なりすまし家政婦の日々で
    出会った人々との親交が深くなるにつれ、
    重い罪悪感に苛まれるミワさん。
    なりすましが明るみになれば、
    人の良い彼らの好意も信頼も、
    全て裏切ることになる。
    それは彼女にとって、死ぬよりも辛いことだった。

    一方、ミワが崇拝する国民的俳優・八海 崇の前に、
    ハリウッドから人気女優・五十嵐 凜が現れて…!!
  • ミワさんなりすます 7

    700pt/770円(税込)

    TVドラマ2023年秋放送開始!!

    国民的俳優・八海 崇の家政婦になりすまして3か月――嘘を続ける罪悪感、美羽さくらへの奇妙な忠誠心、そして八海への敬愛、複雑な感情の渦中で、ミワの心が揺れる頃、人気女優・五十嵐 凛が八海に急接近!? しかも、撮影現場で偶然、凛と知り合ったミワは、彼女と休日に会うことになり……!??
  • ミワさんなりすます 8

    700pt/770円(税込)

    TVドラマ化!2023年秋放送スタート!

    なりすましの罪悪感と、八海 崇への愛の狭間で揺れるミワの心。
    このまま嘘を続けて、運命に身をゆだねていくだけでいいのか。
    そんなミワに投げかけられた、八海の言葉───
    「私は必ず、意志を忍ばせる。」
    彼の行動に忍ばせた“意志”は何を示しているのか…!?
    そして、なりすまされた当本人・美羽さくら。
    彼女の“意志”は、どこへ向かっていくのか…!?
  • ミワさんなりすます 9

    700pt/770円(税込)

    ミワさん&さくらを完全否定する強敵出現!

    なりすましの対価として、美羽さくらに、
    なんでも言うことを聞く覚悟を伝えたミワさん。
    そこで美羽さくらは、八海崇が出演する
    映画の打ち上げパーティの給仕バイトにミワさんを誘う。
    芸能界の実力者たちが集まる、豪華な宴会場で出会ったのは、
    パーティを取り仕切る映画プロデューサー・甲 音々だった…!!
  • ミワさんなりすます 10

    700pt/770円(税込)

    映画マニアの久保田ミワは、憧れの国民的俳優・八海崇の家政婦になりすまし彼の家で働く。なりすましの当本人・美羽さくらに誘われ、映画の打ち上げ会場で八海との接近を試みるが…!?
ドラマ化

「ミワさんなりすます」

【出演】

出演:松本穂香 堤真一

レビュー

ミワさんなりすますのレビュー

平均評価:4.5 114件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 先が読めなくて楽しい。
    rackkiさん 投稿日:2024/7/15
    絵がいい感じで素敵、ストーリーもどうなるのか先が読めなくてハラハラドキドキ、楽しい! 国民的俳優の八海崇が現れる場面は、まるで映画のシーンのように観えて、漫画家・青木U平さんの画力が冴えているんだろうなと思った。 主人公のミワさん、応援 してる! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ドツボ
    珊瑚さん 投稿日:2024/1/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画を読んでからのドラマを観てからの、また漫画。 自分としては八海様の実写の俳優さんイメージは役○○司さんだったので、ドラマ化は最初、うーんと思ったけど、全然ドラマも良くて。とにかく役者さん達皆んな良かった。音楽も良かった。しっかり楽しみました。でも完結していない漫画を原作にしてドラマ化するのって。。。どうなのでしょうか??。途中からストーリーが苦しくなって、絶対的に最終回に無理がありますね。それはそれとして、漫画の作品の方が、その独特雰囲気と流れは読んでいてかなり面白い!シリアスでは無いけど、なんかシリアス?風。でも笑えるし。自分のような昭和生まれには、懐かしい雰囲気も漂っていて。。なんだろう不思議な。ガロ風? オタク心に刺さります。誰もが夢見たような世界、本当命かけて好きでいたらいつかは届くかもという幻想。憧れの芸能人に近づくという。それは現実にあるかも知れない。。と思わせてくれるドキドキの物語です。 続きを読む▼
  • (5.0) もうとにかく最高
    ELLEさん 投稿日:2022/8/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 しがないフリーターでレンタルビデオ店でバイトをしていた主人公がクビになったある日、映画オタクが神と崇める世界的俳優宅の家政婦募集の求人情報を見つけ、自分は応募する資格がないと諦めつつも、家の前まで足を運んだところ、偶然にも採用されたであろう家政婦さんが、目の前で車にはねられると言う衝撃的なところからスタートします(笑) その後、マネージャーさんに採用されたであろう家政婦さんと間違われ、有耶無耶にしながらも推しへの想いに【なりすます】事に(笑) そんな家政婦としての日々が面白可笑しく綴られているのですが、とにかく空気感が最高!!そしてストーリー展開も実に巧妙で続きが気になるところでいい感じに終わります(笑) 最新巻まで全て読みましたが、も〜早くも続きが気になって気になって仕方ありません♪ 八海さん、マジでイケオジすぎて私もファンになっちゃいそうです(笑) 続きを読む▼
  • (5.0) 現実にありそうなナチュラルさ!
    koikeさん 投稿日:2024/4/4
    ヒロインのミワさんに一目惚れとか、ミワさんが愛する八海さんの過去の傷を癒やしてあげてそこから気になる存在に…とかそういうわかりやすい惹かれ方ではなく、何が八海さんの心の琴線に触れたかわからないけど、しかし日常の些細なことが確かに彼の心を動か して、それが積み重なっていくのがたまらなく自然で穏やかで心地よいです。 激推しの家政婦に入れ替わりでなっちゃうとか、なかなかあり得ない妄想シチュエーションですが、こういうじわじわと距離が縮まっていくのは現実にありそう!と感じてドキドキしちゃいます。 端正な絵も相まって物語は淡々と進んでいきますが、ミワさんの八海様が爆発したり、さくらさんのように時々バグってキャラ変したりでクスッと笑えるところもたくさんあります。 この先どうなるのか?気になります! もっとみる▼
  • (5.0) 「でもやるんだよ」に背中を押され・・・
    me*さん 投稿日:2024/1/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイトルの付け方がまず絶妙で「何に?何のために??」と興味をそそられますよね。私は結構「ついやってしまいました・・・テヘ。」的な可愛らしいものを想像していたのですが、読んでみてびっくり!ガッツリ犯罪級の実際にあったらホラーななりすましだった〜!! 29年間自己主張しないで生きてきたヒロインが 初めて自己主張して手に入れたポジションが憧れの俳優・八海崇のなりすまし家政婦で、そんな彼女の背中を押したのが皮肉にも八海の「でもやるんだよ」というセリフというのがなんだか因縁めいていて、痺れましたね〜。 バレてしまうのではというハラハラ・ドキドキ感と、そうなったらヒロインは一体どうなってしまうのだろうという好奇心でどんどん読まされてしまう、読者の心を捉えて離さないパワーを感じる作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) すごく良い!!
    木蓮さん 投稿日:2022/7/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 一巻を読んで。今のところ。 おもしろいです!!…独特…誉めてます。 どういう心づもりで読んだらいいのかという気持ちも束の間、コメディ!!(笑) 脳内コトバが多いミワに対して、推し俳優の八海崇が纏う空気感、優雅な雰囲気の差が、より笑いを誘う。 中盤でこれ映像化したら絶対おもしろいと感じた。(既にあったらスミマセン) 作中のミワのセリフ「高低差…」これ、あの芸人さんを一躍世に知らしめることになったあのセリフを思い出した私はTVの見過ぎでしょうか?作者様、意識して入れたのかな? それからミワの映画オタク、まさに【芸は身を助ける】ほんとなんだなぁ、と。 あ!!大事な事を。画もスゴく綺麗です。ミワの目が印象的です。 続きが読みたいです!! 楽しい作品ありがとうございます!! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

仕事クビからの…推しの家政婦に!
制作:焙煎男(シーモアスタッフ)
久保田ミワは、映画が大好きなサブカル女子。映画を推しすぎてクレームを受けてしまい、レンタルビデオ店のバイトをクビになってしまいます。そんな時に、ミワの推し俳優・八海崇が出している家政婦の求人を発見!好奇心で八海家に行くと、まさかの勘違いでミワが採用されてしまいます。久保田ミワは自分の意見を主張するのが大の苦手。しかし、映画のことならいくらでも話し続けられます。そんなミワが八海崇と対面したら、想いが溢れて止まりません!推しがいる人は、この高揚感や感動に共感できるのではないでしょうか。そんなミワのなりすましは、いつまで隠し通せるのか…?ミワの他にも様々な女性が八海崇に近づいてくるため、今後のストーリー展開も見逃せません。作者は青木U平先生です。小学館の「ビッグコミックオリジナル」に連載し、現在(2023年9月27日時点)7巻まで発売中。ドラマ化も果たした推し活コメディをぜひ一度試し読みしてみて下さい!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ