We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。

通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数36件
浅草鬼嫁日記(9巻配信中)

作品内容

鬼姫”茨木童子”を前世に持つ浅草の女子高生・真紀。今は人間の身でありながら、前世の「夫」である”酒呑童子”を(無理矢理)引き連れ、あやかしたちの厄介ごとに首を突っ込む「最強の鬼嫁」の物語、ここに開幕!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • 浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    鬼姫”茨木童子”を前世に持つ浅草の女子高生・真紀。今は人間の身でありながら、前世の「夫」である”酒呑童子”を(無理矢理)引き連れ、あやかしたちの厄介ごとに首を突っ込む「最強の鬼嫁」の物語、ここに開幕!
  • 浅草鬼嫁日記 二 あやかし夫婦は青春を謳歌する。
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    前世で鬼の姫だった茨木真紀。生まれ変わった今は女子高生。浅草あやかしの悩みを聞く傍ら、花火大会に学園祭にと、やり直し人生にはイベントが目白押し! だがそこへ彼女の前世を知った陰陽局の面々も現れて……?
  • 浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦は、もう一度恋をする。
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    前世であやかしだった真紀たち三人の前に、宿敵・安倍晴明の生まれ変わりだという教師・叶冬夜が現れた! 叶は真紀たちが、お互いに前世にまつわる3つの嘘をついていると指摘。三人の仲に不協和音をもたらして――
  • 浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    前世にまつわる嘘の一つが明かされて、すれ違っていた想いに再び向き合った真紀と馨は、約束していた江ノ島デートへ! その頃浅草では、元あやかしの友・由理彦の妹の若葉が、怪我をしたあやかしと出会っていて……
  • 浅草鬼嫁日記 五 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    浅草で暮らす真紀の周りには、前世である茨木童子の眷属たちが集いつつあった。長い時を経て再会した彼らとともに、今世でもあやかし事件を解決していく真紀。そんな折、浅草を守る七福神に異変が起きたようで……?
  • 浅草鬼嫁日記 六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。【電子特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    浅草で暮らすあやかしに大事件勃発! 悪しき人間があやかしを捕らえ、国外へ売り飛ばしているという。その魔の手は、真紀の眷属にまで及んでしまった。真紀たちは陰陽局と協力し、敵のアジトへ潜り込むと……!?
  • 浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    狩人たちとの騒動を退け、無事に新学期を迎えた少し後。馨の祖父の訃報を受けて、真紀は法事へついていくことになる。訪れた九州の実家で、二人は地域にまつわる伝承と、夜毎屋敷をさまよう不穏な存在に遭遇し……?

    ■期間限定特典:『メイデーア転生物語』ショートストーリー
    ※閲覧期限は2019年11月15日まで
    ※一部の携帯電話・スマートフォン機種によっては読み取れない場合がございます
    ※パケット通信料を含む通信費用はお客様のご負担となります
    ※小説自体のダウンロードはできませんので、ご了承ください
    ※特典内容は紙書籍と同様のものです
  • 浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    茨木真紀は、かつてあやかしの国を治めた鬼姫“茨木童子”の生まれ変わり。前世の夫“酒呑童子”だった天酒馨らとともに暮らす浅草で、毎年恒例のお祭り行事を心待ちにしていた。
     しかしその喧騒の裏で、吸血鬼による事件が見え隠れしはじめる。前世の眷属で吸血の鬼である凛音を心配する真紀だが、その凛音に真紀自身が攫われてしまった。
     浅草に帰るため、在りし日の仲間と刃を交える真紀。それはやがて、茨木童子と凛音が出会った千年前の勝負の日々を、二人に思い起こさせて――。
  • 浅草鬼嫁日記 九 あやかし夫婦は地獄の果てで君を待つ。
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    ライの凶刃に倒れた真紀。その魂が落ちたという地獄へ、馨は迷うことなく向かう。地獄では酒呑童子となり、鬼の獄卒として働く馨。彼岸花の咲く地獄の果てで、朽ちていく大魔縁・茨木童子――真紀を救い出すために。

レビュー

浅草鬼嫁日記のレビュー

平均評価:4.7 36件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 泣ける
    ko'さん 投稿日:2021/7/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 真紀と馨2人が幸せな未来へと向けて、地獄で己の過去から逃れるのではなく、 罪も何もかもを受け止め新たな覚悟と共に最終決戦に向かっていく姿に感動しました。 真紀の会いたいという想いも、置いていかれて傷つき全てを忘れてしまいたいという相反する思いにどれだけ苦しかったのだろうと涙か出ます。 きっとこれから先の未来はこれまでにない幸せが待っていると信じています。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 個人的には「かくりよの宿飯」より好き!
    もぐさん 投稿日:2018/8/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 読む前は、ご近所の揉め事を解決するような日常系の内容かと思っていましたが、だんだんと大きいトラブルに巻き込まれていったり、戦ってみたり、でも学生生活を謳歌してみたりと、快活な内容で楽しく全巻一気読みできました! 序盤から熟年夫婦感漂う主人公(元)夫婦の二人ですが、巻が進むにつれて関係性が良い意味で変化していくのも良かったです。 真紀ちゃんの馨くんへの深い愛情が明かされる3巻がグッときたので、面白いかは是非そこまで読んで判断していただきたい・・・3巻読了後には鬼嫁のジャイアニズムな言動にも泣けてきます。 映像化されたら映えそうなアクションシーンも多いので、いつかアニメ化してくれたらなぁ・・・ そんな期待と応援をこめて、星5つで! 続きを読む▼
  • (5.0) かくりよの宿飯から。
    中ゆうさん 投稿日:2018/7/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 かくりよの宿飯にハマってこちらも一気に読んでしまいました!1巻の最初の方では、元夫婦って言っても、お互い前世からの続きでなんとなく一緒にいるのが当たり前くらいなのかと思ったら、がっつり愛し合ってて、酒呑童子がベタ惚れで、いい意味で裏切られた。笑 麻紀の前世の嘘の話は、泣けました。 そして、かくりよの宿飯にちょろっと書いてあった、本家のオレンジ頭もとい津場木茜が!登場したとき、テンション上がりました。笑 嫌なやつかと思いきや、実はいい子!かくりよでも気になっている津場木家の呪いが、こちらでも話の核の一つになりそうです。 かくりよもこちらも続きが楽しみです! 続きを読む▼
  • (5.0) 酒呑童子と茨木童子。
    ピーノさん 投稿日:2019/11/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 この二人が人間として転生しているのと、夫婦だったという設定で、 あやかしもたくさんでてくるし、おもしろいです。 過去のお互いがしらない秘密から、現代のあやかし事情。 盛りだくさんで、続きが早く読みたいです。 まず、3巻までは続けて一気に読むことをおすすめします。 茨木童子の酒呑童子を思う気持ち、切なさに涙がでます。 続きを読む▼
  • (5.0) ハマってしまいました。
    そよそよさん 投稿日:2019/8/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 ハマってしまいました。電子書籍も好きですが、途中まで読んでハマってしまい、紙書籍を大人買いしてしまいました。紙書籍は現在6巻で、秋には7巻目が出ます。クライマックスに向けて話が進むらしいことが書いてあったので出るのが楽しみです。 とにかくまきちゃんとカオルくん、それを取り巻くお仲間たちがまたステキで。完結まで読み続けます。 続きを読む▼
  • (5.0) 純粋に好きな作品でした。
    南南西さん 投稿日:2020/9/14
    正直言って面白い。 サブタイトルからもう面白い。自分的に好きな種類の設定がたくさん入っていて、本当におすすめしたいです。 表紙の絵のタッチも、キャラデザインも素晴らしき。 主人公の性格とそこに移入するヒロインの性格がマッチしていて、良 かった。 題名の中でも「今世こそ」ってとこに軽い感動を覚えますね。 良作。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 最強鬼嫁物語
    浅草の女子高生・真紀、実は前世が鬼姫"茨木童子"。今は人間だけど、前世の夫"酒呑童子"を引き連れて、あやかしの厄介ごとに首を突っ込む!今世では無事幸せになれるのか!?
    広報:扇風機おじさん
▲ページTOPへ