電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

恋する秘文の戦士たち: 5

200pt/220円(税込)

40pt還元 (最大1,000pt)
2/18まで ポイント獲得2/24

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「今度こそ、お前に殺してほしかった」ホトヴァがヒャナに近づいてきた理由…それはヒャナに仇である自分を殺してほしいからだった。お互いに惹かれあっているのに、どうしてもすれ違うホトヴァとヒャナ。(ホトヴァからは優しい風が吹いているから、どこにいるかすぐにわかっちゃう…)ヒャナが惹かれているのは本当のホトヴァなのか…それとも…。そして過去にホトヴァが戦っていた理由も徐々に明らかに…!そこではまさかの『あの人』とも関わりが…?二人のすれ違う恋模様から目が離せない!大人気本格ファンタジーTL第5話!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 恋する秘文の戦士たち: 1

    200pt/220円(税込)

    40pt還元 (最大1,000pt)
    2/18まで ポイント獲得2/24

    「俺が誰か わかるよな?」かつて帝国に滅ばされた国の生き残りであるヒャナ。彼女はいつも一人で様々な地を渡り歩き、鍛冶士として生きていた。鍛冶の腕を褒められると嬉しい…。そんな小さな喜びを噛みしめていたある日、ヒャナの秘密を知る謎の男が現れて…。ヒャナの秘密、それは帝国が狙う秘密の力『炎の秘文(ルーン)』を授かっていたこと。8年前、その力を狙う帝国に滅ぼされた祖国。ヒャナのことを知るこの男もきっと敵…そう思っていたけれど、彼はそんな単純なものではなく…? お互いに秘密を抱えた二人の出会いから始まる、「戦傑の花嫁」に続くヒストリカルファンタジーTL、待望の第1話!
  • 恋する秘文の戦士たち: 2

    200pt/220円(税込)

    40pt還元 (最大1,000pt)
    2/18まで ポイント獲得2/24

    「その日まで…お前を守ってやる…」ある日ヒャナの前に現れた謎の男、ホトヴァ。実は目が見えないというヒャナの事情を知った彼は一度去ろうとするが、ヒャナの「治るよ!」という言葉を聞き、その時まで護衛をしてくれることに。見えないし、事情は何もわからないけれど…きっとこの人は大丈夫。そう思うヒャナだけれど、自分たちの本当の関係を理解しているホトヴァは…。そんな時、助けてもらったお礼もかねて良い寝床を探そうとヒャナが「お宿に泊まる?」と提案して…! ホトヴァの過去や二人の関係が少しずつ変わり、明らかになっていく、目が離せない第2話
  • 恋する秘文の戦士たち: 3

    200pt/220円(税込)

    40pt還元 (最大1,000pt)
    2/18まで ポイント獲得2/24

    「この世で一番 おまえがかわいい…」宿屋に泊まることにしたヒャナとホトヴァ。いい寝床だよ…そう思いながら寝ようとするヒャナにホトヴァがなぜか近づいてきて…。「なんで起きねえの?」(き…きまずいからでしょ!)そのままキスされ、胸をいじられ…まるで好きな子に触れるようなその手つきは、熱く燃えるようで…。だめなのに…もしホトヴァが私のこと好きだったら…どうしよう…ホトヴァの切ない禁断の想いが溢れる刺激的で甘い夜の第3話
  • 恋する秘文の戦士たち: 4

    200pt/220円(税込)

    40pt還元 (最大1,000pt)
    2/18まで ポイント獲得2/24

    「昨日のアレ何…?ホトヴァ」ホトヴァが昨日の夜、甘く触れてきたのは、もしかして…私のこと…?翌朝目覚めたヒャナが可愛く問い詰めようとすると、ホトヴァはまさかのシラを切るつもりのようで…。(あんなことされて、起きないわけないのに!)とムカムカしつつ、思い出してはもんもんとしてしまうヒャナ。そこに宿屋のおかみさんがやってきて、ある提案をヒャナに持ち掛け―…?ヒャナのルーツ、そしてホトヴァがなぜヒャナに接触してきたのか?その理由が明かされる!ホトヴァとヒャナ。二人の交錯する想いと関係にますます目が離せない、大人気本格ファンタジーTL第4話!
  • 恋する秘文の戦士たち: 5

    200pt/220円(税込)

    40pt還元 (最大1,000pt)
    2/18まで ポイント獲得2/24

    「今度こそ、お前に殺してほしかった」ホトヴァがヒャナに近づいてきた理由…それはヒャナに仇である自分を殺してほしいからだった。お互いに惹かれあっているのに、どうしてもすれ違うホトヴァとヒャナ。(ホトヴァからは優しい風が吹いているから、どこにいるかすぐにわかっちゃう…)ヒャナが惹かれているのは本当のホトヴァなのか…それとも…。そして過去にホトヴァが戦っていた理由も徐々に明らかに…!そこではまさかの『あの人』とも関わりが…?二人のすれ違う恋模様から目が離せない!大人気本格ファンタジーTL第5話!
  • 恋する秘文の戦士たち: 6

    200pt/220円(税込)

    「ねぇ、私のこと、どう思ってるの? ねぇ…」ホトヴァがいい匂いって言ってくれてうれしい。ホトヴァが私のことを好きだったらうれしい。――ホトヴァが自分のことを本当はどう思っているのか気になるヒャナ。そんな中、ホトヴァが蜜酒を飲んで酔っ払って…!? 「ダメ? さわりたい… ここ… ダメ? ダメか?」熱心に介抱するヒャナとは裏腹に暴走するホトヴァ。おっぱいを触られて、キスされて、ついには…!? 戦士のギャップに振り回される!大人気本格ファンタジー、甘すぎるTL第6話★

レビュー

恋する秘文の戦士たちのレビュー

平均評価:4.6 59件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) シグリンデルのシクワルト
    JBさん 投稿日:2023/2/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 戦傑の花嫁のシグリンデルのシクワルトが、ストーリーに絡んできた ますます先のお話が気になる、楽しみ 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) さ、最新作…!!!
    こぶたさん 投稿日:2022/10/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 おやぬ先生の最新作!!! 今作はここ最近出たものたちより長編になりそうな予感。 最初視線に違和感があったものの盲目になったとわかり納得。 お父様が討たれた時のトラウマで見えなくなったのだろうか… そんな中ホトヴァはヒャナを追って接近してきたけど憎まれても仕方ない中自分の素性は隠してそういうことするのね……(詳細最新巻の3巻) それでもヒャナは「どうしてそんなことを知ってるのか」と引っかかってるところがあるから素性を知るのはそう遠くはなさそう。聡い子だし!かつホトヴァを包み込む包容力もありそう。燃やし尽くしそうでもある…し…… ぐっすり眠ったことない言うホトヴァの為に宿も取って自分が先に寝ることで彼も寝れたらいいな、て狸寝入りする優しい子だし!!! そのヒャナの父上を討ったことで元の名に加えてもらったのがホトヴァ(好戦的)だなんて複雑な気持ちになる… 気持ちのバロメーターが忙しかったです。 でも我慢出来ずにお手付きしちゃうホトヴァと向けられる好意と与えられる快感に流されちゃうヒャナにはドキドキしました。最後は切ない終わりでしたが! ホトヴァの口調もたまらなく好きです。 続きも楽しみにしています! 続きを読む▼
  • (5.0) 待望の!
    花柄ポリバケツさん 投稿日:2022/11/4
    おやぬ先生の同人活動時代からのファンで、他作品も欠かさず読んで楽しんでいます。 次作は何かなと思っていたら、商業でまさかこのファンタジーが読めるとは…!と発売当初からテンション高めに読んでいます。 今作のホトヴァとヒャナ、とても可愛 いですし、まだ明らかになっていないこの世界の秘密や二人の運命の行く末など、とにかく続きが気になります。 おやぬ先生の魅力は確かな教養と知識の上に作り上げられた世界観とキャラクター、そしてそのキャラクター達の心理描写にあり、心理描写と密接に関わるエロスシーンはたまりません。 まだ4巻までしか出ていない現時点ですが、思い入れの深い作品になると思い、普段レビューなどあまり書かない私ですが、投稿いたしました。 もっとみる▼
  • (5.0) 色彩も 婉美でステキ
    chimneyさん 投稿日:2022/11/6
    流サンロスを 博士ヒーロー&剣士ヒーローが埋めてくれるでしょうか?とても楽しみな2作品です。本作品は また全然 プロットタイプが違うようで お笑いは封印でしょうか?クスりと笑える おやぬ氏の笑いのツボ押しはグイグイ効いていたので ちょっと淋 しい。ちょっとシリアス系?ちょっと悲恋物語系?どうなるんだろう?そして 相も変わらず私は おやぬ氏の描くヒーローの喜怒哀楽の表情に 体躯ラインに どギゅん!!なのです。そして更に 色彩にときめきヤられました 綺麗。こんな優しい色使いのコマ 初めて見ました。眼にも優しいです。センス溢れてます。もぅ 好きが いっぱいの作品デス 魅入ってしまいます。なー!ジグぅー もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ