漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

Honey Bitter【期間限定無料】 1

通常価格:
371pt/408円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数157件
Honey Bitter(14巻完結)

作品内容

【春マン!! 期間限定無料!!】※2021年5月21日までの期間限定無料お試し版です。2021年5月22日以降はご利用できなくなります。不思議な力を持ったため、身をひそめる思いで生きてきた珠里。だが叔母の調査室で働くことで、前向きに生きようと決意した。そんな時…珠里の前に現われたのは!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全14巻完結

  • Honey Bitter 14
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    テロ事件は珠里自身への負担を代償に解決。だが、珠里は気を失ったまま、意識が戻らなかった。数ヵ月後に目を覚ました珠里は、療養のため田舎へ。そこに珠里の母親や、吏己と陽太も訪れ―? 珠里の生きる道、ついにクライマックス!
  • Honey Bitter 13
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    テーマパークで発生した人質テロ事件。犯行組織の要求で、珠里と吏己は一般の人質と交換で身柄を引き渡される。組織の統領・紫洞に宣告された吏己の処刑を食い止めるべく、珠里は危険な行動に――。
  • Honey Bitter 12
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    珠里と吏己…二人きりの逃避行のさなかに起こったテーマパークの爆発事件。それを知った吏己は、珠里を眠らせて単身東京に戻ってしまう。目覚めた珠里は早穂に電話をするが、クビを言い渡されてしまい──!? 【同時収録】Bar OBANA/こどものおもちゃ―なんにもない日々―
  • Honey Bitter 11
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    吏己を拒みきれなかったことを打ち明け、つきあう資格がないと陽太に別れを告げる珠里。その後、吏己のもとを訪れた陽太は、珠里の存在をめぐって吏己から挑発され激高。陽太からの強烈な一打を受け倒れ込む吏己は…?
  • Honey Bitter 10
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    陽太と過ごす中、珠里に突如訪れた吏己が銃で撃たれる予知。ひどく動揺する珠里に対し、陽太は…? そして予知を受けオフィス・Sは厳戒態勢へ。だが当事者である吏己の緊張感のない様子に珠里は苛立ち…?
  • Honey Bitter 9
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    能力者と一般人との恋愛・結婚を否定する圭甫をよそに、不安を抱きながらも互いに想いを深めていく珠里と陽太。いっぽう圭甫は、ふたりの仲に対してどうやら思惑を持っているようで…!?
  • Honey Bitter 8
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    陽太との恋も順調な珠里だが、ある日思いがけない人からプロポーズをされる! 陽太との関係は一体どうなる…? さらに、突然大きな事件の予知が訪れて!?
  • Honey Bitter 7
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    自らのトラウマの原因・吏己と向き合うことを決意した珠里。2人きりで会う約束をするが、その前に吏己の過去を調査することに。思わぬ事実が明らかになるが…。 【同時収録】Bar OBANA
  • Honey Bitter 6
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    潜入調査の対象者・篠沢と、街で遭遇した吏己。その場で珠里が妻を装ったことから夫婦として篠沢夫妻と温泉に行くことに。陽太も同行し調査はスタートするが…?
  • Honey Bitter 5
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    ある日、デート中に尾行されていることに気付いた珠里。尾行依頼者の正体と目的は? 陽太、吏己らオフィス・Sの面々と共に、舞台は自然の豊かな珠里の縁の地へ!

レビュー

Honey Bitterのレビュー

平均評価:3.9 157件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 少女漫画として読むのであれば。
    りいさん 投稿日:2020/12/14
    小花美穂先生の本は全て持っていますが、こちらの作品だけは絵的にも違和感あり悩んでましたまが、完結後に全巻買いました。見慣れると違和感はさほどでもなくなりました。が、普段男性漫画(ファブルとか今日からヒットマン、外道の歌、スマグラーなど)読ん でるせいか、全体的にアクションシーンや、ドンパチシーンがチープすぎて、、稚拙でギャグに見えてしまい入り込めず、、所詮は少女漫画感というか、、全体通してつっこみどころ満載なことや、設定に無理がありよく調べもせず空想や想像でなんとなくつくった感が否めません。コレ系の話を、この程度の知識量、ストーリー(情報、知識含め)と拙い画力で、しかも少女漫画での制約(があるのかわかりませんが)の中で描くと中途半端すぎるので、色恋メインに少女漫画的な内容だけにとどめてみればまだマシだったかと、、。かといって恋愛も微妙な、、ヒロインの過去に関しても、大袈裟すぎるというか。あの程度でトラウマなんて正直言ってどこの箱入り娘か、と言った印象です。(そこはあえて少女向けなのかな)全てにおいて中途半端すぎる印象でした。少女漫画しか読んだことがない、または子供や情弱な方であればハラハラドキドキみたいな感じで読めるかもしれません。酷評しましたが割り切って見たら楽しめます。また、作者が好きなので星は5つです。 もっとみる▼
  • (5.0) 安定して読める
    コバさん 投稿日:2018/1/24
    古風な雰囲気のある絵柄と重めテイストのストーリーで読ましてくれる作家さんです。キャラの心情とストーリーを重視しつつ、でもちょいちょいギャグを挟んでくれるので手に取りやすい。病気で遅筆になってしまわれ、単行本で溜めて読む派になってしまいました が、毎回まだ次の巻がある…まだ読める…と残り話数とストーリーにハラハラしながら読んでます。とりあえずテロの一件に終わりの兆しが見えたことに安堵しました。これで気長に次が待てます…! 優太を応援している方から見たら安堵も何もないかと思いますが、私的には話をつけただけ誠意がある方かなあと。優太の彼女のままリキに入れ込んで親身になるのは頂けないので。その結果がこれならそういうのもありかな…とも思うし、いやいやもしかしたら次巻から優太の巻き返しが来るかもしれないぞ!?とも。なんにせよ作者さんが最後まで思い切り執筆できたらと思います。安心して作家買いできる方です。 もっとみる▼
  • (5.0) サイコ&アクション探偵物!面白かった!
    zoraさん 投稿日:2019/4/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイトルも漠とした感じだし絵柄もなつかしい感じで、最初はあまり期待せずに無料版を読んだところ、えーなにこれ面白い〜!と、どんどん引き込まれて完結するまで購入しちゃいました。サイコパスで探偵やってる主人公。トラウマの元凶の元彼が同僚になってしまって、あれやこれやもやっとするんだけど、サスペンスやアクション的要素が恋愛的要素と同じくらいかそれよりも面白い!作者さんが探偵の学校へ行ったりされたと書かれていたので、すごい探偵ものとしてリアリティーや小ネタがあって、なるほどと思いながら読みました。相手があまりにSすぎて育ちも複雑でくっつくことはないだろうと最初は思わされていたんだけど、最後は2人なりのハッピーエンドになってよかったー。 続きを読む▼
  • (5.0) ストーリー
    チョコさん 投稿日:2013/12/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 ダークでシリアスなギャグコメディー。 人の心が読めるという能力を持って生まれたヒロイン・珠里。 その力故に両親に疎まれ、18年間ずっと人から遠ざかって生きてきたが、調査室を経営する元敏腕刑事の叔母に誘われ、その能力を捜査に役立てる決意をする。しかし前向きになった矢先、珠里に一目惚れしたという青年と、“過去の辛い恋”の原因である最悪な元彼が現れた。どうなる?どうする珠里? “”こどちゃ”で知られてる作者さんですが、この作品も好きな人は好きなハズ。設定が重めなのでシリアスモードが多いですが、作者さんらしいギャグシーンも豊富です。 続きを読む▼
  • (5.0) 色々考えさせられる作品
    ダフらぶさん 投稿日:2019/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 小花美穂先生の作品は生と死の意味を色々考えさせられる作品が多いですね。 人の心が読めてしまう珠里(主人公) 小さな頃から心が読めてしまう事で両親に拒絶されて悲しい想いをしてきた、珠里。 沢山苦しい想いをしてきた分、人の役に立ちたい! 誰一人死なせない!と自分の能力を活かして、元刑事の叔母さんの元で探偵として働く姿が凛としていて、カッコイイです! 内容はシリアスですが、小花ワールドもちょいちょい入っていたり、ラブストーリーもあったり、暗くなってしまう話しもありますが、次も読みたくなる様な、そんな作品でした! 続きを読む▼
スタッフオススメ
特殊な探偵物語
特集担当:IBQB
「こどものおもちゃ」「パートナー」などで知られる小花美穂氏の作品。少し冷たい印象の絵が特徴的な作家さんです。その冷たさが作品にも有効的に活かされていると感じます。この「Honey Bitter」という作品は、生まれながらにして不思議な能力を持った少女・珠理が主人公です。隠れるようにして生きてきた彼女が、叔母に誘われたことから、その能力を活かし探偵事務所で働くことになります。彼女の目の前に仕事仲間としてやってきたのは脳天気な男と、珠理の男嫌いの元凶であり元カレの吏己。そんな仲間たちとさまざまな事件に向かっていく物語です。恋愛要素はさほどなく、基本的には能力を使用して、どのように事件を解決していくのかが主になりそうです。まだまだお話的には序盤という感じがしますので、今後どうなっていくのか大変楽しみです。
▲ページTOPへ