マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックリバース天官賜福【タテヨミ】天官賜福(54)【タテヨミ】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  66巻まで配信中!

  • 天官賜福(50)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(51)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(52)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(53)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(54)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(55)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(56)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(57)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(58)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…
  • 天官賜福(59)【タテヨミ】

    61pt/67円(税込)

    仙楽国の太子であった謝憐(シエリェン)は飛昇と貶謫を繰り返しながら三度目の飛昇を果たす。 しかし神官たちの金殿を破壊してしまい、せっかくの飛昇なのに功徳を積んで弁償しなければいけない立場となる。 下界では誰も謝憐(シエリェン)に供えや奉納など捧げやしない。 なので下界に降りて鬼を退治し自分の力で功徳を積むしかない。 そこで自分を助けにきた二人の若い神官と紅い服を着た不思議な少年と出会う。 四人は共に次々と怪異な事件を解決していくが、 それと同時に惨憺たる光の陰に隠れた仙界の神々の暗い過去に触れることになる…

レビュー

天官賜福【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.6 220件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) アニメからハマりました!
    aiさん 投稿日:2024/2/24
    アニメを見て原作を気になって調べてると漫画があり、小説が苦手な私にとっては嬉しかったです。でも漫画を見てみて、面白かったので小説も読んでみたいなと思いました。

高評価レビュー

  • (5.0) 是非小説やアニメを履修してから読んで!
    LUNAさん 投稿日:2023/6/24
    どうも、小説から沼った勢です。 普段は小説の漫画化・アニメ化は話が端折られたり絵が好みじゃなかったりで避けているのですが、天官賜福日本語版小説は挿絵がなく、表紙以外から絵として作品の世界観を捉える事ができないことを非常に残念に思っていた中 、作品にマッチしまくりな、作画のクォリティがハチャメチャに高い漫画版の配信を知り大興奮でとびつきました!(アニメは上記理由で未履修) 数々の名場面が色鮮やかに再現されていてひたすら感激っっ!!!! フルカラーでこのクォリティでこの値段で読めていいの…?ちゃんと作者に対価行ってる…?って心配になるくらい良い。 絵が美麗すぎて不細工設定のキャラですら美しくて全体的に顔面偏差値が高すぎる!(笑) 難点をいえば、小説やアニメ履修済みじゃないと世界観が奥深すぎて話の流れが汲み取れないかも。 アニメだけ履修済みだと、どうやら話の流れが小説沿いなので少し違和感かも。 小説のみ履修済みだと、話が端折られている部分や翻訳がイマイチなところがあるので歯がゆいかも。 あと、マイナス評価つけてる方は私も今までがそうだったので原作が大大大好きだからこそ「これじゃない感」を感じて悲しくなるのはすーっごくわかるのですが、尺の問題もあるし、どうしても他者の感性が入るので二次作品に原作同等の表現力を求めないほうが心が穏やかにいられますよ。 そもそも墨香銅臭先生の文才が神すぎるので事細かに他の媒体に落とし込むのが特に難しい作品ではなかろうか…。 話の展開は小説がぶっちぎり一番なのでひとまず置いといて、漫画ならば造形や色彩、アニメなら声色や挿入歌など自分の中で原作のイメージを豊かにする一つの要素として取り込んで楽しむのが吉かと。 そんな訳で、個人的にオススメなこの漫画の読み方は、「小説を読んでから挿絵として補完するつもりで漫画を読む」です!! まじで!!小説が良すぎるので!!(日本語版はまだ未完ですが)全人類読んで!!なんなら同作者の「魔道祖師」(こっちは完結済み)も読んで!!!!!! もっとみる▼
  • (5.0) アニメより入り込み心もろとも奪われました
    tomoさん 投稿日:2023/12/31
    アニメで 絵がとても綺麗で 好みでみてみたら あれよあれよで 何度も何度も何度もわからないくらい見返しました。 動画配信もほぼ朝まで、昼間もひたすらループしているここ5日程です。 BLがとかそういうのも恥ずかしながら 全くわからない私です が、 綺麗で 儚げで 切なくて 可愛くて  キャラクターこ心の通わせ方とか 思いやる心など 私には切なくて どこか寂しげで 詰まる気持ちもあり涙も出てしまうのですが、 ひとときのやりとりが ほわぁとあたたかくなります。 永きにわたらようやく触れる事ができるおかたへの気持ち 小さな頃からの想い  繊細な気持ちのおきかたに心打たれてます。 アニメの絵タッチが一番タイプですが、漫画も風景や建物、衣服など、とても綺麗な描き方でクオリティのお陰でこ吸い込まれました。 アニメも 漫画も ファンの方の動画系や拡張系も  素晴らしく 世界のファンの方と話したくなる程です。 漫画も サントラを流しながら8時間ぶっ通しで完読致しました。 夜が朝になり本嫌いだった人間が本の鬼のように読んだ感です。 読み終わりと同時に雨が降ってきたのがまた血雨探花、花城、三、紅紅孤児、感慨深い。 漫画で刺青の部分や湾刀などの表情。深すぎて涙もろい私には、なみだなみだで、でも笑もキャラクター使いの強弱も入り張り詰め過ぎないで読み切る事ができました。 作者の作品は小説版を読み終えたらまたみたいと思いました。 ブロマンスという方がたしかに合っているのかなぁとも思いましたが、片方は実は女性というバージョンも個人的には有りで、時折そう見えたり、三が女性的に感じる繊細な感じも素敵でした。あどけない三も 照れでパタパタする謝隣も 可愛かった。 何を書いてるのか…と私の心も乱されてます。 幅広い意味で 美しくあたたかい作品なのでお勧めですね。 共感できる人がまわりにあまりいないのが残念ですが、 それもありうずうずとしてしまい思わずレビュー書いてしまいました(。) 小説で年越しします☆ もっとみる▼
  • (5.0) 素晴らしく美しいフルカラーな世界
    たい焼きさん 投稿日:2023/12/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 驚嘆するほど美しい画です。作品が嫣然と微笑んでいるかのようで心を射抜かれました。小説を読みつつ、こちらの漫画も読みました。レビューにありました様に、小説には挿絵がありませんでしたので、イメージを補完するつもりで読みました。小説と読み比べると、漫画の方は重要な場面にテンポ良くナビゲーションしてくれている印象です。ですが小説の奥深い世界観を存分に堪能するなら、やはり小説の方もお読み頂くことをオススメしたいです。 こちらの漫画はフルカラーで豪華です。花城が小説の中のイメージより野性味が強く大人びて艶美な感じがしました。そして殿下の清らかな眉目秀麗ぶりに瞠目しました。神武大帝君吾も想像以上に格好良かったので嬉しくなりました。小説の中より、太子殿下と花城の距離が近いような感じもしますので、漫画の方も心ときめく要素が沢山あります。例えば半月関から戻ってきた殿下と花城が菩臍観で一つの寝床(といっても蓙の上)で色々語らっているシーン。小説ではそこまで詳細には描かれてはいませんでしたが、殿下の枕は花城の赤い上着のようでしたし、殿下を見つめる熱い目とか殿下が背を向けた時に殿下の髪の毛を一筋手に取り、愛しそうに口づけていました。あと花城が描いた「太子悦神図」は仮面で覆われていないのですよね。そういうアレンジは小説の描写を補完してくれているのかもしれません。本作品は小説と漫画の両方を読むことでより楽しめると思います。 漫画は毎週配信されていますので、まだまだ楽しみで す。花城の右手中指に結ばれている赤い糸も気になっています。漫画だと花城がその赤い糸を指で弄んでいると、殿下が左耳付近の髪の毛をむず痒そうにいじっているようなシーンがありました。何か深い意味がありそうです。 墨香銅臭先生の他の作品も読みたくなり、今は『魔道祖師』も読み始めました。何も手をつけられなくなるほど続きが読みたくなりますので、既に魔道に落ちているようです。恐ろしいほどの面白さです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「天官賜福 貮」

【声の出演】

謝憐:鄧宥希 / 花城:馬正陽 / 霊文:黄鶯 / 君吾:宝木中陽

【スタッフ情報】

原作:墨香銅臭

【関連リンク】

公式サイト「天官賜福 貮」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ