We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
幽★遊★白書 15

幽★遊★白書 15

通常価格:
418pt/459円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数114件
幽★遊★白書(19巻完結)

作品内容

界境トンネルを開こうとする仙水一派を捕らえるため、躍起になる幽助達。敵の一人に襲われピンチになった桑原は、新たな力に目覚める。その力を必要としていた仙水によって桑原は…!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全19巻完結

  • 幽★遊★白書 11
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    ついに始まった暗黒武術会決勝戦、相手は宿敵の戸愚呂チーム。第一戦、蔵馬は鴉に10カウントをとられ敗退。第二戦は、飛影が武威を撃破。第三戦、桑原と戸愚呂(兄)の戦いは…!?
  • 幽★遊★白書 12
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    戸愚呂チームの提案で、幽助と戸愚呂の戦いが事実上の優勝決定戦となった。攻防を繰り返し、幽助の力を確かめた戸愚呂は100%の姿に! その強大な力に圧倒される幽助に対し戸愚呂は…!?
  • 幽★遊★白書 13
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    浦飯チームの優勝により暗黒武術会は幕を閉じた。だがすぐさま新たな事件が! 人間界にただならぬ動きがあるとの報告を受けたコエンマは、幽助に連絡をとる。しかしその幽助自身が…!?
  • 幽★遊★白書 14
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    新たな敵が、魔界と人間界をつなぐ界境トンネルを広げ、人間界を混乱に陥れようとしている。これを阻止するため、新しい仲間と共に行動を起こした幽助達。まずトンネルのある町に向かうが…!?
  • 幽★遊★白書 15
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    界境トンネルを開こうとする仙水一派を捕らえるため、躍起になる幽助達。敵の一人に襲われピンチになった桑原は、新たな力に目覚める。その力を必要としていた仙水によって桑原は…!?
  • 幽★遊★白書 16
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    桑原をさらわれた幽助達は、敵の本拠地がある洞窟に乗り込んでゆく。洞窟最深部に到達した幽助は、仙水との勝負を開始する。しかし、究極の闘気である聖光気をまとった仙水の力の前に…!?
  • 幽★遊★白書 17
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    仙水に倒された幽助。だが死んだ事で遺伝子内で眠っていた血が目覚め、魔族として甦った。魔界を舞台に戦う、仙水と桑原達の元に急ぐ幽助。魔界で始まる幽助と仙水の第2ラウンドの行方は…!?
  • 幽★遊★白書 18
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    今、魔界は三大妖怪といわれる妖怪により覇権が争われている。各々の事情で三大妖怪の元に向かう、幽助・蔵馬・飛影。三大妖怪の一人で幽助の本当の父、雷禅が死に魔界の均衡が崩れる…!?
  • 幽★遊★白書 19
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    幽助の提案で、魔界の覇権を賭けた戦い、魔界統一トーナメントが開催された。雷禅の旧友達の参加で、大会は誰が勝つかわからず混迷する。大会の後、人間界に戻った幽助達はそれぞれの道に…!?

レビュー

幽★遊★白書のレビュー

平均評価:4.6 114件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ハンターより幽白派
    Yu Saさん 投稿日:2021/2/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 冨樫作品で一番好きな漫画です。メイン4人のキャラクターが立っていて、ドライな関係ではありますがどことなく絆が感じられます。 ラブコメで始まり、王道バトル漫画からハンターのような能力バトル、終盤では青年漫画のような描写が多く、そして最終回はラブコメで終わります。今の漫画のように伏線をはったり、奇抜で細かな設定をつくったりなどはしていません。なのに、台詞回しや戦闘シーンの分かりやすさ、日常へのより戻り方のうまさが際立ちます。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) かっこいいだけじゃない!1巻を読め!
    まくらさん 投稿日:2015/8/22
    なつかしい…!当時はアニメで観た、キャラクターのかっこよさにすっかり惚れてキャーキャーいってましたが、大人になってから改めて1巻読むと、なんて泣ける話だんだ…というか幽助がいい子すぎて…思えばただかっこいいアクション漫画ではなく、根底に人情 があったからこそ心を揺り動かされていたのだと思います。当時でこそかっこいい飛影や蔵馬にメロメロでしたが、今は桑原くんがダントツで大好きです…!大人になってからこそこれはまた読むべき。特に1巻!1巻こそが根底にあると思って読むべき作品! もっとみる▼
  • (5.0) 不思議な魅力
    なおさん 投稿日:2019/4/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃から大好きでした。こういう話って見たことない。悪ガキだけどお人好しで、どこか人生投げてる主人公が、自分の死をきっかけに、生と死の狭間の世界で「生き直して」いく。バカだなぁと笑わせたり、バトルでワクワクさせたりする少年マンガらしい良さもありつつ、病んだ敵キャラや、魅力的な脇役キャラを通して、人間の闇を垣間見たり。全編通して、死の世界が匂わされていて、とにかく生きろ!みたいな熱い漫画ではない所も、独特だと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 進化する作画と世界観
    ばんびさん 投稿日:2020/10/5
    昔めちゃくちゃハマって単行本も集めてアニメも見てた!霊界探偵編や暗黒武術会編、仙水編(魔界の扉)、魔界編などそれぞれ全部に違った面白さがあってどんどん引き込まれてしまう。後半になるにつれ世界観と進化する作画が最高!冨樫さんほんとバトルシーン 巧いなー。連載当時、雷禅の登場の回がジャンプに掲載された時の画が凄すぎてカッコよくて驚いたな笑。メインのキャラ達も好きだけど個人的には若き日の幻海と雷禅とが大好き。 もっとみる▼
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ