電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!

憎らしい彼 美しい彼2【SS付き電子限定版】

通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数312件
美しい彼(3巻配信中)

作品内容

【電子限定版】書き下ろし番外編「安息はどこにある」収録。●目深な帽子に怪しいサングラスとマスク。付いた仇名は『不審くん』。新進俳優の清居(きよい)の熱心なファン――その正体は、同棲中の恋人・平良(ひら)だ。気持ち悪いほど愛を捧げてくるくせに、「俺は清居を引き下げる愚は犯さない」と、甘えたくても察してくれない。どうしてこんなヤツ好きになったんだ…? そんな時、業界屈指のカメラマンが平良を助手に大抜擢!! 清居より仕事優先の日々が始まってしまい!? ※口絵・イラスト収録あり

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 美しい彼【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    【電子限定版】描き下ろし番外編収録。●「キモがられても、ウザがられても、死ぬほど君が好きだ」無口で友達もいない、クラス最底辺の高校生・平良(ひら)。そんな彼が一目で恋に堕ちたのは、人気者の清居(きよい)だ。誰ともつるまず平等に冷酷で、クラスの頂点に君臨する王(キング)――。自分の気配に気づいてくれればいいと、昼食の調達に使いっ走りと清居に中誠を尽くす平良だけど!? 絶対君主への信仰が、欲望に堕ちる時――スクールカーストLOVE!! ※口絵・イラスト収録あり
  • 憎らしい彼  美しい彼2【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    【電子限定版】書き下ろし番外編「安息はどこにある」収録。●目深な帽子に怪しいサングラスとマスク。付いた仇名は『不審くん』。新進俳優の清居(きよい)の熱心なファン――その正体は、同棲中の恋人・平良(ひら)だ。気持ち悪いほど愛を捧げてくるくせに、「俺は清居を引き下げる愚は犯さない」と、甘えたくても察してくれない。どうしてこんなヤツ好きになったんだ…? そんな時、業界屈指のカメラマンが平良を助手に大抜擢!! 清居より仕事優先の日々が始まってしまい!? ※口絵・イラスト収録あり
  • 悩ましい彼 美しい彼3
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    美形が売りの新人俳優の新作は、売れないお笑い芸人役!? 熱望した演出家の舞台なのに自分とかけ離れた配役に、稽古でもダメ出しの連続の清居(きよい)。美しい顔が邪魔なら捨ててやる──!! 悩んだ末に舞台期間だけ20kgの増量を決意!! 醜くなる姿を見られたくないと恋人の平良(ひら)に同居解消を言い渡す。俺には神とも星とも崇める清居が必要だ──!! 振って湧いた試練に平良は激しく動揺して!? ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

美しい彼のレビュー

平均評価:4.8 312件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 3巻まで
    ぽんさん 投稿日:2021/8/28
    まとめて読みました。 溺愛執着といえばこれ!と聞いたので読んでみましたが、面白かったです。 ストーリーの中で成長していく2人が良かった。

高評価レビュー

  • (5.0) 買う以外の選択肢がない。
    Kanoさん 投稿日:2021/2/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 凪良先生が毎回、気持ち悪い攻めが好きだとあとがきで仰ってるんですが、とてもわかります。 平良は幼い頃から吃音症をもっていて、緊張したりすると言葉がドキマギになってしまい、今まで人と関わることがなく、高校二年生のクラス替えで自己紹介をすることになり、そこでも吃音が出てしまう。 カースト上位の清居とその取り巻きみたいなグループで、パシリとして使われる平良。 パシリだった平良がどんどん清居のことを好きになり、気持ち悪いくらい真っ直ぐ、純粋に清居のために尽くすように。 清居は平良にとって、1番大切な人であり王であり、自分はそれに使えるアヒル隊長のように… 最初は価値無しを下した清居だったが、ただパシリとして便利だと思っていた。 幼い頃両親が離婚し家では1人なことが多かったことや再婚で弟ができたことで寂しい思いをしていた清居はテレビでアイドルに手を伸ばすファンを見た。 自分だけをこんなに好きで見てくれる人がいたらどんなにいいだろう_ 強烈な平良の気持ちに清居は心を開いていくが、素直になれず、「きも」「うざ」の言葉でばっさり切り捨ててしまう。 それさえも清居がくれた言葉だからと、嬉しそうな平良が見ていて好きでした。 パシリで購買に行ったとき、やるよとお釣りをもらうと清居からもらったものだからと大事に取っておくところとか、確かに気持ち悪いけど愛しい。 卒業の時、何か言うことないのかと問う清居に平良は何も言えず、清居は平良にキスをする。 清居にとっても平良にとっても初めてだった。 卒業しても会ってやってもいい、と言いたかったが言えず。 それでも連絡が来るだろうと思っていた。 あんなに好き好き言っていたくせに、連絡1つ来ない。 気にしていた清居だったが、平良はお情けのキスだったと勘違いをしてしまう。 字数が足りないのでこの辺りで…… ドラマCDから入り、想像よりもずっと良くてこれは原作を!!と読み始めたらすごくよかった。 時間が取れず読むのに時間がかかってしまいましたが、読んだあとは幸せな気持ちと続きが待ち遠しい気持ちでいっぱいです。 盛大にネタバレしておりますが、ネタバレ見ずに読んでもらいたいです!!!!! 早く4巻読みたい 続きを読む▼
  • (5.0) 凄い
    もすさん 投稿日:2021/6/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューで絶賛されていたので一気に購入。2巻まで読破した現在の感想になります。まず感じたのが 初作家さんなのですが、この方の人生観だったり、世界観だったり、凄くないですか?感性が豊かすぎる。自分が感じなければ書けない様な視点や感情の掘り下げが深過ぎて 学ぶことがいくつもありました。攻めのキャラが独特で、障害持ちという設定に楽しめるか不安もありましたが、読み進めて行けば極端なキャラではあるものの 共感できるところもあったり、意志の強さが格好良かったり 実はかなりの長身イケメンに化けるとか じわじわと好感持てるキャラに。。そう言えば、自信の無さと 自信過剰なのは紙一重 という表現には 個人的にハッとしました。すぐパニックになって失敗したり、上手くいってると調子に乗りやすいと指摘されていた平良。あ〜、自分も似たようなところあるかも、、意識して気をつけよう、、とか 色々気付かされながら読んでました。はい、話が逸れましたね、、受けの清居は高校当時の完璧無敵キャラから大分イメージが変わり、恋心を拗らせてからの彼はもはや印象が別人です。それまでが平良目線で話が書かれていたせいもあるかも。清居が意識しだしたあたりから 清居視点になり、2巻あたりからは 色々視点が変わりながらストーリーが進むので 色々な人の心理が分かって更に面白かったです。ダメだ 感想が好きなものを語り出すと長くなる、、オタク気質発動中。気持ち悪いwww うん、平良とは仲良くなれそうです。この後二人がどう変化するのか!続けて3巻読んできます。 ※3巻も無事読み終えました。1.2巻の経過あっての3巻というのを踏まえて、3巻が更に良かったです。見事なハピエン。清居も欲しいもののために格好つけを捨てる必要を仕事で学び ちゃんと甘えられる様になって、なんと あの奥手朴念仁の平良の自我が成長しました。笑 清居に かなり欲張りになってくれました!これを待っていた!もっとこの状態のその先も見たい気はするけど、平良が攻めとして一皮剥けて それだけで満足です♪ 続きを読む▼
  • (5.0) なんだこのお話。
    ユキさん 投稿日:2019/5/26
    正直、設定はまっったく好みでじゃありません。 なのになんでこんなに高評価なんだろうと訳が分かりませんでしたが、読んでみると今までにない新境地のお話でした。 障害があるが故に当たり前のことができない。 その事実からくる劣等感や気遣っ てくれる両親への申し訳なさだとか、そんな主人公の思考が妙に説得力ある文章で描かれていて、最初は病みそうな展開だなぁと思いました。 ですが一転、閉じて暗くなりそうな主人公の世界をたった一人の存在が打ち砕いてく。 その目映い光に照らされるような、パッと視界が開ける瞬間の描写がとてもすばらしかったです。 その場面以降も紆余曲折はありますが、鬱々とした暗さを感じさせない見事な思考の転回でした。 主人公はぶっ飛んだ思考回路なのに筋が通っていて、ぶれない。作者さんのキャラ造形の深さに感嘆しました。 そんな主人公のお相手もパズルのピースを合わせたような人で…ぴったりとしか言いようがない。 全然違うタイプなのに、この人しかいないと思わせるお話でした。本当にスゴい。 ほとんどの物語では人を救う人物なんて、優しさだったり、正義感をもった人徳者だったりするのに、この物語はそうじゃない。 そうじゃないのに出会っただけでお互いの心の深淵で救われてる。 ホント、なんだこのお話、です。 2巻を通してそれぞれが自分の持ってる何かしらの殻を破って成長していくので、清々しく気持ち良い。 本来、好みじゃないので、その部分で不満感は出るはずなのに、すばらしいところが沢山あり、やっぱりこの評価になるなと納得してしまいます。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ