マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

BANANA FISH 1巻の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

少女マンガ
BANANA FISH 1巻
この巻を買う/読む

BANANA FISH 1巻

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(4.8) 投稿数218件
BANANA FISH(19巻完結)
作品内容

1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。ベトナム戦争で出征した際、麻薬にやられて正気を失ったままの兄グリフィンの面倒をみていた彼は、兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。殺された男を追っていたのは暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネ。アッシュは男と最後に接触した者としてディノに疑われる。雑誌の取材でアッシュと出会った、カメラマン助手の英二も巻き込んで事件は思わぬ展開を見せ…。

作品ラインナップ  全19巻完結
レビュー
BANANA FISHのレビュー

平均評価:4.8 218件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 孤独を埋めるほどの出会い
    れいさん 投稿日:2017/7/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 こちらを読んでいつも最終的に思うのが、人は人によって狂わされもするけど、逆に人によって救われることもあるんだ、ということです。 アッシュの絶望と孤独、自分を踏みにじるものへの憎しみ。 それが英二との出会いで、彼は少しずつ、でも確実に変わっていく。 守りたいものが出来たからこそ、それが弱味となってラストに続いてしまったとは思うのですが、それでもアッシュは最後に最高に満たされて幸せだったと思います。 ギャングの抗争や荒れたスラム、人を狂わせるバナナフィッシュ。描いても大丈夫か心配になる小児性愛の闇。 アッシュと英二の繋がりに、それらのエッセンスを絡めながら進むストーリー。 絵が、個人的には8巻あたりからが好きかなと思います。 リヴァー・フェニックスっぽくなってきてて『綺麗な猫』『美しい』という表現にやっと追いついてきてる感じ。 最終巻に掲載されている短編も好きです。 アッシュとショーターの出会い、シンと暁の出会い。 静かなシーンほど、吉田先生の作品は泣けます。 続きを読む▼
  • (5.0) やっと読めた
    すうさん 投稿日:2017/7/20
    小学生の時、姉が友人から借りたのに、「あんたにはまだ早いからダメ」と言われ読ませてもらえなかったバナナフィッシュ。この歳になりようやく読めました! アッシュ…えーちゃん… 長年愛されるのがよく分かりました。 それにしても少女漫画誌でこ のコンテンツ?!思い切った掲載でしたよね。素敵です!!! もっとみる▼
  • (5.0) 初めと終わりで絵がすごい違います
    なむあみさん 投稿日:2017/7/18
    初めは絵のタッチが今の絵と違い荒い感じはありますが、内容的にははじめの方が謎が多くて引き込まれます。子どもの頃に読んだときはなかなか内容が難しくてわかってなかったので大人になってみるとまた違う見えかたがあり面白くそして最後はいつも泣けます。
  • (5.0) まるで映画を観ているよう
    みかんずきさん 投稿日:2017/7/15
    コマの運びやストーリーはまるで映画作品を観ているようで、一気に読んでしまいました。 人に勧められて読んでみましたが、とても素晴らしい作品に出逢えたことを感謝しなくては。
  • (5.0) 永遠の友情
    ちび助さん 投稿日:2017/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 マフィアやドラッグやらシマ争いやら内容はかなりヘビーだったと思う。その中でも英二といることで少し心が柔らかくなってくアッシュ。ああ、こういうのには入り込めないんだなあ。と思った。 最後図書館で幸せそうに目を伏せるアッシュに泣いた人はきっとたくさんいると思う。 続きを読む▼
少女マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 謎解きストーリー
    ベトナム戦争中、アメリカ軍の兵士グリフは突然銃を乱射し仲間を死傷させてしまいます。マックスに足を撃たれて取り押さえられますが、グリフは「バナナフィッシュ」とうわ言のように繰り返すだけでした。それから12年、ストリートチルドレンのリーダー・アッシュは、撃たれた瀕死の男から薬品を受け取り、バナナフィッシュに会えという言葉と住所を聞きます。バナナフィッシュとは一体何なのでしょうか?続きが気になってどんどん読みたくなってしまう作品です。少女漫画ではありますが、男性にも楽しんでもらえると思います。著者は「海街diary」「カリフォルニア物語」の吉田秋生。ラジオドラマ化もされました。
    制作担当:生さんま
▲ページTOPへ