漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
少女マンガ
リョウ 1
この巻を買う/読む

リョウ 1

通常価格:
588pt/588円(税抜)
(4.1) 投稿数78件
リョウ(8巻完結)
作品内容

【ページ数が多いビッグボリューム版!】遠山りょうの前にある日突然、平安時代より来たという謎の男が現れる。ところが弁慶と名乗るその男により、りょうは自分が現代の人間ではなく、あの牛若丸だと知らされる。りょうを待つ運命とは!?

作品ラインナップ  全8巻完結
レビュー
リョウのレビュー

平均評価:4.1 78件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 次世代に伝えたい大作です。
    Akiko Zen Tomokawaさん 投稿日:2019/5/17
    小学校の時に叔母の家にあったのを読んで、10年経って懐かしくなり購入。 ヒトが生まれて体験することは、予め決めていた使命のためなのかと痛烈に思い知らされました。 物語でありながら、実はそんなことが日常であるんじゃないかとリアリティも感じ られました。 初めて読んだあの日と変わらず素晴らしい作品でした。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) はや20年前
    天水さん 投稿日:2019/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 小学生の時に連載されていた作品がふとなつかしくなって。 もう数十年前の作品にもかかわらず、今読んでも魅力は色褪せず、イラストは美しく、キャラクターひとりひとひがそこに確かに生きています。 弁慶も維盛も頼朝も、ヒロインを想う男性が皆カッコ良くて男気のあるイケメンばかりです。 筋肉隆々の魅力的な男性陣(花形の維盛のぞく)や、 時代物の衣装や小道具をもって躍動感がある画力の中で、女性的な感情に染み渡るような恋愛要素が楽しめる作品ってすごく貴重です! ヒロイン含めた女性も品格と色気があって、とにかく登場人物全てに惚れ惚れしてしまいます。 漫画というより映画を観ている感覚の濃さ、子供の時分にこんな素晴らしい作品に出会えてたなんて本当にラッキーだったなと思います。 大人になった今も作品に吸い込まれてしまいました! 私もこんな男性と愛し合いたい!笑い 名作を久々に読めたことと、淡い懐かしさに心から星5です。 感謝です。。ありがとうございます。 続きを読む▼
  • (5.0) 泣けました!
    トンチさん 投稿日:2018/10/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 リョウが車にひかれ 弁慶のところにいきたい!と死んでいく最後は泣けました。弁慶もリョウを守って死んでいく最後に感動しました。成長した葵が二人を逃す為に身代わりになり死んでいく最後、印象的でした。現代では 本当のリョウと葵が あの橋の上で走っていく姿でおわるのも それを見届けた海尊も 印象的でした。壮大な 大きな この物語は何度も何度も読み返せる価値があります。 続きを読む▼
  • (5.0) 大好きです。
    Yooxさん 投稿日:2018/10/11
    一気に読みました。10代の頃に読んでいたのですが、久々思い出してデジタル版を読みました。30代になった今もとても面白いと思えます。
  • (5.0) 何度も読んでいるけど面白い
    そらそらをさん 投稿日:2018/9/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 高校の時、友人から借りて読んでハマりました! 歴史が絡みますが、私のように歴史が全く分からない・興味がない人でも楽しめると思います。 生きること、命を懸けて時代を駆け抜け、築き上げた愛する人との絆、そしてその愛する人との子供を守り命をつなげて行くこと…。 難しいストーリーではなくとても読みやすく、尚且つ深い内容だと思います。 ラストは本当に悲しいですが、ただ喪失で終わるのではなく、愛が生まれ、愛を育み、命を懸けて守り、そしてその愛を守り抜いたりょうの一生を終えるという、それもまたこの物語での重要な部分と思います。 初めは少し古いタッチの絵ですが、徐々に変わっていきとても綺麗な絵になっています。 続きを読む▼
  • (5.0) 名作
    もこじさん 投稿日:2018/8/20
    話の作りが巧妙で引き込まれます。時代物だけど、歴史を知らない人でも大丈夫!むしろ知っているとツッコミ所があり過ぎなので笑。維盛にしろ頼朝にしろ、狂って行く男性の描き方が非常に上手い作家さんですよね。終盤のどんでん返しは、本当に泣けました!こ ういう結末もありだよなーと。上田先生の絵はとても綺麗なので、読んでいて癒やされます(主にイケメンに)。 もっとみる▼
少女マンガランキング
スタッフオススメ!
  • JK牛若丸
    女子高生・りょうの目の前に突然謎の男が…!しかも、りょうのことを牛若丸と呼び、さらには自分のことを弁慶だと告げる…!弁慶お前…黒髪長髪イケメンだったのか…不慣れな現代生活の様子にギャップにキュンとしちゃう。タイムトリップラブロマンスです!
    制作担当:ひややっこ
▲ページTOPへ