漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
青年マンガ
響~小説家になる方法~ 1巻
この巻を買う/読む

響~小説家になる方法~ 1巻

通常価格:
550pt/550円(税抜)
(3.4) 投稿数220件
響~小説家になる方法~(11巻配信中)
作品内容

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。編集部員の花井は、応募条件を満たさず、ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説であった。作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

作品ラインナップ  11巻まで配信中!
レビュー
響~小説家になる方法~のレビュー

平均評価:3.4 220件のレビューをみる

最新のレビュー
高評価レビュー
  • (5.0) 響のファンになりました。
    miiさん 投稿日:2019/4/17
    潔く妥協しない響の生き方から何が生まれるのかと楽しみになる。小説に対する情熱が異常なのがまたいい!
  • (5.0) 面白過ぎる!
    takayuki yamamotoさん 投稿日:2019/3/7
    芸術家はこんな感じだと本当に思います。 新刊は絶対買います!
  • (5.0) 面白い
    るーさん 投稿日:2019/3/5
    響が本当にすごくてわくわくする。毎回続きが見たくなってしまい、買ってしまう
  • (5.0) 漫画という手法だからアリ
    あらびきさん 投稿日:2019/3/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 生き方が純文学(周りを顧みない、自分の価値観でしか生きられない)な本好きの女子高生、響。初めて書いた小説が色々な人を巻き込み影響を与えてゆく。はじめは物書きと編集に、そして文壇、出版業界に。さらには社会が少しずつ変わってゆく話。 物語の主軸なのに響の小説については具体的な描写はナシ。あらすじには触れられており、大抵は死生観がどうと響の小説を読んだ登場人物が言っているので、小説家やそれを目指す人だけではない、いわゆる「大人」にも響く、抉るような内容なんだろうな、と読み手が想像するしかない。響が無駄に暴力的で反社会的に見えるけど、小説が社会を変える話なのに肝心の文章が出てこないという欠落を埋めるために、響に一般的な枠組みから外れた行動をとらせることで彼女が「凡人には理解できない天才」だと表現しているので、物語の構造としては理解できる。響の小説の読者になれるのは本当の読者の私たちではなく、漫画の中のキャラクターだけ。どんなに面白い小説なのかとやきもきしてしまう。と同時に、影響を受けて価値観が変わり、良いほうにも悪いほうにも変わってゆくキャラクターたちを読むことで、間接的に響の小説の読者にもなりえている。 という2重構造が面白い。絵は上手ではありませんが、小説や言葉の力を信じている人には響く内容だと思う。文章が出てこない、漫画だから成立する、という皮肉も感じてしまうけど。 続きを読む▼
  • (5.0) ひびき
    Fullkyさん 投稿日:2019/1/30
    女子高生が小説書いたり文芸部に入ったり人殴ったり蹴ったり電車止めたりする話
青年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 文芸界に革命を!
    条件を無視した新人賞応募作『お伽の庭』から始まる、柳本光晴先生が手がけるストーリー。捨てられた作品は、編集者・花井ふみのおかげで賞をとりますが…。15歳の天才小説家・鮎喰響には読んでいてハラハラさせられます。「マンガ大賞2017」受賞&2018年秋に欅坂46の平手友梨奈主演で実写映画化!
    制作担当:タニー
▲ページTOPへ