漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
少女マンガ
BANANA FISH 1巻
この巻を買う/読む

BANANA FISH 1巻

通常価格:
420pt/420円(税抜)
(4.8) 投稿数330件
BANANA FISH(20巻完結)
作品内容

1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。ベトナム戦争で出征した際、麻薬にやられて正気を失ったままの兄グリフィンの面倒をみていた彼は、兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。殺された男を追っていたのは暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネ。アッシュは男と最後に接触した者としてディノに疑われる。雑誌の取材でアッシュと出会った、カメラマン助手の英二も巻き込んで事件は思わぬ展開を見せ…。

作品ラインナップ  全20巻完結
レビュー
BANANA FISHのレビュー

平均評価:4.8 330件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) ラストまで必ず読んで
    抹茶アイスさん 投稿日:2019/6/9
    絵が少女マンガっぽくないし、最初は話もわかりづらかったけれど、読み進むほど世界に引き込まれましたラストを読んだ後は何日も主人公のことを思い泣けました。友達に勧めたら、その子も全巻買ってましたよ〜
高評価レビュー
  • (5.0) 少女漫画ではないが…世界観が凄い!
    りんごさん 投稿日:2019/5/16
    連載当時、別コミを買っていたが…絵柄や話が好みではなく読み飛ばしていた。 たしかに子供に分かるはずはない。ジャンルは少女漫画ではあるが、明らかに少女漫画ではないし、難しい。当時は子供なのでBLにも興味なかった。 アニメ化もされてているの を知り、高評価なので、読み始めたら…今日1日で全巻読んでしまった。 まるで映画のような世界観! BLというより友情かな…。涙なしでは読めない。 本当アッシュがカッコよすぎる! 少女漫画括りなのは…やはり違和感はあるが、本当に素晴らしい漫画なのでオトナ買いしても悔いなし! もっとみる▼
  • (5.0) 自分の好きが全て詰まったような作品
    やらさん 投稿日:2019/5/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 薄々気づいてはいましたがラストはやはり言葉にならない程悲しかったです。 続きを読む▼
  • (5.0) ただただ好きな作品です。
    ゴンさん 投稿日:2019/5/4
    ちょうど漫画連載時に高校生で、それから随分と色々な漫画を読んできましたが、この年齢になっても今までの人生で出会った最高の漫画です。解説不要。ただ読むのみ!!
  • (5.0) まさに名作
    浅海さん 投稿日:2019/4/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメから入って最終回を迎える前に漫画を買った民です。何故、こんなに素晴らしい名作を今まで知らなかったのか‥‥と。まさに名作中の名作でありました。ラストは涙が溢れてとまりませんでした。 続きを読む▼
  • (5.0) 永遠の名作
    ハルさん 投稿日:2019/4/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 初めて読み終わった時の衝撃と喪失感が今だに忘れられません笑笑アッシュには生きて欲しかったけど、あのラスト以外は考えられません。アッシュの周りの人達があの後どうなっていくのかと考えると今だに悲しくなり、ついついまた BANANA FISHを読んで落ち込んでしまいます。アニメ化されてから漫画のことを知ったのですが、私の叔母さんが高校生の時に読んでいたと聞いた時にはとても驚きました。 BANANA FISHは時代を超えましたね笑笑これから先もずっと色あせない名作であると思います。読んだことない人、久しぶりに読んでみたい人は是非読んで見てください。ただ、心の準備は忘れずに笑笑 続きを読む▼
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 謎解きストーリー
    ベトナム戦争中、アメリカ軍の兵士グリフは突然銃を乱射し仲間を死傷させてしまいます。マックスに足を撃たれて取り押さえられますが、グリフは「バナナフィッシュ」とうわ言のように繰り返すだけでした。それから12年、ストリートチルドレンのリーダー・アッシュは、撃たれた瀕死の男から薬品を受け取り、バナナフィッシュに会えという言葉と住所を聞きます。バナナフィッシュとは一体何なのでしょうか?続きが気になってどんどん読みたくなってしまう作品です。少女漫画ではありますが、男性にも楽しんでもらえると思います。著者は「海街diary」「カリフォルニア物語」の吉田秋生。ラジオドラマ化もされました。
    制作担当:生さんま
▲ページTOPへ