電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

幻惑の鼓動 24巻

通常価格:
650pt/715円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数51件
幻惑の鼓動(29巻配信中)

作品内容

「穢(けが)れ者がコーイチを凌辱している──!?」葉月(はづき)が晃一(こういち)の《気》を貪る、いつもの食事風景。それを神魔将たちに目撃されてしまった!! 最近、晃一への興味を隠さなくなった琉王(ルオー)は、一瞬で理性が吹き飛び大激怒!! 渾身の一矢を放ってしまう。けれど、咄嗟に防御結界を張った晃一が、全員を亜空間(オル=ファン)へと転送して…!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  29巻まで配信中!

  • 幻惑の鼓動 21巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文化祭当日、高校上空に謎の光点が現れた!? 正体を見極めようと近づいた塔谷(とうや)は、そこで前世の神魔将、琉王(ルオー)と紗那(シャナ)に邂逅!! けれど、話しかけてもなんと言葉が通じない!? 険悪な空気の中、現場に駆けつけた晃一(こういち)は、心話で琉王と意思疎通に成功。けれど、「俺が今生の羅鬼(ラキ)だ」と告げた途端、琉王は激怒を露にして!?
  • 幻惑の鼓動 22巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    穢(けが)れた気を纏う葉月(はづき)が、神獣タルパの継承者!? 神生(かみお)邸跡地で晃一(こういち)や塔谷(とうや)と対峙していた琉王(ルオー)は、驚愕の事実に呆然!! 葉月も、琉王と紗那(シャナ)が淳(じゅん)の描いたゲームキャラに酷似していると気づく。もしや神魔将は、ゲーム同様12人もいる──!? 桁外れの霊力を持つ琉王たち、そして前世の記憶を持つ淳に、葉月は焦燥を募らせて…!?
  • 幻惑の鼓動 23巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    晃一(こういち)と塔谷(とうや)は、転生した前世の神霊だった!? 葉月(はづき)との情報交換で、少しずつ真実に近づく淳(じゅん)。同じ頃、平岡公園に巣食う妖の正体を探るため、晃一は神眼ルーシェを発動!! その溢れ出す神気に、見守っていた琉王(ルオー)と紗那(シャナ)は驚愕する。「これは間違いなく、神魔将の長たる光貴──」羅鬼(ラキ)の気を纏う晃一に、二人は心を奪われて!?
  • 幻惑の鼓動 24巻
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    「穢(けが)れ者がコーイチを凌辱している──!?」葉月(はづき)が晃一(こういち)の《気》を貪る、いつもの食事風景。それを神魔将たちに目撃されてしまった!! 最近、晃一への興味を隠さなくなった琉王(ルオー)は、一瞬で理性が吹き飛び大激怒!! 渾身の一矢を放ってしまう。けれど、咄嗟に防御結界を張った晃一が、全員を亜空間(オル=ファン)へと転送して…!?
  • 幻惑の鼓動 25巻
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    あんなに反発していたのに、紗那(シャナ)がコーイチと会っている!? 「悪食」の中川(なかがわ)の暴走を、紗那が結界を張って守ったと聞いて、琉王(ルオー)は愕然!! 晃一(こういち)に惹かれる紗那に、胸騒ぎを抑えられない。けれどそんな時、突然謎のクレーターが出現!! 駆けつけた晃一が邪眼で視たものは、なんと異界にいる神魔将が放った伝令だった──!?
  • 幻惑の鼓動 26巻 【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    【電子限定版】描き下ろし番外編「なんて素敵な贈り物」収録。●羅鬼(ラキ)の参謀にして右腕、眞魅夜(マミヤ)は生きている!! 生存を確信した琉王(ルオー)は、希望と同時に一抹の不安を拭えない。膨大な時を孤独にさすらう眞魅夜は、果たして変質してはいないか──? 紗那(シャナ)もまた、迫る再会の時を前に、羅鬼への忠誠とは異なる、晃一(こういち)への想いを自覚する。そんな中、ついに虚空門が出現する──!!
  • 幻惑の鼓動(27)
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    今生の羅鬼(ラキ)に早く会いたい──。再会に逸る眞魅夜(マミヤ)は、虚空門を偵察中、そこで偶然晃一(こういち)と遭遇!! 「神眼も発現していない、あんな貧弱な器が羅鬼の転生体なのか!?」晃一の纏う気に驚愕し、ますます興味を煽られていく。同じ頃、神祇院(じんぎいん)の長老から、「神降ろしの霊視眼」に会いたいと、塔谷(とうや)に厄介な召還命令がくだり!?
  • 幻惑の鼓動(28)【おまけ付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    【電子限定版】描き下ろしおまけ番外編「おまえが言うか」収録。●「神霊憑きの霊視眼」の能力値が知りたい──。神祇院の精鋭“七星”を晃一に潰されても、怒るどころか興味津々の若き総帥・九条。自ら立ち合いの元、晃一のテストをすることに…。けれどその試験場は、辿り着くことすら困難な神佑地の聖域だった!! しかも、その上空では眞魅夜たち神魔将が成り行きを見守っていて!?
  • 幻惑の鼓動(29)
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    大学のカフェテリアで、無自覚に派手なオーラを垂れ流している男がいる!? 密かに驚愕する晃一(こういち)と偶然相席したのは、三年生の先輩・真嶋(まじま)。実は、神祇院(じんぎいん)の精鋭部隊“七星”の末席に、最年少で抜擢された、期待の新人治癒師(ヒーラー)だった!! 一方、試行錯誤を重ねる眞魅夜(マミヤ)は、ついに言語翻訳機を完成させて…!? 互いに素性を知らぬまま邂逅する晃一と真嶋、会話が成立した神魔将たちとの新たな関係――思惑渦巻く大学生編スタート!!

レビュー

幻惑の鼓動のレビュー

平均評価:4.3 51件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 吉原先生原作なので面白い
    egasiraさん 投稿日:2021/6/11
    絵にクセがあって、キャラの顔や体型が数パターンしか無くて、読みはじめた当初は キャラの見分け が つかなかったのですが、流石 吉原先生原作な だけあって、じわじわハマり 全巻買いました。 絵に慣れてきても、ちょいちょいキャラが上目使いの時 コメディアンみたいに 白目むいてる? のが気になりますが。 シリアスなシーンで キャラが 素で 白目むいてる ので困惑するw ストーリーは素敵です。 神霊憑き!チート!強い! 登場するキャラでは、ルオーが好きです。豪胆で面倒見が良くて。 良き お兄ちゃん みたいで好感が持てる。 最新刊では呪禁にキレて本領発揮した塔谷に ワクワクしました。 早く新刊出て欲しい。 でも新刊 出るの、数年後かなぁ・・・ ニヤけたツラの、偉そうな ジンギインの総帥が 今後どう出るのか、どんなを手使って晃一をゲットしようとするのか楽しみです。 まあ、晃一の強烈なストーカー達(全員 神霊憑き)が撥ね除けそうですがw ジンギイン 対 神霊憑きの対決になっても面白そう。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) こんなにハマるとは…
    やぁぽんさん 投稿日:2013/8/31
    現代に生きる男子高校生が主人公ですが学園ものではありません! サイキックSFホラーテイストに前世の因縁云々と、厨二要素たっぷりだな〜(笑)と、恐る恐る読んでみたら…スッゴくおもしろくて見事にハマってしまいました!!爆 配信を待ちきれ ず書籍で23巻まで大人買い(*/□\*) さすがは吉原理恵子先生! 長編でもストーリーがしっかりしてるので飽きません! 登場人物も皆様キャラが濃くて美形揃いで絵も綺麗! 特に魅力的なのが主人公の晃一くん 無自覚にフェロモン垂れ流しで色っぽい! 色んな人に執着されまくりでモテモテです笑 LOVEも萌えもいっぱいですがHはないに等しいです! エロを求める人には物足りないと思います。 ストーリー重視でじっくりと長編BLを読みたい方にオススメです もっとみる▼
  • (5.0) ホラーで転生物
    ヴィーヴルさん 投稿日:2018/9/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 『主人公の持つ潜在能力は未知数、なおかつ本人は無自覚の人タラシ。みんながみんな主人公大好き』という 吉原先生あるある な作品です。最初のうちは神生・塔谷・天野の三家の設定にあたふたしましたが、葉月が御柱に立ったあたりから目が離せなくなり、気がつけばドップリ全巻購入してました。エッチなシーンはほとんどないけれど、執念・固執・嫉妬などのドス黒い感情の中にエロさを感じます。私は晃一と葉月の『永遠の縛奴』関係が一番好きです。連載から20年以上の月日が経ち禾田先生の原稿もデジタル化、だんだんと絵柄が雑になってきている気がします。そこが今の気がかりな点です。 続きを読む▼
  • (5.0) ぜひ、一気読みしてください!
    ジュリエッタさん 投稿日:2018/6/1
    最初はちょっと絵が苦手だなと思っていたのですが、某サイトで期間限定で10巻無料で読み、すっかりその面白さにハマってしまい、結局27巻まで購入。さすがは吉原理恵子さん原作です。作画も当初の苦手意識はどこかへ、この不思議な世界観とすごくマッチし ています。ようやく魔の根源のような彰さんが退場したのですが、、彰さんと争うような策士が登場です。今度はうまく切り抜けて欲しいですね。今後、どんな展開になるのか、着地点はどこなのか?せめて1年に1冊は出版して欲しいものです。 巻数が多いので、忘れた頃に1巻から読み返して楽しんでいます。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ