漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

君によせるブルー

通常価格:
571pt/628円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数36件
君によせるブルー(1巻配信中)

作品内容

小さな島の港町に都会から転校生がやってきた。人懐っこい性格の悠太は、孤立していた転校生の航平と親しくなる。大人びた雰囲気の航平に憧れのような気持ちをもつようになった悠太は、ある日、航平が告白されている場面に遭遇する。そこで航平に好きな人がいることを知り……。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 君によせるブルー
    登録して購入
    通常価格:
    571pt/628円(税込)
    小さな島の港町に都会から転校生がやってきた。人懐っこい性格の悠太は、孤立していた転校生の航平と親しくなる。大人びた雰囲気の航平に憧れのような気持ちをもつようになった悠太は、ある日、航平が告白されている場面に遭遇する。そこで航平に好きな人がいることを知り……。

レビュー

君によせるブルーのレビュー

平均評価:4.2 36件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) キレイ
    salmonさん 投稿日:2021/5/5
    4つのお話が入ってます。表題作は1冊まるごとで読みたかったです。絵が繊細で叙情的で美しいです。最後のお話のモチーフの「ベルリン天使の詩」はすごく好きな映画で、この本を読んでまた観たいなって思いました。青井先生の作風と似通ってますね。ものさみ しい感じが漂っていて、人の命の脆さ儚さ、だからこそのキラメキというか。全体的にイチャラブとは無縁の世界でもうちょいなんかあってもですが、これはこれで余韻があっていいのかも。登場人物が愛おしくなります。 2014年2月 総163ページ ほぼエロなし。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 星4,5。あっさりだけど雰囲気が良い!
    lvivさん 投稿日:2018/5/18
    163ページ、表題作3話(厳密にはアザーブルー2話+後日談描き下ろしが表題作)+短編3つ、計4作品b。 ずいぶん前に買ったままだったんですが、今回読む前に作者さん検索したら、あの百年結晶目録の方だったんですね! あの透明感のある 、独特な心情がきれいな作品。 すごく好きだったんですが、どうりで。 こちらの話も作者さんらしい、きれいなお話集です。 でも知らない方がこれ1冊だけ読むと、話がどれも浅すぎて物足りないかもしれない。 どの話もこれからってとこで終わっちゃう。。 でも、これがまた作者さんらしいきれいな話にしあがってもいるので、作者さんの作風をご存知の(好きな)方には、これはこれでいいのかも、と納得してしまう(笑)。 どの話も好きでしたが、やはり表題作、3話もあるからストーリもしっかり。 もっと読みたかったー! ていうか、普通に1冊表題作で読みたかったっす! その後の話も欲しかったよぉー。 そして、最後の話が不思議な感じだけど、秀逸! あとがきで有名なドイツ映画を元に、とあったけどレビュー投稿に感謝! 何人の方がご存知でタイトルがベルリン天使の詩だそう。 いつかその映画も観てみたい。 3つ目の狐の話も好きでした。 2つ目の友人が結婚する話は、一番BLらしいネタでしたが、後半の展開がすごくいいです。 どれもサラリとしていてあっさり終わってしまうので、読み応えを求める方には評価が低いかもしれません。 でも、作者さんのあの独特な透明感のあるきれいなお話(雰囲気)が好きな方には、すごく良いです。 美しい、静かな映画を観ているよう。 ゆっくり、雰囲気を味わって楽しみたい方にオススメします。 もっとみる▼
  • (5.0) 美しくて良かったわ〜
    seven of nineさん 投稿日:2014/10/3
    とにかく絵が綺麗。風景も素晴らしいのでカラーで読みたい!4つのお話。どれも美しい抱擁と軽いキスのみで濃厚なHはありません。台詞回しや文章も文学的で構成力も高いです。美しい物語がお好きなかたは是非読んでね。 特に最後のお話が大好き。他で既読 してとても良かったので今回買ってみました。人間の人生の脚本家×その対象者の少年。文章も美しく高い芸術性に魅了されました。作中の映画は「ベルリン天使の詩」ですよね。若い頃観ました。懐かしいわ。 以下少しネタバレ。表題作。都会からの転校生航平×島の少年悠太。打ち解けられない航平に優しく接する悠太。秘密の浜で2人だけの時間を過ごす。抱きしめようとする航平に怖じ気ずく悠太「怖かった。嫌だと思わん自分がこわかった」このあたり両想いを確認するまでの構成力は秀逸です。親友の久に想いを寄せる和洋×先輩。久の結婚式で再会する2人。よくある展開ですが、先輩との過去シーンが効果的に入ったり、台詞も上手い。同僚と高校生和洋の髪型が似てて紛らわしいけど。狐の化身×病いで余命わずかな佐彦。これもファンタジー。喰らい同化すると同じものを見る。同化って究極の愛よね。佐彦は魂飛びかう美しい森を見ることが出来るのね。 もっとみる▼
  • (5.0) 美しい世界観で、切ないけどハピエン!
    さかな子さん 投稿日:2016/11/6
    前から気になってた青井秋さんを初読み。美しい絵に文学的な流れと言葉選びにすぐに引き込まれました。それに、結構雰囲気は出してるけど実は中身がないって作品もあるのに、青井さんのは世界観も物語もしっかりある!しかも、切なさもあるのにハピエン(個人 的な見解)!好みドンピシャです。表題作は地方ののんびりした空気と純朴な少年の恋愛に萌えました。かわいい〜。先輩×後輩ははじめ登場人物が何人いるのか混乱しましたが、メインが3人と把握してからはすんなり。王道だけど良かったです。妖魔のはケモミミ苦手なのとバドエンフラグなのに、好きになりました。美しい! あと、ラストのファンタジー、とってもいい。『ベルリン 天使の詩』(懐かしい〜)そのままといえばそのままですが、レトロな雰囲気で青井さんの世界になってました。好きな作家さんがまた増えて嬉しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 穏やかな余韻に満たされる
    TJさん 投稿日:2019/8/21
    どの作品も静かで美しく雰囲気のあるお話。短編なので確かに短いです、その先が読めたらそれはもっといいのかもしれないけれど物足りなさを感じることはなく、こういう作品なのだと満足ができるのです。1冊で四冊分の感動をもらえたことに心が満たされていま した。短編の雨のゆめふる(33頁) 美しいく情緒的な作品でどこか抜きんでている感がありました。一冊のうちで一番心に残った作品です。あるドイツ映画をもとにつくられた作品なのですね。その映画も観てみたい。短編不帰の森(16頁)、これも愛の形なのだと魅せられました。Night&Go(28頁)、お話の運びにひかれます。もちろん表題作も。薄青に澄んだ透明感のあるお話に心が喜んでおりました。 作者さんの作品に魅了されています。ありがとう。 2012/全163頁(表題作3話+短編3作品+あとがき) もっとみる▼
  • (5.0) BLです!
    読ゾウさん 投稿日:2015/8/4
    作者買いです。今までも本当に素敵な作品ばかりでBLと言う枠でなくても良いんじゃないかと(もちろん良い意味で。BL好きでも、そうじゃない方も幅広く読んでいただきたい、美しくて、ためになってしっかりとしたストーリー性があまりに素晴らしいので。) でも、今回はそんな素敵な、青井先生の良さをたっぷりと残したままでのBLになってました。ぜひぜひ、たくさんの方に読んでいただきたいです。 因みに一番お気に入りのページは「アナザーブルー」編の最後の二人が笑い合ってるカットです。ホントに素敵 もっとみる▼
▲ページTOPへ