漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (1)

通常価格:
562pt/618円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数15件
むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(54巻配信中)

作品内容

“むこうぶち”―――それは、一匹狼の真のギャンブラーを意味している。新宿、赤坂、六本木――、東京深奥部のマンションや雀荘に、高レートの場が乱立した1980年代。そこに、冷酷非情な伝説の強者・傀がいた! 今日もまたギャンブルに狂った男たちが全てを失い、消えていく――。

作品ラインナップ  54巻まで配信中!

レビュー

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝のレビュー

平均評価:3.6 15件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) バブル真っ盛りな
    ユウさん 投稿日:2020/6/29
    1980年代、都内では新宿・六本木・赤坂・西麻布などで高レートのマンション麻雀が乱立。そこに゛むこうぶち”と呼ばれる傀(かい)と呼ばれる男がいた。傀のキメ台詞『御無礼』、みんな真似してましたね!懐かしい!
  • (5.0) 奮い立たせてくれる聖書
    Goriさん 投稿日:2019/10/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 むこうぶちは麻雀熱が出たら読む聖書です。ゾクゾク、ワクワクする展開が楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) 麻雀は二の次で読んでます
    アビガワさん 投稿日:2019/5/5
    初心者向けの教本ではないし元は麻雀雑誌での連載作品ですので、ルールが解らない初心者や素人には麻雀中のシーンは役から何からちんぷんかんぷんで当然。 私も闘牌シーンは半分読み飛ばしてます(笑) ただ私は、人間ドラマの方に十分面白さを感じまし たので他のレビューにあるような『ルール解らないからつまらない』と投げ出すのは勿体無いと思います。 傀に翻弄されるキャラクター達も個々に魅力があり、楽しく読ませて頂きました。 もっとみる▼
  • (5.0) 麻雀をもって人を食らう鬼の話
    yuoさん 投稿日:2015/10/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 人間離れした麻雀の強さをもつ主人公ではなく、それに関わる人たちの視線で物語が進んでいくのが面白いです。 全てを失い破滅する者、強さに憧れ追いかける者、金を失うも何かを拾うもの・・・色々な味のある作品であると思います。 続きを読む▼
  • (4.0) 昭和末期の
    aoiさん 投稿日:2020/7/10
    バブル感溢れる世界観と結末を予想させない展開がグッド 登場人物が皆一癖も二癖もあって飽きさせない内容です
スタッフオススメ!
  • 賭けマージャンの世界
    天獅子悦也・安藤満両氏によるギャンブル漫画です。「むこうぶち」とは一匹狼の真のギャンブラーのこと。1980年代、バブル期の東京。高レートの賭け麻雀を行う雀荘に伝説の強者・傀がいました。本名や職業などは不明の謎の男。圧倒的な強さを誇る彼の決め台詞は「御無礼」。これを言われた相手が勝つことはない…。冷静な傀に容赦なくやり込められる対戦相手には、ちょっと同情してしまいます。でも「御無礼」と言うときの表情がとにかくカッコよく、スカッとしますね。麻雀のことがよくわからなくても問題なく楽しめます!心理戦にドキドキするはずですよ!この作品は実写映画化もされていて、主演は袴田吉彦さん!スピンオフの「むこうぶち外伝EZAKI」もぜひどうぞ。
    広報:海人
▲ページTOPへ