マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ小学館ビッグコミックスピリッツビッグコミックスアオアシアオアシ 1
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
アオアシ 1

作品内容

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  35巻まで配信中!

  • アオアシ 35

    690pt/759円(税込)

    累計2000万部突破の国民的サッカー漫画

    ついに決戦の火ぶたが切られたvs.バルセロナユース戦。

    バルサのお家芸であるポゼッションサッカーに対して、
    エスペリオンは同じポゼッションサッカーで真っ向からぶつかることを選択。
    互角の勝負を繰り広げる!
    果たして最初に主導権を握るのは!?

    両チームの“負けられない想い”がぶつかる第35集!!
  • アオアシ 34

    630pt/693円(税込)

    気後れなんてしない。バルサユース戦開幕!

    ユース年代世界最高峰の大会「アルカス・カップ」に出場するべく、
    中東・カタールに降り立ったアシト達。

    初戦はvs.バルセロナユース!
    決戦を前に、「バルサの逸材」デミアン・カントと偶然の邂逅を果たしたアシトは、
    バルセロナと日本サッカーの「違い」を知ることになって!?

    “世界”への第一歩を踏み出す第34集!!
  • アオアシ 33

    630pt/693円(税込)

    福田過去編、衝撃と感涙のクライマックス!

    スペインのクラブ・サバデルに移籍した若き日の福田。
    言葉の問題に直面し初めこそ試合に出る機会に恵まれなかったものの、
    福田ならではの方法でその苦境を突破。
    試合で躍動し、チームの救世主となる!
    そしてついに、世界的クラブ・バルセロナとの大一番の幕が上がる。
    待ち望んでいたこの一戦が、彼にとって「運命の試合」となって!?
  • アオアシ 32

    630pt/693円(税込)

    スペインでのし上がれ。大反響・福田過去編

    花がスペインに留学する―――

    衝撃のニュースを聞き、混乱するアシト。
    「俺、あいつのことなんも知らんやん。一方的に俺が支えられてきただけ…」
    花にどう接すればいいか答えが出ないまま年末帰省したアシトだったが、なんと墓参りで愛媛を訪れていた花と出くわすことに…!!

    果たして、アシトは花に何を伝えるのか!?
    そして、二人の関係はどうなってしまうのか!?

    さらに、並行して語られていた「福田のスペイン時代の話」にも驚きの展開が…!!

    日本人が海外のプロリーグでプレーすることには、想像を絶する難しさがあった。
    若き日の福田は、いかにしてそれを突破していったのか!?

    ”アシトの成長”と”海外挑戦のリアル”を描く32集!!
  • アオアシ 31

    630pt/693円(税込)

    次なる目標は、打倒バルセロナユース!

    濃密すぎる3日間のトップチーム練習参加が終わった。

    念願だった「年明けからのトップチーム昇格」は叶わなかったものの、「国際大会でバルセロナユースに勝てればユースメンバーを広くトップに呼んで試す」ことをガルージャ監督から告げられる。

    「育成」において、輝かしい実績を持つクラブ・バルセロナ。
    一体、どんなクラブなんだろう―――
    スペインってどんな国なんだろう―――

    心が海外に向かうアシトだったが、そんな中、衝撃のニュースが飛び込んできて!?

    アシトの人生観が大きく揺れ動く31集!!
  • アオアシ 30

    630pt/693円(税込)

    トップ練習参加編、感動のクライマックス!

    3日間のトップチーム練習参加のうち、2日が終了。

    ここまでアシトは、40歳の大ベテラン・司馬のプレーに衝撃を受けながらも、
    なんとか爪痕を残すべく食らいつき続けている。

    「俺のすべては今日、この最終日にある。
    必ず与えられた課題をクリアしてやる」

    はたしてアシトは、運命の最終日に何を見せるのか。
    そして、この日をもって現役を引退しようとしている司馬は、
    そんなアシトに何を見るのか。

    感涙の30集!!
  • アオアシ 29

    630pt/693円(税込)

    アニメ第2クール、好評放送中!!

    青森星蘭戦終了後、3日間のトップチーム練習参加を告げられたアシト。
    ここで結果を出せば、念願のプロへの道が開ける―――
    意気込んで練習に参加したアシトだったが、そこで「プロと自分との差」を痛感することに。

    アシトにとって特に衝撃だったのが、「視ていないのにまるで視ているかのようなパスを出せる」、大ベテラン選手・司馬。
    40歳となる彼に「頭 作り替えろ」と言われ混乱したアシトは、初日の練習終了後に司馬を訪ね、教えを乞う。

    「このクラブで爆発していった選手は、アドバイスを訊いてくるだけでなく、生意気にもあることをやってきた」と司馬から言われ、アシトの混乱はさらに深まっていく。
    しかしその後 偶然会った栗林と話すことで、「プロと自分の間に自分自身で壁を作っていたこと」に気づき、奮起する―――!!

    残り二日。
    果たしてアシトはどんな進化を見せるのか!?
  • アオアシ 28

    630pt/693円(税込)

    NHK Eテレにてアニメ、大人気放送中!

    運命の大一番・青森星蘭戦で劇的な勝利をおさめたエスペリオン。
    悲願だったプレミアリーグイースト優勝を達成し歓喜に沸くチームだったが、そんな中、アシトを呼ぶ人物がいた。

    その人物とは、「東京シティ・エスペリオン」監督――エルナン・ガルージャ。
    来季に向け有望な若手を見ておきたいガルージャは、アシトに3日間のトップチーム練習参加を告げる。

    「ここで爪痕を残せたら、プロになれる!!」
    アシトにとって、勝負の3日間の幕が上がる!!!!!
  • アオアシ 27

    630pt/693円(税込)

    NHK Eテレでテレビアニメ化の超話題作

    運命の青森戦はアディショナルタイムに突入!

    エスペリオンがプレミアリーグイーストで優勝するためには、残りわずかの時間で1点を取ることが必須…
    そんな極限の状況で、ついにアシトが覚醒!
    サイドバックながら「中に入る」ことで戦局を変えていく。
    そして阿久津は、そんなアシトを見て「やっとか、てめェ」とつぶやく―――

    果たして死闘の結末は!?
    「アオアシ史上最大の戦い」に終止符が打たれる!!
  • アオアシ 26

    630pt/693円(税込)

    22年春アニメ化。話題のJユース蹴球譚

    プレミアリーグイーストの優勝がかかった、運命の青森星蘭戦。
    スコアレスで折り返した後半、エスペリオンは冨樫をワントップに上げ攻勢に出る。
    そしてついに、アシトの絶妙なアシストから先制点を奪うことに成功!!

    「俺は、司令塔」
    そう言い放ったアシトの進化は、そこからさらに加速していき!?

    そして、対する青森は追い詰められた末に衝撃の戦術を採用し!?

    果たして、激闘の行方は―――!?

レビュー

アオアシのレビュー

平均評価:4.7 553件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 熱い!!!
    k.shiさん 投稿日:2024/4/12
    アニメで見ましたが続きが気になり漫画で見始めました。サッカーを中心に起こる人間関係や心情がリアル過ぎて感情が揺さぶられます。

高評価レビュー

  • (5.0) 最高です。
    部純さん 投稿日:2022/12/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 30巻みました。本当に面白いです。 こんだけスポーツ漫画にハマったのはSLAM DUNK以来です。 また、スポーツ漫画にありがちな必殺技のようなものがなく、他の作品とくらべるとかなり現実的な作品だと思います。しかしながらキャラクターも個性があり魅力的です。 サッカーの戦術面でも楽しめるし、主人公は挫折したり覚醒したり胸が熱くなるような展開多いです。 主人公にありがちなポジションがFWですが、作中でFWからSBに転校させられます。主人公は技術は未熟ですが、視野が広いという能力がすぐれていて、そこをいかしていく点など、斬新で良いです。また、阿久津という悪役で登場したキャラクターとの辛みが見どころで主人公とのからみが作品を面白くしてると感じました。 あとヒロインのはなちゃん可愛い。 ブルーロックも人気みたいですが、個人的にはアオアシ派。 続きを読む▼
  • (5.0) 衝撃的な出会いでした!
    睦月さん 投稿日:2023/11/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 これまでもいくつもスポーツ作品は読んできましたが、こんなに綿密で丁寧でクオリティの高い作品はなかなかないと思います。次が気になり過ぎてあっという間に最新刊まで読み終えました間違いなく神作品だと思います。 サッカーを通してのアシトの成長はもちろん、福田監督との出会い、支えてくれる家族、花ちゃんの存在、ジュニア昇格組とセレクション・スカウト組との軋轢、俯瞰の目、阿久津先輩との関係性、栗林くんの刺激、ポジション変更などなど見所ポイントも多く、語り出したら止まらないですし、実際にサッカーをもっと深く知りたくなりました 書いてるうちにどんどん熱くなりました笑。長くなりそうなので、この想いは手紙に書いて先生に送りたいと思います 自信を持ってオススメできる作品です。本当に出会えてよかったです。大好きすぎます 続きを読む▼
  • (5.0) 27巻まで読了
    チョスさん 投稿日:2022/6/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 私はサッカーをほとんど知りません。テレビ中継も観ず、選手にも疎く、ルールも分からない。そんな私でも夢中になって読みました。リアルのサッカーを知らずとも楽しめるのです。興味のない分野のはずなのに、気付けば『アオアシ』沼へ。6巻まで無料だったので読み始めたのですが、気付けば27巻ですよ?時空の歪みが発生したとしか思えない(ぐにゃあ) キャラ達が素晴らしい。サッカーを愛して、楽しんで、悩んで、前を向く。天才だって努力するし、負けもする。そして勝ちに貪欲。君たち本当に高校生ですか??志村くん…馬場くん…本当に高校生ですか???(2回目) それにしても巻が進むほどに阿久津くんが良い。応援させて下さい。 28巻から新章とのこと。 主人公アシトの『うまくなるためなら、何も怖くない人間です』というモノローグに痺れました。 続きを読む▼
  • (5.0) 画竜点睛
    archiveさん 投稿日:2023/8/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 23巻から始まる青森青蘭編がとにかくすごい 特にクライマックスを迎える26・27巻は画風の変化による心理描写の強弱や瞳に込めた魂の圧力の強さからなのか何度も何度も読み返してしまう。 なかなか漫画でここまでの没入感は味わえないと思う。 サッカーの花形は得点シーンを彩るFWやMFであり 失点だけを切り取られるDFは日陰者、そんな風潮が当たり前の日本。 もしかしたら外国でもそうなのかも知れないが、この作品でDFにスポットライトを当てたのは歴史的偉業なのではないか?とすら思っている。 「楽しいやん!守備」 この作品を通じて守備の事を少しでも知ると W杯やJリーグ、海外リーグ、はたまた高校サッカーだったりサッカーの試合を観るのが数倍楽しくなるよ!! 続きを読む▼
  • (5.0) サッカー好きはもちろん。
    きょんさん 投稿日:2023/7/26
    おそらくこの漫画をまだ読んでいない方は、サッカーの専門的な用語がたくさん出てきて、よくわからないかもと二の足を踏んでいる人が幾人かいることでしょう。確かに5レーンだのサイドバックの役割だの、深い話も多いです。さすがJリーグとコラボして番組を 作ったり、対談が実現したりするのも頷けます。ただ、このサッカー漫画の本質は育成年代のユースが舞台ということです。難しい専門的な事は抜きにしても、青年漫画に欠かせない成長や熱い試合展開は心を躍らされます。私はサッカーをしたことはありませんが、サッカーは好きです。そんな人にはもちろん刺さります。あと、テンポがよいです。成長過程がどんどん進む。難しい専門性と対比をなしていてとてもバランスがいいなと読んでいて感じます。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

世界へ連れっててやる
設計:人参次郎(シーモアスタッフ)
中学三年生の青井葦人は強烈なサッカーの才能を秘めながらも、挫折を味わってしまう。そこへなんと強豪Jユースの誘いが…!少年が成年へと成長し、夢をひたむきに追いかける姿は何度見たってまぶしいぐらい輝いてます。世界へ羽ばたくまで応援し続けたい!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「アオアシ」

【声の出演】

青井葦人:大鈴功起 / 大友栄作:橘龍丸 / 橘総一朗:山下誠一郎 / 冨樫慶司:八代拓 / 黒田勘平:堀江瞬 / 朝利マーチス淳:加藤渉 / 本木遊馬:榎木淳弥 / 竹島龍一:熊谷健太郎 / 福田達也:小林親弘 / 一条花:河瀬茉希 / 阿久津渚:武内駿輔 / 栗林晴久:梅原裕一郎 / 金田晃教:江口拓也 / 中野淳之介:西山宏太朗 / 武藤千秋:小野友樹 / 佐竹晃司:前野智昭 / 橘都:真堂圭

【あらすじ】

愛媛に暮らす中学生・青井葦人(あおいアシト)は弱小サッカー部のエース。中学最後の大会で負けた日、悔しさをぶつけるように海辺で走り込んでいたアシトは、試合を見ていた一人の男と出会う。その男――福田達也は、Jリーグ有数のクラブ「東京シティ・エスペリオンFC」で、高校生年代を育成する組織「ユースチーム」の監督だった。荒削りだが、ある特別な才能を持つアシトに無限の可能性を見出した福田は、自らの野望を語り始める。「俺には野望がある。俺の作り上げたクラブで、世界を掌中に収める。世界への踏み台じゃない。我がクラブこそが世界だと。その野望のすべてを担うもの、育成<ユース>だ」。福田の誘いを受け、入団試験<セレクション>を受けに上京することを決意するアシトだったが──

【制作会社】

Production I.G

【スタッフ情報】

原作:小林有吾(「ビッグコミックスピリッツ」小学館刊)

監督:さとう陽

シリーズ構成:横谷昌宏 / サッカー監修:竹下健一、曽我準、飯塚健司 / キャラクターデザイン:中武学、川村敏江、山口飛鳥、長谷川早紀 / サブキャラクターデザイン:清池奈保、渡部由紀子、大導寺美穂、白井英介 / 総作画監督:中武学、山口飛鳥 / プロップデザイン:伊東ありさ、津坂美織 / 色彩設計:上野詠美子 / 美術監督:垣堺司、竹田悠介 / 美術設定:金平和茂、伊井蔵 / 2Dワークス:濱中亜希子 / プリビジュアライゼーション:前島昌格 / 3D:森本シグマ / 撮影監督:今関舞子 / 編集:村上義典 / 音響監督:はたしょう二 / 音楽:横山克

【音楽】

OP1:[Alexandros]「無心拍数」 / OP2:Superfly「Presence」 / ED1:Rin 音「Blue Diary」 / ED2:神はサイコロを振らない「カラー・リリィの恋文」

【関連リンク】

公式サイト「アオアシ」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ