電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
暁のヨナ 40巻
35巻には特装版が存在します。特装版はコチラ

作品内容

南戒の暗殺集団・ドロモスが緋龍城に侵入。将軍・ヴァルと共に戦うメイニャンの元に現れたのはまさかの…!?

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  40巻まで配信中!

  • 暁のヨナ 31巻

    450pt/495円(税込)

    千州との戦に勝利し、領土を広げた高華国。しかし重傷のハクと、声の出ないヨナ…。ケイシュクから喉の薬をもらい、ヨナが声を出せるようになり言いたかったこととは…?そして、負傷兵の手当てをし、空の部族の医療技術に興味を持つユン。緋龍城まで来れば医術を教えるというケイシュクの狙いは…?
  • 暁のヨナ 32巻

    450pt/495円(税込)

    始まった四龍御披露目の武術大会。キジャとジェハは、ジュド・グンテ相手に闘技台を壊すほどに力を発揮する。力を使い果たしたキジャとジェハが倒れ、試合は終わるが、ヨナ姫・雷獣の帰還に加え、四龍の力を見た民衆は湧き立つことに。そして、ヨナや四龍と隔てられてしまったハクは…?
  • 暁のヨナ 33巻

    450pt/495円(税込)

    ハク、四龍との接触を禁じられたヨナは、スウォンへの面会を頼むが断られてしまう。夜、ヨナは自室を忍び出て執務室へ向うが、いざスウォンを前にすると言葉に詰まる…。一方、四龍が軍事演習に参加することになり…!?ハクの少年時代を描いたショートも収録の33巻!
  • 暁のヨナ 34巻

    450pt/495円(税込)

    スウォンの母・ヨンヒの手記を読み進めるヨナ。ヨンヒが緋龍王の血筋だと知った神官達を、夫・ユホンは全て処刑する。その神官弾圧から約9年。スウォンを産んだヨンヒはある女性に出会う。彼女は神官弾圧から生き残った巫女・カシだった…!
  • 暁のヨナ 35巻

    450pt/495円(税込)

    緋の病で体調がすぐれないスウォンの代わりに、ヨナが南戒使節団との会談に出席する。対等以上に渡り合うヨナだったが、使節団のうち1人が急死。ヨナはその犯人とされてしまい!? ※別に、35巻の【現パロ番外編+スケッチ集付き特装版】も配信しております。
  • 暁のヨナ 36巻

    450pt/495円(税込)

    牢を抜け出したメイニャンはハクと出会うが、共に脱獄しようという誘いを断られる。一人で脱獄する中、負傷の為気を失った彼女はユンに保護される。一方、南戒ではメイニャンは帰国したはずとなっており――!?幼き日のスウォンが風の部族領を訪れた番外編も収録!
  • 暁のヨナ 37巻

    450pt/495円(税込)

    高華国と南戒の戦を目前に、ヨナは戦場に立つ決意を固める。一方、ユンと共に金州を通りがかったハク。グンテが斃れたことにより守りが薄くなった金州で、最前線で戦うことになり!?
  • 暁のヨナ 38巻

    450pt/495円(税込)

    南戒との戦を前に、高華国軍は全部族を招集する。そしてヨナも四龍と共に従軍し、戦場に立つ。一方、ラーン将軍の水攻めで消息不明になっていたハクは…!?
  • 暁のヨナ 39巻

    450pt/495円(税込)

    高華国と南戒の戦は激しさを増す。南戒軍中のハクは高華国の助けになるよう動くが、かつて刃を交えたラーン将軍と出会い、高華国の人間だということが露呈してしまい--!?
  • 暁のヨナ 40巻

    480pt/528円(税込)

    南戒の暗殺集団・ドロモスが緋龍城に侵入。将軍・ヴァルと共に戦うメイニャンの元に現れたのはまさかの…!?

レビュー

暁のヨナのレビュー

平均評価:4.7 2,215件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 笑いあり涙あり
    こおさん 投稿日:2023/2/2
    テンポが良く、わかりやすく、面白い。 アクションもちゃんと描いてくれるのが好き。 恋愛の要素はあれど、話の主軸ではなくエロさもないから、読みやすい。 継続して買います!続き待ってます!

高評価レビュー

  • (5.0) 壮大すぎるファンタジー
    まるみんさん 投稿日:2022/12/31
    これは果たして少女マンガという括りで語っていいものなのだろうか。好きな人に父親を殺されるという衝撃の展開から始まった物語が、一人の少女の成長や仲間との信頼関係だけでなく、国を動かす壮大なストーリーになるとは思いもしませんでした。 とにかく 、ヨナの世界は全てが現実世界以上にリアルです。登場する人たちの背景や性格、部族や国の地域性や特徴、果てはギャグの精度一つ一つが、本当に丁寧に緻密に完璧に細部まで描かれていて、草凪先生は一体どこまで考えて描いているんだろうと漫画の世界を飛び出したその先の先生の頭の中まで覗いてみたくなるくらい、全てが完璧な作品です。物語が長く続けば続く程、ただ世界が広がっていくだけでなく、深く色付き深く影を落としていく。そこにいる人全ての行動や考え方に矛盾がなく、ヨナの世界の人たちはみんな本当に“生きている”と感じます。 その中でも特にゼノの話は本当に素晴らしいです。何度読んでもゼノの生き方やゼノの長い人生に涙が止まらないし、その度にゼノの優しさややるせなさが伝わってきて心が痛くなります。ツラい思いをしても尚、人と関わることをやめなかったゼノの強さは私の生きる道標です。 そして、ヨナの世界を語る上で欠かせないのが幼なじみ3人のこと。親友であり、ライバルであり、仲間であり、理解者であり、お互いが自分より大切な存在。そんな3人がそれぞれの思いを抱えそれぞれの道を必死に歩こうとするものの、お互いが大事すぎて、意図せずも交差し、干渉し、引力が働くかのように引き寄せあってしまう様は本当に悩ましく、本人たち同様に読んでいるこちらもズタボロに傷付いてしまうくらいです。何度も、「なぜ…」と自問し、「どうして…」と苦しめられる、そのくらいこの3人の関係は複雑に絡み合い拗れてしまっているのがつらく悲しいです。この3人がどういう未来を紡ぐのか、最後は幸せになってくれることを願ってやまないです。 最後に、ヨナ&ハクのコンビは本当に最高です。2人のたまにしかない恋愛シーンはこれ以上ないくらいキュンキュンするし、ハクのあの色気は本当に言葉では言い表せない程カッコいいです。ヨナ最大の見せ場であるブチ切れ告白は私史上最高の告白でした。あんな告白見たことないのに、ハクにはあれが一番似合っていて、あんな展開を描ける草凪先生は天才です。今後もずっと読み続けたい作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) その強い生き様に誰もが魅了
    ちょこらさん 投稿日:2021/4/25
    数々の試練をヨナ姫とその他仲間達で乗り越えていく訳ですが、彼女はただ 守られるだけではなく 自分自身の弱さを変えようと 自ら荒野の道を歩みます。 そんな 姿に様々な人達が魅了され 彼女の力になりたい 彼女のようになりたいと手を差し伸べてゆ く。 かくして そういう私も ヨナ姫に魅了された者の1人です。 勿論ヨナ姫以外の人も素晴らしいです。 まずは従者のハク。 高華国の中でも 雷獣 と称され 緋龍城(王宮)の要として迚強い武人の一人です。その一方で 自身の里の仲間達の事を思う優しさも持ち合わせており、子供の頃からヨナ姫を守り続けて今も尚 共に戦っています。その内に秘めた 恋心が実るかどうかは 皆様の目で ご覧下さい。 次に スウォン です。 ヨナ姫の 従兄弟であり ハクとヨナ姫と三人で とっても仲良しです。迚 優しさ溢れる彼ですが、彼の過去 その 眼差しに込められた覚悟に2人は気付けずに…。この先 どうなったのかは 本編でお楽しみください。 次は 勿論 四龍&ユン ですね。 長い旅路の中、ヨナ姫とハクの仲間として 家族として出会い 共に戦ってきました。 ユンは皆のお母さん的存在で 天才美少女ですが、少々涙脆く それでも ヨナ姫を守らんと 強くあります。既に 母が板に付いてきた 面白くも優しい ユンにも 必見です(笑) 四龍は何千年もの間 血を引き継いできた 白龍(キジャ) 青龍(シンア) 緑龍(ジェハ)と 何故か他の四龍とは 少し違って一見 何の力も無いように思える 黄龍(ゼノ)の4人です。ヨナの事を この4人は主と慕います。そして遂に四龍は集結!これは凄い事が起きる…と思いきや、繰り広げられる日常は 最早 ドタバタコメディー(笑)ツッコミ役のユンも大忙しな日々を送っています。然し 龍の力を宿す者、他とは別格な強さで戦いを制していきます。少女漫画には 少々珍しい 激しい 戦闘の様子も注目です。 どうか これを読んだ皆様が 少しでも『暁のヨナ』に興味を持っていただければ 幸いです。 もっとみる▼
  • (5.0) 1巻で切るなんて勿体ない
    こたさん 投稿日:2021/4/21
    大事に育てられてきた世間知らずだった可愛いお姫様が傷だらけになりながら強くカッコ良く成長して行く姿がとても心に響く。最初の方は所詮プロローグ。ヨナがカッコ良くなってからが本当の始まりです。 登場人物が全員魅力的で、最初は嫌いだったキャ ラすらも好きになってしまうほど推ししかいない状態になります。暗く悲しい過去を持つキャラも多く、本編自体もシリアスなシーンが沢山ある作品ですが程よくギャグシーンが挟まれて重すぎず楽しく読めてしまいます。そしてそのギャグシーンが面白い。笑っちゃうから電車で読むの危険。ちなみに作者の柱コメントすら読者を笑わせに来てる。ストーリーがしっかりしていてキャラが多いのにゴチャゴチャすることも無いです。 1巻から続く、スウォンはなぜ…イルはなぜ…という謎は回を追うごとに増していきます。スウォンとヨナとハク3人の過去の関係性を知れば知るほど、そして本編の時間軸で3人がまた関わり合うほど、胸が苦しくなりこの3人の幸せを願ってしまいます。そしてそこでまた、スウォンはなぜ…と無限ループしてヨナの沼から抜けられなくなります。 この3人の話からは全く逸れますが少しネタバレにもならないネタバレを言うと、死んで欲しい推しが出来たのはこの漫画が生まれて初めてでした。 18巻辺りまで読むとメインのキャラクターの過去がだいたい明かされてくるので1巻で切らずにぜひ沢山の方に読んで欲しい。ハンカチ必須です。 頼む全員幸せになってくれ。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

異世界ファンタジー
編集:鋼女 (シーモアスタッフ)
花とゆめで連載されていた人気漫画「NGライフ」の作者、草凪みずほ氏による異世界ファンタジー漫画「暁のヨナ」。高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは、皇女という立場ながら恋や自身の容姿に悩む、普通の年頃の女の子です。周囲の人々から大切にされ、幸せな日々を送っていた彼女でしたが、ある日を境に過酷な運命に巻き込まれていくことになります。2014年から2015年にかけてアニメも放送されていたので、知っているという方も多いのではないでしょうか。タイトルの暁は、ヨナの珍しい赤毛を指しています。無知で世間知らずだったヒロイン・ヨナが、大切な人たちを守るため、心身ともに成長していく姿は必見です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ