漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

溺れる花火 1

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.8) 投稿数55件
溺れる花火(2巻完結)

作品内容

夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 溺れる花火 1
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!
  • 溺れる花火 2
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    大学生・泳太は、彼女・小秋から遠ざかり、その従姉妹・夏澄の肉体に溺れきっていた。しかし、夏澄の態度は徐々に冷たくなっていく。暴走する肉欲を抑えきれず、バイト先の同僚・菜々をその捌け口とする泳太。さらに泳太は、知り合ったばかりの大学生・佐保とも体を重ね…。花火のように鮮烈で儚いひと夏の恋と欲望、衝撃必至の完結巻!!

レビュー

溺れる花火のレビュー

平均評価:3.8 55件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 読み終えた後が残る
    あんさん 投稿日:2021/3/20
    無料版から続きが気になり2巻購入しました。買わない方がいいと言う意見もありますが、1巻で気になった方は2巻も読んだ方がいいと思います。ただ、最後が何とも言えない気持ちになります(;´∀`)

高評価レビュー

  • (5.0) ネットリとリアル
    みみさん 投稿日:2014/5/16
    こういうドロドロしたの好きです。 実際の性欲ってこんなものなんだろう。一度してしまったら、あとは簡単にできてしまうもの。 そんな感じがします。 主人公は男性マンガにありがちな、悪意が無く、優柔不断で女性のペースにどんどん翻弄されてしま うタイプ。 でも登場人物のそれぞれの個性は至極現実的な気がします。 自分の欲望に正直でリアルに自己中心的。 相手に対する愛情よりも、存在せするのは、殆どが執着。 ネトっとした嫌な心情は伺えますが、本質的に相手のことには皆淡白です。 恋愛なんて、このぐらい自分勝手でもいいのかも…。そんな風に感じてしまいました。 ラストが後を引く感じで、読み終わった後も何かしばらく考えさせられます。 ドロドロが好きな人、オススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 登場人物達の…
    モンちゃんさん 投稿日:2019/10/24
    女性目線のみで語れば、泳太の小秋に対する行為は酷いと思う。 でも、登場人物達の年齢では、異性に対する「性」の感じ方というか求め方は異なるので、ある意味では仕方がないというか、泳太は自己の性に正直だったのだと思うと責められないなぁ…とも思う 。 この作品は、その年齢の人達の感情の移ろいを淡々と描いているが、淡々と描かれているからこそ、感情の移ろいが 時には残酷にみえる事を気付かせてくれる。 この作品は、性とは甘美ゆえに感情がままならない事を提言している。 この作品って文学の域に達していると思う。 凄い作品だぁ! もっとみる▼
  • (5.0) 造花の美
    dueさん 投稿日:2010/12/8
    ほんとうに心に響く「難病もの」。19才童貞、病弱な彼女と心で深く繋がっている・・なんて嘯くくせに、流されやすく被害者意識が強くて、偽善的な主人公に腹が立つ。でもそれは自分自身を見ているようだからかも。。4人の女が彼を通りすぎていくけれど、最 期まで彼を捉えて離さないひとりの女がいる。4人の女性はみな何かが欠落しているが、誰でもそうなんだと思う。のっぺりした絵柄とリアルで生臭いキャラクターのバランスが美しいです。個人的にはナナちゃんをもう少し掘り下げてあげてほしかった。 もっとみる▼
  • (5.0) この作者さんの作品は本当に素晴らしいです
    てーぼーさん 投稿日:2013/7/26
    すごく、人間の本質にある欲望を、リアルに、繊細に、でも、どこか綺麗で透明な雰囲気を残したまま、描いている、なんだかすごく奥が深くてぎゅっとなるような物語で、一度読んだらその世界に引き込まれてしまって、なかなか戻れなくなってしまうような、不思 議な世界観を持っています。この漫画は、ひとつの芸術作品として、ある種の感動を覚えたい時に、ぜひ読んでみることをおすすめします。 もっとみる▼
  • (5.0) ちょっと南Q太的な
    あおりいかさん 投稿日:2013/7/21
    日常の匂う、性描写です。 するのに理由はなくて、ただ身体が自然と呼び合うだけなのが、よく伝わります。ストーリーが静かに核心に迫る一方で、男と女はいつもひたむきに抱き合っていて、その姿に漫画には似つかわしくないくらいリアリティを感じました。 運命的に欲に翻弄される主人公ですが、最後の選択でこの男の至って平穏な性質が明るみに出て、人生のふしぎを思いました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ