電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

おはよう楽園くん(仮) 1巻

通常価格:
800pt/880円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数38件
おはよう楽園くん(仮)(1巻配信中)

作品内容

「楽園」の人気イメージキャラクター・三白眼メガネ男子の楽園くん(仮)待望のコミックス化。描きおろしに加え、これまでのカラーイラストも完全収録。真ん中分け美少年の密着24時間、なコミックです。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • おはよう楽園くん(仮) 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    800pt/880円(税込)
    「楽園」の人気イメージキャラクター・三白眼メガネ男子の楽園くん(仮)待望のコミックス化。描きおろしに加え、これまでのカラーイラストも完全収録。真ん中分け美少年の密着24時間、なコミックです。

レビュー

おはよう楽園くん(仮)のレビュー

平均評価:4.8 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 楽園くん(仮)と。。。おしゃべり
    kouさん 投稿日:2021/6/3
    中村先生の実験的な(?)短いエピソード集。。。的な。 メガネ三白眼DK楽園くん(仮)の吹出しのセリフと、四角いモノローグの会話のみで成り立っている漫画です。 楽園くん(仮)がこっちを向いて(カメラ目線で)喋るので、まるで自分が四角の中の セリフ言ってて楽園くんと話してるような感じ。 ページが進んでいくごとに、ちょっとずつ見えてくるものがあって。。。あれ?あれ?ええええええ? これだけ萌えが詰まってて青年マンガだなんて! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 明日美子先生の好きがギューっと
    moomさん 投稿日:2016/3/19
    長いことお気に入りに入れてたんだけど、アートっぽい(イラスト集)作品?と勝手に思いこんで購入迄踏みきれずにいました。 でもちゃんとBがLしてました〜しかも大好きな明日美子先生のキュン部門のタイプの〜 やはりフェチさえ感じる明日美子先生の 黒髪眼鏡三白眼の主人公はキャラが立ってましてツンとして可愛くて色っぽく(貧血で倒れちゃったりもする萌)こちらのツボをたっぷりと押して下さいます笑 イラスト引くと120ページ弱?とやや短かめで、もっとずっと楽園くん(仮)の日常を覗き見したいとも思いましたが、物語は甘く完結しているので読後感は良いです! もっとみる▼
  • (5.0) 明日美子さんの絵が好きなら
    ちゃんめぐさん 投稿日:2017/9/27
    最初数ページはカラーイラスト。 明日美子さんの美麗イラストが楽しめます。 途中から数ページずつの短編がたくさん。 楽園くんの友達目線で進むので まるで自分に話しかけられてるようです。 ジャンルが女性マンガになってますが BL だと思いますし、そう思いながら読むと 楽園くんの行動がとても可愛いです。 明日美子さんの絵が好きなら楽しめると思います。 話は好きだけど絵は苦手、という方には おすすめできません。 私はイラストが楽しめて短編でほっこりしました。 もっとみる▼
  • (5.0) 新しいです
    ゆうさん 投稿日:2020/9/3
    これはとても新しいですね。読んだことのない技法というか、展開というか…すみません語彙力が無さすぎて上手く伝えることが出来ません。楽園くんがかわいいのはもちろんなんですが、相手の姿がちゃんと描かれていなくて想像を膨らませます。しかも徐々に相手 の姿が見えてきたと思ったら…はぁ〜もう最高でしかない。これは是非とも多くの人に読んでいただきたいです。明日美子先生に感謝です! 追伸:物語も最高なので本当に読んでください。 もっとみる▼
  • (5.0) 楽園くんは 変わらないで
    あろはさん 投稿日:2015/12/20
    特に事件があるでもなく、楽園くんの日常です。好みが分かれると思います。でも私は楽園くん、かっわいーで楽しめました。 勝手にbest3を発表すると、 クロネコになった楽園くん。「ネコだからね」のツンとした顔サイコー。 保健室で目覚 めて、眼鏡がなくてしかめた顔がイイ。 神社で手を清める楽園くん。いちいち、いちいち、清めかたを読んでる姿がキュート もっとみる▼
  • (5.0) さすが中村先生です
    はなさん 投稿日:2021/1/5
    中村先生の描くゆっくりと丁寧なお話が本当に好きです。一つ一つの描写が面白い!そして楽園くん(仮)が可愛い!楽園くん(仮)と友達の会話が可愛い!なんとも可愛くそれでいて曖昧な2人のやり取りを時々クスッと笑いながら、時々もどかしい気持ちになりな がら、不思議な気持ちで読んでいましたが、最後にガッツーーンといかれました。ぜひこの感覚を皆さんにも体験して欲しい。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ