漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ブライダル・スイート

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.8) 投稿数15件
ブライダル・スイート(1巻完結)

作品内容

有能なプログラマーのデイナは、パーティー用の大量の酒瓶を運ぶ途中、冷徹で辣腕と評判の社長のグリフィンとぶつかってしまった。酒瓶を彼女の私物と疑う彼と、そんな態度の彼を見てさっさと逃げ出す彼女。お互いの第一印象は最悪だった。そして、仕事で会うたびに心証は悪くなるばかり。ところがグリフィンが、とあることを知ったことで、デイナへの評価に変化が起こった。彼女のほうも、彼への評価に変化が起こり始めていた。もしかして、これって……!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • ブライダル・スイート
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    有能なプログラマーのデイナは、パーティー用の大量の酒瓶を運ぶ途中、冷徹で辣腕と評判の社長のグリフィンとぶつかってしまった。酒瓶を彼女の私物と疑う彼と、そんな態度の彼を見てさっさと逃げ出す彼女。お互いの第一印象は最悪だった。そして、仕事で会うたびに心証は悪くなるばかり。ところがグリフィンが、とあることを知ったことで、デイナへの評価に変化が起こった。彼女のほうも、彼への評価に変化が起こり始めていた。もしかして、これって……!?

レビュー

ブライダル・スイートのレビュー

平均評価:3.8 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 題名が
    まんそんさん 投稿日:2020/8/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 珍しく原題とタイトルが同じで。本当の悪役はでてこないのが物足りなくも有りつつホッとしました。シンシアとアーサーでもサイドストーリーができそう。あれから2年きって結婚は何故かとか。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) テンポがいい
    グレコさん 投稿日:2019/10/20
    テンポのいいアメリカン・ムービーのようなお話。 冒頭放漫ヒーローがヒロインをいきなりクビにするのはいただけないが、もうその前にヒロインが気になって私情入りまくってただろーという感じ。ヒロインの部屋で映画のセリフに青くなるところが何度見ても 笑う。ヒロインは超絶できる女。漢気あふれてかっこいい!放漫ヒーローがどんどんメロンメロンになっていくさまが楽しい。ヒロイン元カレ?とヒーロー婚約者候補?も素敵な人。いけてるお話です! もっとみる▼
  • (5.0) イメージとはかけ離れて面白い
    山吹色さん 投稿日:2015/11/6
    キャリアウーマンの主人公があらぬ疑いをかけられ退職させられますが、真実がわかり会社に舞い戻り会社を救い、社長にも好感を持たれ… イラストから冷たさを感じましたが、顔の表情の書き方が面白く感じました。 働く女はかっこいいです。
  • (5.0) ユーモアあふれる作品
    くにさん 投稿日:2020/7/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 確かに絵柄はHQにしては固めですが、全体にユーモアにあふれてて面白かったです。 タイトルの『ブライダルスイート』があまりにもアレなのに、ラストに引っ張られてて思わず笑ってしまいました。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白かったです!
    ふーちゃんさん 投稿日:2016/9/15
    2人の掛け合いが面白く、あっという間に読了。 絵もゴージャスでハーレにぴったりですね。
  • (4.0) 見た目より二人は盛り上がってる
    romance2さん 投稿日:2016/9/17
    本人は頑張ってるつもりなのに上司は評価してくれないのはよくあること。 この話は、ヒロインのことを解雇した会社のトップが、自らの非を認めきちんと謝罪、去る前の地位を遥かに上回るポストを三顧の礼で用意、彼女が働けるように新商品発表前の忙しいと きには買い物までやってくださるほどの待遇の逆転ぶり。 その辺は働く女性としては痛快極まりなく、HQそっちのけで読める。しかも、優秀だが、男社会でアメリカと言えど彼女は決して出身大学の名前を黄門樣の印籠にしてこれなかった。学業成績も実社会の中では役立たなかった。彼女の社会でのもがきは、華麗な学歴でも厳しいなんてというところと、それでも問題直属上司を庇うなどして人間的に美しい生き方をしているところと、読んでいるこちらは、なんとか彼女にこれまでの大変さや払ってきた物凄い努力が全て良い回転に回り始め、どうか彼女が報われるますようにと、これはHQなんだからキレイな解決頼むよ、との気持ちになってしまう。 彼は非を認めてから潔い。保身になど走ったりせずに、物語前半の憎らしさは頁を追う毎に後退していく。 頭のよい女性イメージでは人間味を減らしドライさを強調することでひとつのキャラ形成ができるか知らないが、理系男子の女性版にも似た描き方に、読者としては感情移入の隙が余りなくちょっと淋しい。 そもそも、冒頭の3コマ勿体ない。表紙もあっさりしているのでせめて一番はじめに頁をめくるときの折角のカラーには、意外感かまたは気になるものをちら見せするとか、後を引くような仕掛けがあると良かったのではないのだろうか? コマの進みと時間の経過が何となくポツポツしてる気がしてしまう箇所がある。 彼女がアタックをかける急展開場面では主体的に動き彼女というものを表しているが、展開前と進展場面のギャップは戸惑う。彼も戸惑っていると思われるが。 その分、彼側の心理描写がフォローしてるとは思うが、それなら彼がハーレクイン臭を代わって振り撒いてくれてもよかったのではないか? 彼視点でヒロインが戻ってきたことへの喜びを共感するには、ヒロインのアーサーとのやりとりによりヒロインサイドの事情を見せられた後だけに、一歩引かなければならず、そこで、読者の私はただの遠巻きの1ギャラリーになってしまうのだ。 もっとみる▼
▲ページTOPへ