マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック集英社.Bloom ドットブルームドットブルームコミックスDIGITAL夜明けのリトルマーメイド【電子限定描き下ろし付き】夜明けのリトルマーメイド【電子限定描き下ろし付き】【特典付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

夜明けのリトルマーメイド【電子限定描き下ろし付き】【特典付き】

760pt/836円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【電子版限定:描き下ろし&カラー扉収録!】歌うことが好きな少年・マコトは人前で歌うのが苦手だった。ある夜、海に向かってひとりで歌っているとノブアキという少年に出会う。黙ってマコトの歌を聞いてくれたノブアキに居心地の良さを感じたが、気づけば彼はいなくなっていた。もう二度と会えないと思っていたノブアキと高校で再会したマコトは、彼に恋していることに気が付く。しかし思いを告げられないまま卒業を迎えた。そして再び、大学生になった二人は巡り合い――…。ドライなイケメン男子×健気な一途男子が織りなす、長い長い片想いラブストーリー。

【特典付き】一部電子書店限定で紙と共通の特典が付与されています

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 夜明けのリトルマーメイド【電子限定描き下ろし付き】【特典付き】

    760pt/836円(税込)

    【電子版限定:描き下ろし&カラー扉収録!】歌うことが好きな少年・マコトは人前で歌うのが苦手だった。ある夜、海に向かってひとりで歌っているとノブアキという少年に出会う。黙ってマコトの歌を聞いてくれたノブアキに居心地の良さを感じたが、気づけば彼はいなくなっていた。もう二度と会えないと思っていたノブアキと高校で再会したマコトは、彼に恋していることに気が付く。しかし思いを告げられないまま卒業を迎えた。そして再び、大学生になった二人は巡り合い――…。ドライなイケメン男子×健気な一途男子が織りなす、長い長い片想いラブストーリー。

    【特典付き】一部電子書店限定で紙と共通の特典が付与されています

レビュー

夜明けのリトルマーメイド【電子限定描き下ろし付き】のレビュー

平均評価:4.8 41件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) うわ〜〜
    fjrinringoさん 投稿日:2024/6/25
    この攻め(なのか?)私は大っ嫌いですね。怖いです。感情を出さずに殴る系の人に見える。 でも可愛い心くんの長い片思いが実ったこと。 あと先生のリアルな心理描写とセリフの言い回しが恐ろしく上手い事に星5です。こんなBLもあるんだなと関心しま した。漫画としては本当に素晴らしかった。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) この告白に号泣した……たまらん!
    タコさん 投稿日:2022/9/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 新刊作家さん買い。 一般的な恋愛感情や大衆的な人間らしいキャラの魅力を描いた作品でないことは確か。やけど、めっちゃ響く響く……! やっぱ、自分はだいぶ拗らせてんなって感じさせられましたww 〇〇にしか抱かない感情がある…… そんな文言での告白、ズルくない? 泣くねんけど〜〜好きとかよか、よっぽど響くけど〜〜 ストーリー的には、長い片思いが実る話で、 最後までいわゆるエチは無し。でもそんなん気にならんくらい。そうゆージャンルの作品じゃない。 実は2人は昔からの知り合いとかストーリー的には人魚姫が何ちゃらとか(タイトルやw)色々あるけど、とにかくッ! 2人の一般的には理解されへんやろう感情の動きというか、やり取りが最大の魅力になる作品だろうと思います。 逆に言えば、それが刺さらないなら、多分しんどい?んかも。 人が良くて優しいマコトとおよそ人間らしい感情を持ち合わせないノブアキとの言葉のラリー、交流がじわじわと沁みました。 分からないから教えてほしい←それは、その人を理解したいとかの興味じゃなくて、目の前の分からない事象、言葉、そんなものが気持ち悪くて処理したくて知っときたいだけ。その感覚を怖い、凄く特殊と捉える読者さんには理解し難い作品になってしまうだろうと思います。 マコトはそんなノブアキのよく言えば裏のない言葉や行動原理に安心する子。マコトにとって、ずっとノブアキが特別だった。 感情の話を感情なく話す、作中に出てくる言葉ですが、こんな会話し合える相手……いいやんって思います。オブラートや気遣いの一歩先にある付き合い。確かなコレ!っていう関係性じゃなくても大切な相手っているし、素敵だなぁ……。哲学的というか、ひいてはその会話自体が心地良いのなら、相互理解に繋がるんですよね意図せず。言ってしまえば、相性で2人は凸凹ピッタリ。 向こうの人はキャラに多少の気持ち悪さを少し感じてしまってハマらなかったんですが、作者さんのこの感じやっぱ好きなんだわ自分と思いました。 10/5まで他作品が割引中。読み耽ろうと思います。 本作は琴線に触れて、めっちゃ好きな作品でした。 まあ、ノブアキの元奥さんには深く同情の念を抱いてしまうけど、人間関係って究極を言えば本当に需要と供給なんやろうと思います。自分にピッタリの人を見つけられたふたりは幸せですよホンマ。 続きを読む▼
  • (5.0) 繊細なところを突かれてカタルシスを得た
    Hammyさん 投稿日:2022/10/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 読んでしまったら語りたくなる作品だなぁと思いました。読後、錚々たるレビュアーさん方のレビューをうなづきながら拝読致しました。本編とレビュー両方で感動できる、それはそれはステキな作品だと思います。 作品内容にある通り長い長い片恋の物語です。 せっかちにコトが進むお話ではなく、ずっと抱き続ける思いと共に生きる辛さと温かさを噛みしめながら読み進めました。 片想いの相手に偶然に会えないかと、このお店に入ったら居るのではないか?あの角を曲がったら出会わないか?この電車に乗ったら…と、運命任せで願った過去のヘタレな自分とかぶってしまい、少しづつ打ちのめされて泣きたくなりました。 行動を起こさなかった理由が漠然としていて、だから尚更に行動に移せない。 そんなジレンマとやるせなさを思い起こさせられました。 こんな稀有なところを突いて引き出すとは、さすがはポテト先生です。他の作品ではなかなかこうはなりません。 人生を一本の長い線で表すとしたら、他人との邂逅はほんの点でしか有りません。 片恋相手とのその「点」を何度も何年間も反芻して気持ちを確認し続けていたら、実は相手もその「点」を心地よい時間だったと思っていてくれた。 その点が、線として長く寄り添う日が来るとは…運命だけでは来なかった未来への行動をようやく実行できた時、過去の自分も報われたように感じてしまいました。 さて、主人公マコトのモノローグで彼とは他人じゃないほどの親近感を得ましたが、お相手のノブアキはいったいどういう人物でしょうか? 察しは良いけれど感情の発露が不得意で受動的な優しい人だと思います。 マコトが願ったコトは叶えてくれる。もしマコトの片恋の途中の段階で付き合って欲しいと願えば叶っていたかもしれません。マコトがそう思っていなかったからこその距離だったと思いました。 マコトが自らがどうなりたいかを知るには必要な年月だったのでしょう。 描き下ろしのタイトルが「その後」ではなく「途中の日」という言い方も嬉しい幸せでした。 嬉しかったら涙が出てしまうような感受性豊かなマコトと、それを汲み取ってあるがままを慈しむノブアキ。マコトが願い続ける限り2人はずっと一緒なんだろうなと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) じわじわ染みる心地良さ
    律花さん 投稿日:2022/9/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 上野ポテト先生の新刊。独特な世界感に心惹かれ、作家さん買いしています。今度は何を見せてくれるんだろうとドキドキさせてくれる作家さん。 今作は不思議なテンポ感のある作品でした。 二人の言葉も行動も、微妙に噛み合わなくて思うようにいかないし、こうなるんでしょという方向に全然ストーリーが進まない。予想以上に時が開くし、えっそれでいいの?と心配になるくらいマコトは自主的に行動を起こさない。なのにそんな二人の長い時間を掛けた邂逅が読んでて心地良いという不思議。 一読では全てを飲み込めなくて、読み終えてすぐ二回目読みました。これは後からじわじわ染みてくるタイプの作品かなと思います。 感情の起伏が激しくなく穏やかなので、一見淡々と進んでるように見えるのですが、読み終わった後は充足感でいっぱいになりました。 二人の間には約束も何もない。ただ何度も偶然に再会するだけ。これは確かに運命なんだなって納得するくらいに。 自然に流れて二人が辿り着いた先がそこならば、それが彼らにとって一番正しい形なのだろうと思いました。 信章は感情を読むのが苦手で共感しにくいタイプだけど、マコトが無理して合わせているわけではなく、ただ一緒にいて居心地いいだけ、ただ彼に惹かれるまま想い続けてるというのがとてもいいと思います。 きっとマコトはこんなふうに、一生想いを寄せ続けていくんだろうと容易に想像できる。それはとても心温まる幸せな光景だなと思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) 「リトルマーメイド」かぁーーっ、沁々
    木蓮さん 投稿日:2023/4/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごく良かったーーっっ! マコトとノブアキが中1で出会い32才まで付かず離れずしながら時が流れ、その後のふたりを読み手に想像させてくれるお話。…と言っていいのかな。 その「付かず離れず」もお互いの気持ちを確認できてる訳ではなく。付き合ってもいない。でもねぇ、すごく恋愛漫画している!!と私は思いました。 モノローグとマトコ側の気持ちは描かれてるいるから、分かる!ってなるのですが、個人的にはノブアキの気持ちも途中で分かるー、って思いました。何故なら友人でこういうタイプいました。一見感情が分かりづらいその人の、こちらにグイっと入って来ないけど何かそこが心地良かった。あ、恋愛感情ではなく友人だけど。 そういう人と人の物語としても読める側面もあると思う。 最初に書いた恋愛漫画としては、 「バッ→ぐ→ゴロンッ」(←本文参照)や、ノブアキが何か言おうとして遮られるところや、ふたりの過去を人魚姫の話と重ねる辺り、すごく良くて。 レビューは難しいけど、ほんとに読んで良かったです。 静かに穏やかに淡々と進むお話に、拍手を送りたくなったり、きゅーーんとしたり、ふたりが映画を観ている部屋の壁になった気持ち(?)になったりして、自分の情緒だけがたいへん忙しい、とても良い恋愛漫画でした。 おもしろかったです!! ●216p。電子限定描き下ろし3p、 協力書店限定ペーパー1p● 続きを読む▼
  • (5.0) ずっと読みたかった
    うまいどんぶりさん 投稿日:2023/4/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 まさかこんなお話だったとは!心があっても無くても辛いけど、同じ辛さならやっぱり心がある方がいいかな〜。 ノブアキは発達障害なのか、それとも幼い頃の両親の不仲で心が壊れてしまい、人の気持ちや自分の気持ちが分からなく育ってしまったのか分からないけど、マコトが愛してくれてることだけは分かるのだからノブアキはマコトに出会えたことで救われた。多分マコトタイプの元妻でダメだったんだから、ノブアキにはマコトしか一生無理だし、マコトがいなくなって悲しみや絶望を感じるのだったら心があることの証明になるし、そんな場面もちょっと見たかった気もする。 機会ある毎に2人で観ていた映画は、ポスターや話す内容からして多分リュック・ベッソン監督の『レオン』だと思うけど、その主人公の他者と交わることのない孤独な殺し屋のレオンとノブアキがリンクして悲しくなった。レオンにはマチルダがいて、ノブアキにはマコトがいる。でもノブアキは殺し屋じゃないからマコトとずっと一緒にいれるはず。 マコトはマコトでずっとノブアキ一筋でいたのだからやっと報われて幸せでしょう。 お互い気持ちを理解する努力をし続けないといけないCPだけど、それは全人類に言えることだし、このCPなら大丈夫なのでは、と光が見える終わり方でした。読んで良かったです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ