漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
花は咲くか 5巻 特装版
この巻を買う/読む

花は咲くか 5巻 特装版

通常価格:
1,050pt/1,155円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数498件
花は咲くか(5巻完結)

作品内容

想いを確かめ合い、共に進む未来のことを考えるようになった桜井と蓉一。蓉一は、桜井に「父は自殺したのではないか」という長年胸に抱えていた疑念を語り始める。そんな折、屋敷林に囲まれた水川家を取り壊す話が彼らの耳に入ることとなる。この家で下宿を続けたい――初めて抱く強い気持ちに押され、蓉一は水川本家へと向かうが!?ゆるやかに紡がれるラブストーリー、ついに完結。描き下ろし&コミックス未収録作を収録した小冊子付き!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 花は咲くか 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    619pt/680円(税込)
    広告代理店勤務の桜井は、帰途、ある青年とぶつかって仕事の資料をダメにされてしまうが、その相手が同じ資料を持っているとのことで家に招かれた。彼はその古くて広い一軒家で下宿を営む家主だという。水川蓉一と名乗るその青年は大学生で、桜井に対してひたすら無愛想。そっけない態度と不躾な眼差しを苦手に思いながらも桜井は、「家が気に入った」とたびたび蓉一のもとを訪れるようになり……。
  • 花は咲くか 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    619pt/680円(税込)
    広告代理店勤務の桜井は、無愛想な美大生・蓉一と出会い、彼が下宿を営むその古くて広い家をたびたび訪れるようになる。そっけなく無愛想に接してくる蓉一を苦手に思いながらも、次第に惹かれていく自分に戸惑う桜井。ある日、蓉一は桜井の自宅に行きたいと言い出した。彼の自分に対する変化に桜井は……!?
  • 花は咲くか 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    648pt/712円(税込)
    蓉一の同級生・藤本の挑発をきっかけに、桜井もまた水川家への下宿を決めた。互いに強く惹かれていく桜井と蓉一だったが、逡巡し踏み込めない日々が続いている。そんな時、菖太の父親が突然水川家を訪れた。その時、桜井と蓉一は…?
  • 花は咲くか 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    648pt/712円(税込)
    強く惹かれあいながらも、ためらい、今一つ踏み込めなかった桜井と蓉一。ようやく互いの心が寄り添ったその矢先、桜井の大阪転勤が決まる。なかなか桜井が伝えられないうち、蓉一の知るところとなり、思わず言い争いになってしまい……!?
  • 花は咲くか 5巻 特装版
    登録して購入
    通常価格:
    1,050pt/1,155円(税込)
    想いを確かめ合い、共に進む未来のことを考えるようになった桜井と蓉一。蓉一は、桜井に「父は自殺したのではないか」という長年胸に抱えていた疑念を語り始める。そんな折、屋敷林に囲まれた水川家を取り壊す話が彼らの耳に入ることとなる。この家で下宿を続けたい――初めて抱く強い気持ちに押され、蓉一は水川本家へと向かうが!?ゆるやかに紡がれるラブストーリー、ついに完結。描き下ろし&コミックス未収録作を収録した小冊子付き!

レビュー

花は咲くかのレビュー

平均評価:4.7 498件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 桜井さん
    定規さん 投稿日:2021/5/6
    桜井さんのおじさん具合がちょうど良い。 ギラつきすぎず、だらしなさすぎず、ちょっと枯れはじめてる感じ。 いろいろ考えて踏みとどまりつうも、アッサリ一線越えてっちゃうとこもいい。

高評価レビュー

  • (5.0) ついに完結!
    yukioさん 投稿日:2015/4/4
    ついに最終巻です!泉沢の水川家を中心にとした群像劇、BLではありますが、主人公を含むそれぞれの人達の成長物語でした。 あんなに、人に対して無関心、無感動、そして無表情だった蓉一が、この表紙の笑顔!本当に感慨深いです。 蓉一だけではありま せん。今まで「大人の分別」で蓉一に対し一歩引いていた桜井が、分別なんぞくそくらえとばかりに本気出します。それは、水川家に関わる人、親族、友達も同じです。それぞれが気付かないフリや、諦めていたことに対し、向き合って新たな道を切り開いていく…。過去に縛られ、閉塞していた水川の家に、桜井という異物が入ったことによって風穴が開き、どんどん薄暗い雲が晴れていくんですよね。 蓉一の両親の死の謎も明らかになり、そうですね、全てスッキリしました。 そしてそして、私の中でBLに重要なHシーン。ヤラレました。いや、この作者さんはそんなにHシーンの粘度は高くないのですが、でもエロい。いや〜んと叫んでしまいました、心の中で。「声でかい」蓉ちゃん…萌える…。 特装版ならではの小冊子分の話も付き、通常単行本分の値段としてはかなりお高めではありますが、価値はあると思います。後、かなり意外なCPが成立するので、それもお楽しみにして下さい(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 一巻だけでも読んで!本気でオススメ!
    211さん 投稿日:2019/4/22
    攻めの桜井さん、お疲れ系のヘタレおじさんかと思いきや、ここぞと言うところで攻めてくる! ここでこのキスがくるかぁー!!!!と久々に悶絶しました! そして受けの蓉一も繊細尊い! 大分前にお試しで読んだときに、ぶつかっといてこの態度かい、 こりゃあ無表情系の受けだわー可愛いげないわー苦手だわーと思ってコミックごと敬遠しちゃったけどなぜもっと早く読まなかったのか非常に悔やまれる。 こんな可愛くて意地らしい受けがいたかな?(笑) 気づけば桜井さんと同じように蓉一が気になってくる不思議(笑) 他の登場人物たちももれなく素敵な人ばかり。脇役たちに感情移入して笑えたり、切なくなったりして、それぞれの未来や過去との向き合い方にジンとしたり。 それがあるからこそ桜井蓉一カップルを取り巻く環境、ストーリーに厚みが見いだせる。 本当に読んでよかった作品!多分何度もこの作品を読み返すと思う。まだ読んでいない人はとりあえず一巻だけでも読んでみてほしい、きっと続きを読みたくなるはずだから。 もっとみる▼
  • (5.0) 本気で人を好きになることの美しさ
    すわなおさん 投稿日:2014/4/7
    受の蓉一くんは常に無感情というか、他人に興味ない、無愛想な美人タイプのキャラクター。攻の桜井さんと出会い、関わることでその無感情だった表情が少しずつ動き、やがてはクルクルと変わるようになり。 人の気持ちを考えるどころか、無でしかなかっ たはずの周りの人への感情も、恋心を知ることで少しずつだけど変化していき。 相手のために変わらないとだめだって自分から行動をおこすように、一生懸命考えて考えて、成長していく蓉一くんが本当に愛しくて可愛くて…! 確かに絡みのシーンも少なめだし、まったりと進んでいくお話ではありますが、BLの醍醐味と言いますか、男同士であることの葛藤ですとか、また周りの人々の感情に至ってまで本当に丁寧に描かれた作品だと思います。このまどころっこしさというか、なかなか進展しない関係がお好きな方はきっとハマるはずですよ! 偏見なく読んでくれるなら、BLを読んだことない人にも勧めたいぐらい。笑 本当によくできた作品で、大好きです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ