We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
美味しんぼ 1巻
この巻を買う/読む

美味しんぼ 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数33件
美味しんぼ(111巻配信中)

作品内容

「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  111巻まで配信中!

  • 美味しんぼ 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 8巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 9巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!
  • 美味しんぼ 10巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「究極のメニユー」作りに挑む、東西新聞社文化部の、山岡士郎と栗田ゆう子。「食」ブームを巻き起こした大人気作!!

レビュー

美味しんぼのレビュー

平均評価:3.6 33件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 食が主題の人情話!
    kerr91さん 投稿日:2021/7/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃家族が読んでいたのをきっかけにハマり、結局一番のファンになりました。特に最初〜山岡と栗田さんが結婚するまでがストーリー的に面白いです。プロポーズのシーンは、ロマンチックでは全くありませんがこの二人ならではの素敵なもので印象深いです。食材や料理に関する蘊蓄はとても興味深いですし、人情話としても楽しめます。何より料理を通じて人々が幸せになるのが良いですね。食は勿論、政治などに対する主人公・山岡士郎の思想の主張が少し激しすぎるように感じる方もいらっしゃるかと思いますが、彼がそれだけこだわりの強い人間だからこそ楽しめることも多いと思うので、私は気にしないことにしています(笑)。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 食の本質を追求する
    ユウさん 投稿日:2020/5/2
    稀代の美食家であり、芸術家である海原雄山。そして、その息子であり東西新聞社勤務の山岡士郎。雄山は帝都新聞と『至高のメニュー』を、山岡は同じく東西新聞社の栗田ゆう子とともに『究極のメニュー』を作成。真の美食を追い求めていく…。国民的グルメマン ガ! もっとみる▼
  • (5.0) 好きなマンガ
    Uyam さん 投稿日:2017/8/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 食に関するうんちくをこれで学べる気がします。 一冊一冊がもっと安かったらな。。コンビニに売ってるやすいやつみたいに。。 家庭用理に関する話などは、読むと料理がしたくなる本。 山岡さんはいつも二日酔いでゲロ吐いてるような。。 続きを読む▼
  • (5.0) おもしろいです
    のりたぁさん 投稿日:2013/2/20
    懐かしの漫画です、昔よくテレビ化されたものをみていました。なつかしく、でも新たな発見があってとってもとってもよかったです♪♪単行本はもっと先まで出ているので、早く次のも出して欲しいです。
  • (5.0) 食への功績が大きいマンガ!
    ゆずさん 投稿日:2021/1/1
    子どものころに読み、はまりました。久しぶりに読んだら、やはり面白いです。美味しい食べ物や料理はもちろん、食の安全性や問題喚起など、内容が濃い。最終巻が出て、続きがないのがさびしいです。
  • (5.0) 勉強になります
    福ちゃんさん 投稿日:2018/7/6
    アニメも見ていましたが、やはり面白いです。 ただこの作品のうんちくを普段披露すると人から嫌われそうなので(笑)、へ〜そんな世界もあるんだ、という程度に見ております。
スタッフオススメ!
  • 出てくる食が気になる
    東西新聞文化部所属の山岡士郎と、新入社員の栗田ゆう子を軸に物語は進みます。第1話ではまだ出てきませんが『海原雄山』の名は皆さんご存知かもしれませんね。栗田が配属されたことにより始まる物語。そんな中、社主大原太臓から社員へある命令が下されます…大原太臓は究極のメニューという食文化を後世へ伝える企画をしたのです。山岡と栗田!これからこの二人はどう食と関わって行くのだろうか、そして究極のメニューは?原作は雁屋哲、作画は花咲アキラ。テレビアニメ、ドラマ、映画とこの作品は数多く一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。アニメは1988年から放送、ドラマは1994年に山岡役を唐沢寿明、栗田ゆう子を石田ゆり子。後にTOKIO松岡昌宏と優香でも放送。映画では佐藤浩一、羽田美智子で上演されました。
    設計:人参次郎
▲ページTOPへ