マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガ白泉社メロディ花とゆめコミックススペシャルかげきしょうじょ!!かげきしょうじょ!! 1巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

かげきしょうじょ!! 1巻

564pt/620円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「渡辺さらさ、オスカル様になります!」大正時代に創設され、未婚の女性だけで構成された『紅華歌劇団』。その音楽学校に入学した少女たちの青春が、幕を開ける──!予科生の授業が講義ばかりで辟易としているさらさ達は、実習をしたいと講師に申し出て…?さらさの音楽学校の合格発表&入学当初からの物語を知りたい方は、前日譚となる「かげきしょうじょ!!シーズンゼロ」上・下巻をお読みください。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  14巻まで配信中!

  • かげきしょうじょ!! 1巻

    564pt/620円(税込)

    「渡辺さらさ、オスカル様になります!」大正時代に創設され、未婚の女性だけで構成された『紅華歌劇団』。その音楽学校に入学した少女たちの青春が、幕を開ける──!予科生の授業が講義ばかりで辟易としているさらさ達は、実習をしたいと講師に申し出て…?さらさの音楽学校の合格発表&入学当初からの物語を知りたい方は、前日譚となる「かげきしょうじょ!!シーズンゼロ」上・下巻をお読みください。
  • かげきしょうじょ!! 2巻

    564pt/620円(税込)

    「お前トップスターにはなれないよ」と先生に言われショックなさらさ。夏休み、同期の愛ちゃんと共に浅草に戻ったさらさは、幼馴染の歌舞伎役者・暁也と再会し…!?未婚の女性だけで構成された『紅華歌劇団-こうかがげきだん-』のキラキラ音楽学校ライフ第2巻!!
  • かげきしょうじょ!! 3巻

    564pt/620円(税込)

    紅華歌劇団・100周年運動会がもうすぐ開催!音楽学校生のさらさ達は、ベテラン劇団員・「専科」の皆様と入場行進&ハーフタイムショーの練習をすることに。スピンオフ(男役志望・星野薫の夏休み)も収録!
  • かげきしょうじょ!! 4巻

    564pt/620円(税込)

    「紅華歌劇団」――大正時代に創設され、未婚の女性だけで構成された歌劇団。そのスターを育成する音楽学校の創立100年目入学した、二人の奇才とその仲間た ちの青春を描く物語。4巻には第12幕~第14幕と、冬組トップスター・里美星のスピンオフを収録。100周年運動会、本番!!夏組のリレー・ピンチヒッターに選ばれてしまったさらさは、この大舞台を乗り切れるのか!?
  • かげきしょうじょ!! 5巻

    564pt/620円(税込)

    伝統ある紅華歌劇団100周年大運動会も、大盛況のうちに閉幕! 次は上級生である「本科生」の卒業公演がある文化祭! 例年あまり出番のないさらさたち「予科生」だけど、今年は舞台の出番があるという噂が…!? スピンオフ(愛の指導役・野島聖編)も収録!
  • かげきしょうじょ!! 6巻

    564pt/620円(税込)

    紅華音楽学校の文化祭でさらさ達に舞台のチャンスが! 出演者を決めるためオーディションが行われるが、奈良田愛と同じジュリエット役を希望する山田彩子が…!?
  • かげきしょうじょ!! 7巻

    600pt/660円(税込)

    文化祭開幕☆少女たちの音楽学校ライフ! 文化祭で発表する「ロミオとジュリエット」オーディションの結果、ティボルトの役をいとめたさらさ。一方、敗れてしまった杉本の心境は…!? さらさの指導役・中山リサの番外編も収録!!
  • かげきしょうじょ!! 8巻

    600pt/660円(税込)

    祖父の急病により、急遽帰省することになったさらさ。さらさが選ばれていたティボルト役の代役に抜擢されたのは、なんと愛で!?演じることができなかったさらさの想いも背負い、予科生たちの舞台の幕が、今上がる――!!!
  • かげきしょうじょ!! 9巻

    600pt/660円(税込)

    リサ、聖達が卒業し、進級したさらさ達。新しく入学してきた後輩たちは、一癖ありそうな人たちで…!?授業も夢も、ますますレベルアップ!!!
  • かげきしょうじょ!! 10巻

    600pt/660円(税込)

    実技の授業開始!さらさ達の見せる演技は…!?「オルフェウスとエウリュディケ」を演じることになった音楽学校の上級生たち。今まで娘役を希望していた愛は、男役を目指すことをさらさに告げる。一方、後輩との仲がうまくいかず、「一人称が“さらさ”なのは幼さを感じる」と指摘されてしまった事がショックなさらさは…!?

レビュー

かげきしょうじょ!!のレビュー

平均評価:4.6 301件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 最初
    くうさん 投稿日:2024/3/15
    表紙を見たかんじでは美少女戦隊ものか?過激少女?と思っていましたが、中身を読んでみたらぜんぜん違っておもしろかったです。

高評価レビュー

  • (5.0) 読んだら是非、夢と愛の詰まった劇場へ
    みりみゆさん 投稿日:2021/7/11
    タカラヅカファンとして以前から気になっていた本作。読んでみたら、歌舞伎と歌劇の対比、アイドルとの違いなど色々な切り口から、歌劇で求められる資質は何かを浮き立たせる手腕が素晴らしい。また、各キャラの設定がしっかりしているので各巻に入っているサ ブキャラのスピンオフも面白い! 歌舞伎の世界が口伝で承継される伝統芸能で男性だけで成り立つ世界。翻って歌劇は受験で合格した生徒さん達が自分の個性を探しながら必死でどう光るかを考える女性だけで作り上げる世界。作品自体もオペラ、歌舞伎、漫画、様々なジャンルから着想した演目をアレンジして分かりやすく届けてくれて多様で、時代に合わせて変わっていきます。実際、生徒さんもバレエだけでなく日本舞踊、バトントワリングその他、幅広い特技がある人が集まっています。 私は、女性だけで演じることで演目に関わらず女性が主人公になることにジェンダーからの開放を感じるのですが、歌舞伎の舞台に立てなかったさらさちゃんが歌劇の世界でトップを目指す構成にグッときます。かといって単に主人公の成功物語に終わらないのが本作の素晴らしさ☆さらさちゃんなら、憑依型の演技力とスケールの大きさが魅力的なトップ男役になりそう。元アイドルの奈良田愛ちゃんは、影のある繊細さを帯びた男役になりそうで、こちらも魅力的。 細かなことを言えば音楽学校のリアルべったりではない(さらさはとうにショートヘアになってるハズ)ですが、そのくらいがちょうどいいと思います。 初めて舞台を観るとトップコンビが一番セリフも歌も多くて大変そうでも素敵!となるのですが、何度か観るうちに、トップをトップあらしめるのは、周りの生徒さんがそう見せているから、と気付きます。そのうち、気になる生徒さんが現れて、その成長を応援しているうちに、舞台上の役としてみるだけでなく生徒個人の成長とダブルミーニングで舞台が楽しめるようになってくるんです。そんな生徒さんの夢と、観客の愛が詰まった舞台空間は濃密で独特ですが、一度ハマると、他の舞台では替えが効かなくなってくることこの上なし。この作品を読んだら、是非劇場に足を運んでみて、トップコンビ以外の生徒さん達1人1人にドラマがあることを思い浮かべていただけたら、新たな扉が開くのでは。そうなったら嬉しいです! もっとみる▼
  • (5.0) いろいろ詰まっているのにきっちり前へ進む
    romance2さん 投稿日:2023/8/5
    歌劇団付属音楽学校への入学を巡る各団員の秘話から、厳しい学校生活の独特の細かな掟やこの学校ならではの授業、生徒間のライバル意識や仲間意識、学校行事としての演目の各自の練習、舞台論演劇論など、枚挙に暇がないほど盛り沢山なのに、散漫ではない巧み な構成とみんなで階段一つ一つ進む確かな日々の描写と、魅力の詰まる作品。しかも、家庭事情も入ってくる。いやはや一体どうやったらこれほど多岐にわたるものが、どれもこれもそこそこに一区切り付けるように前進感あるストーリーに出来てるのか、各エピソード捌きの出し入れがさらっと入ってポンと抜け出す、真に疲れないそつのない消化で時が過ぎていく。現在の最新巻である13巻迄読んでも、どこにも停滞感手詰まり感無し。長編化してるのに、話数稼ぎにのろのろわざと進行遅らせてる風もない。 そしてモデルになっているであろう、かの学校とその先のことへの理解も、まるで潜入してるかの臨場感! 私は、特に入れ込んだことがなく、これまで5回は観た程度なのだが、周囲にいくらでもそのファンが居たから、そのものすごさや驚くほどの秩序や敬愛が集まってることはよく知っている。そのエネルギーの注ぎ方は、ホント、ファンって有り難いよね、と行動力に感心しているのだが、あくまでも外側から見つめてる人達しか知らなかった。 だから、この作品は圧倒的な理解力で、突き放したりせずに、多感な生徒達の懸命さとか、元々ファンから出発してることの多い経過だとか、上下関係のデリケートさだとか、寄り添って苦楽を見つめてる。その眼差しがサポーティブだからこそ、主人公達の日々には読み手までエールを送る気分にさせられるのだ。 フィクションで、そこの造り込みもちゃんとしてるというのに、余りに内部事情通な描写に、ひょっとして実話のような等身大の彼女らを見せつけられてる気になってくる。 その反面、歌舞伎は男性だけ、この歌劇は女性だけ、というシステムに疎外される存在もまた説得力が。その辺も胸にツンとくる場面があって、この作品の成立するドラマというドラマ、要素たらしめるものは相当数ぶち込んで、なお輝きをキープ。 続巻が大変楽しみな作品だ。 もっとみる▼
  • (5.0) 歌に芝居に恋に友情、少女たちの青春物語
    にもにもさん 投稿日:2019/8/28
    作品名がひらがななので、最初「過激少女」=不良な女の子の話なのかな?と思っていましたが、「過激」ではなく「歌劇」でした。入試が超倍率で規律も厳しいことで有名な、少女だけが入れる音楽学校。明日のスターを夢見て、そこへ入学してきた少女たちの姿を 描く青春物語です。主人公のさらさは真っ直ぐで明るく、マイペースな部分もありますが仲間思いで勉強熱心、舞台役者としての天性の才能もあって、自然と応援したくなってしまうような女の子です。他にも、元アイドルの美少女だが感情表現が苦手な愛ちゃんや、抜群の歌唱力を持つが自分に自信がなくぽっちゃりしている彩子など、個性的な仲間たちが切磋琢磨しながら成長していく姿が描かれています。それぞれのキャラの過去やエピソードがしっかり描かれているので、登場人物ひとり一人を応援したくなる魅力があり、掘り下げが上手い作家さんだなあと思います。どのエピソードも好きですが、特に印象的なのは、プライドが高く上昇志向の強いサラブレッド・薫の過去話と、可愛い笑顔でエゲツない事をズバズバ言うキツい先輩・聖のエピソードです。聖先輩は正直苦手なキャラだっただけに、あの過去話は良い意味でズルい!と思ったし、文化祭後の話は泣けました。それぞれのキャラクターにそれぞれの人生があって、辛いこともあるけれど、夢に向かって頑張るキラキラした姿に勇気と感動をもらえるし、何度も読み返してしまう作品です。どんな展開になるのか、続きが待ち遠しい! もっとみる▼
  • (5.0) これを読んで、宝塚に行きました!
    雪だるま8さん 投稿日:2019/6/15
    リアルでいうところの宝塚音校の話ですね。ベルばらの天海祐希が好きでした。今まで映像でしか知らなかった宝塚の世界。この漫画に後押しされ、雪組の舞台を観てきました。今まで男役・娘役のイメージは、セーラームーンのはるかとみちるでした。そういう方は 私以外にもいるのではないでしょうか? 山田さん、歌は上手いけど、見た目の華やかさ、自信、それらがさほどなので、娘役トップになれる?そんなビジョンはわかないけどなあ、あの先生推してるしなあと思っていました。でも、歌の上手さが何よりも重要だと、生で宝塚歌劇を観て、分かりました。山田さんが娘役トップに上り詰める光景が見えたような気がしました。 主人公は今のところかわいいという印象が強く、男としてあの子を見れるだろうかと考えて、きっと見れるのだろうなと思いました。男役の方には理想の男像を夢みてるので、男役の女らしい姿は見たくないなと私は思っていました。友人は男役の人を一人の女性として応援できるようになって、いつか宝塚歌劇団を卒業した後、彼女の活躍を応援できるのが嬉しいと言っていました。男性がいる世界では、女性が男性を演じることはほぼないですからね。 かげきしょうじょ。 歌劇の世界に生きる少女たちの話です。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白い!
    ひのでまちさん 投稿日:2022/12/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 とても面白かった。物語に説得力がある。 歌劇団や音楽学校というモチーフがここまで分かりやすく創発性とその魅力を説明できている事に驚かされた。素晴らしいと思う。 それが主人公の生い立ちや歌舞伎、アイドルなどから生じる設定ありきのものだとしてもそれこそが作家の持てる技と言えようし、長きに亘る伝統や仕来り、女ばかり、などからついつい重くも拗れたりもしそうなこの話をこれだけ読み味よく仕上げられるのはやはり感性と腕に拠るところが大きいと思う。深甚かつ清新。当然に絵面よし。 もう一つ、巻末にあるスピオフや番外編の存在も印象に深い。本編では胸にしまって語られない作中人物の心理や背景がよく窺える。まあ泣くネ笑 あぁ..休みを使ってひと息に読み終えてしまった。前譚にあたる2巻も読了。今は、続きが気になるというより彼らから離れてしまうのが寂しいという気持ち。(すぐ再読すると思う) 作中みんなチャーミング。とても励まされた。 本書は島が出来てすぐの頃に教えて頂いた作品だから一年以上も積んでいたことになる。少し私は身構えすぎたかな、そんな必要全くなかったのに。そう遠くはないから一度はこの目で生を観たいと心から思う。教えて頂きありがとうございましたm(_ _)m 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

夢はオスカル様!
設計:ノラ(シーモアスタッフ)
彼女の夢はオスカル様になること!音楽学校の予科生のスターの卵達のお話しです。それぞれが色々な思いを秘めてトップスターを目指し、努力を重ねる姿は眩しいです!そして、歌劇を見に行きたくなります。前日譚となる「かげきしょうじょ!!シーズンゼロ」もオススメです☆

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「かげきしょうじょ!!」

【声の出演】

渡辺さらさ:千本木彩花 / 奈良田愛:花守ゆみり / 杉本紗和:上坂すみれ / 星野薫:大地葉 / 山田彩子:佐々木李子 / 沢田千夏:松田利冴 / 沢田千秋:松田颯水 / ⾥美星:七海ひろき

【あらすじ】

大正時代に創設され、未婚の女性だけで作り上げる美しく華やかな舞台で世代を超えて人々の心を魅了する「紅華歌劇団」。その人材を育成する「紅華歌劇音楽学校」に、高い倍率をくぐり抜け入学してきた第100期生たち。“オスカル様”に憧れる、178cmの長身を持った天真爛漫な少女、渡辺さらさ。夢も友達も、すべてに無関心な元・国民的アイドル、奈良田愛。何もかもがバラバラな彼女たちの、希望と葛藤に満ちた音楽学校生活が今、幕を開ける──!!

【制作会社】

PINE JAM

【スタッフ情報】

原作:斉木久美子(「メロディ」白泉社刊)

監督:米田和弘

シリーズ構成:森下直 / キャラクターデザイン:岸田隆宏 / サブキャラクターデザイン:飯田恵理子、髙田晃、牧孝雄 / プロップデザイン:古賀美裕紀 / 総作画監督:飯田恵理子、髙田晃、福永智子 / 美術設定/美術監督:谷川広倫 / 色彩設計:坂上康治 / 撮影監督:浅黄康裕 / 編集:今井大介 / 音響監督:長崎行男 / 音楽:斉藤恒芳 / 音楽制作:キングレコード

【音楽】

OP:saji「星のオーケストラ」

【関連リンク】

公式サイト「かげきしょうじょ!!」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ