漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

小説花丸 わたしにください―十八と二十六の間に―4

通常価格:
200pt/200円(税抜)
(4.5) 投稿数15件
小説花丸 わたしにください―十八と二十六の間に―(5巻完結)
作品内容

森尾と臼井の間に起こった出来事を知っても、自分の気持ちは変わらないことを確認した路。臼井と向き合い、森尾にもきちんと気持ちを伝えようと決意したけれど……。森尾に気持ちは届くのか……「わたしにください 番外編」のその後、多感な高校時代を経て、大人になるまでを描いた待望の続編が登場。切な痛い恋と葛藤が胸を揺さぶる衝撃作!!(「わたしにください―十八と二十六の間に―4」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.55に収録されています。重複購入にご注意ください)

作品ラインナップ  全5巻完結
レビュー
小説花丸 わたしにください―十八と二十六の間に―のレビュー

平均評価:4.5 15件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) ジレジレしますが…
    きむきむにーさん 投稿日:2019/5/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 何故これで気付かないの?ってくらいに、お互いの気持ちが分かりやすく漏れてると思うのに、すれ違い続けての、やっとの展開 いつお互いの気持ちが伝わるのか、ジレジレしながらずっと待ってましたよ でも、やっとというところで終わってしまったので、ひたすらラブラブする2人を見たい〜 森尾がデレる姿を見たい〜〜 みちの幸せそうな姿をもっともっと見たい〜〜 1番、続編が読みたい作品です 続きを読む▼
高評価レビュー
  • (5.0) 切ない
    アッポレさん 投稿日:2019/1/13
    完結してから読もうと思ってたのに我慢できなかった。切ない。じれったい。 早く続きが読みたいよ。
  • (5.0) 大好きです
    あいさん 投稿日:2019/1/11
    BL小説の中では樋口美沙緒先生が一番好きです!その中でも「わたしにください」は「パブリックスクール」と一二を争うくらい好きです。 商業誌じゃなかった時に読んでいましたが、もう一度最後まで読みたいとずっと思っていたので、昨年から続編が販売さ れてとっても嬉しかったです。 樋口先生の作品は、文章の流れも、言葉の選び方も全部好きです。入り込みすぎていつも泣いてしまうので、家族がいない時に一人で読んでます。 さっそく4を購入して読みました。長いことすれ違いの両片思いが、ここのところ辛い状況でしたが、今回は路が頑張りましたね。まだまだ辛い状況は続きますが、新しい一歩が踏み出せる予感で続きです。 今度は森尾ががんばってほしい。深い深い森尾の想いを路にちゃんと伝えられる時が来るのを待っています。 続き楽しみにしてます! もっとみる▼
  • (5.0) 樋口美沙緒先生
    ルイジさん 投稿日:2018/12/25
    の話はワクワクして、止まらない。でも笑っちゃうくらい、エゴな攻めなのに、どうしていいかわからなくなるくらい相手を深く愛してる特徴が。そこまで?というくらい、期待を持たないよう自制する受けですが、読んでて止まらなくなります。本当魅力的です。
広告掲載中タイトル
▲ページTOPへ