マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック新書館ディアプラス・コミックスディアプラス花恋つらね花恋つらね(10)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
花恋つらね(10)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】
10巻完結

花恋つらね(10)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】

830pt/913円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

役者として本格的に注目され名実ともに力をつけていく惣五郎と源介。だがプライベートまで視線を集めることに危機感を募らせていた。一方、二人の関係を反対し続けている源介の兄・蔦丸は、とうとう惣五郎の祖父・菊右衛門に直談判しにいき……!? 梨園の御曹司同士の恋絵巻・堂々完結!!

※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典の描き下ろし漫画が収録されています

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全10巻完結

  • 花恋つらね(1)【電子限定おまけ付き】

    600pt/660円(税込)

    歌舞伎の名門・玉乃屋(たまのや)の御曹司で若手女形役者の松川惣五郎(まつかわ・そうごろう)と、同じく名門・大谷屋(おおたにや)の御曹司で立役の若手有望株・新井源介(あらい・げんすけ)。ある日二人は、夫婦役で初共演することになる。同い年で人気も実力もある源介をライバル視していた惣五郎だが、源介から「ずっとお前と一緒に舞台に立ちたかった」と言われ……?
    梨園の御曹司同士の恋絵巻、華やかに開幕――!!
    【電子版限定おまけ付き】電子版描き下ろしカラーイラストペーパー(1点)を収録!!
  • 花恋つらね(2)

    640pt/704円(税込)

    「絶対誰にもわたさねえ」の言葉と共に、源介に抱きしめられた惣五郎(そうごろう)。「いつか絶対『おれも』って言わせてやるから」とだめ押しまでされてしまう。意識しすぎて態度がぎこちなくなる惣五郎に、源介(げんすけ)は、今すぐどうこうではないから、あまり気にしないでほしいと言ってくる。惣五郎だってこの舞台は成功させたい。ひとまず稽古に専念する二人だが……? いよいよ二度目の共演舞台「三人吉三」の幕が開く――。
    梨園(りえん)の御曹司同士の恋絵巻!!
  • 花恋つらね(3)【電子限定おまけ付き】

    640pt/704円(税込)

    「お前が好きだよ。でも相方としてってことじゃない」 突然のキスと告白で惣五郎の自分への想いを知った源介。心のままに自分も好きだと伝えるが、惣五郎には信じてもらえず避けられてばかり。そんな中、一ヵ月の全国巡業の旅が始まり、同室になった惣五郎と源介は二人きりで一夜をすごすことに……!? 梨園の御曹司同士の恋絵巻、ついに二人の想いが重なる待ってましたの第三巻!
    【電子限定おまけ付き】描き下ろしイラストペーパー(1P)収録!
  • 花恋つらね(4)

    640pt/704円(税込)

    ついに想いが通じ合い、恋人同士となった惣五郎と源介。「体をつなげるのは巡業が終わってから」と約束し、無事舞台を務め上げ千秋楽を迎えた。時は学園祭シーズン、学校へ戻った惣五郎たちは衣装作りを頼まれ源介宅で泊まりで作業することに。期待と不安の入り混じる中、とうとう二人は“約束”の夜を迎え……!?
  • 花恋つらね(5)【電子限定おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    若手歌舞伎役者の登竜門・新春浅草歌舞伎で、大役を担うことになった惣五郎と源介。しかし気合を入れて臨んだ稽古初日、源介はベテラン役者の雲之介から徹底的なダメ出しを受けてしまう。源介との恋でまたひとつ大きく成長した惣五郎との落差に、源介の自信は次第に失われてゆき……!? 梨園の御曹司同士の恋絵巻、試練と成就の第五巻――!!
  • 花恋つらね(6)【電子限定おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    ようやく身も心も結ばれた惣五郎と源介は、恋人として残り少ない学園生活を満喫していた。だが二人が結ばれた翌朝、同じ布団で眠る惣五郎たちを見てしまった源介の兄・蔦丸は、悩んだ末に惣五郎の従兄である武市に相談を持ちかけて……!? 花も嵐も吹き荒れる、梨園の御曹司同士の恋絵巻!!
  • 花恋つらね(7)【電子限定おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    惣五郎の従兄・武市、源介の兄・蔦丸に関係を猛反対されながらも、共に歩んでいくことを選んだ惣五郎と源介。友人の西田に協力を仰ぎ、当面の問題を解決しようと奔走する。一方、惣五郎たちの仲を知りながら沈黙を貫く惣五郎の祖父・菊右衛門は、彼らにかつての自分たちの姿を重ねていて……。それぞれの覚悟が交差する、梨園の御曹司同士の恋絵巻!!
  • 花恋つらね(8)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】

    680pt/748円(税込)

    蔦丸と惣五郎の従兄・武市は、惣五郎の祖父・菊右衛門が当初からこの事実を知りながらも静観していることに疑問を抱きはじめ……? 梨園の御曹司同士の恋絵巻、引き継がれる想いと絆の第八巻!!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典の描き下ろし漫画が収録されています
  • 花恋つらね(9)【電子限定おまけ付き】

    780pt/858円(税込)

    弁天小僧という大役をもらったものの役が全く掴めずに苦しむ惣五郎は、過去に同じ役を立派に演じきった源介の兄・蔦丸にアドバイスを求めにいく。一方、名前が売れたことでプライベートを週刊誌に狙われ始めた惣五郎と源介は、自分たちの関係が内輪だけの問題でなくなることを実感し始め……?
  • 花恋つらね(10)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】

    830pt/913円(税込)

    役者として本格的に注目され名実ともに力をつけていく惣五郎と源介。だがプライベートまで視線を集めることに危機感を募らせていた。一方、二人の関係を反対し続けている源介の兄・蔦丸は、とうとう惣五郎の祖父・菊右衛門に直談判しにいき……!? 梨園の御曹司同士の恋絵巻・堂々完結!!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典の描き下ろし漫画が収録されています

レビュー

花恋つらねのレビュー

平均評価:4.7 761件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大満足な完結です!
    なずさん 投稿日:2024/7/13
    何回も何回も読み返している大好きな作品です。 プライベートの時はかわいい源惣が、舞台に立つとお客さんを魅了させる表情が見事に描かれていて本当に素敵です。歌舞伎のお稽古の大変さや厳しさの中、何度も何度も苦難を乗り越えて、二人が舞台に立つ瞬間 は最高で涙が止まらないです。 菊右衛門さんや蔦丸さん目線で読み返したり、歌舞伎の話をじっくり読んだり…何度読んでも感動です! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 初レビュー。これまでありがとう。
    千早サァンさん 投稿日:2024/6/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューはしないの精神だったのですが、ずっと追ってきた作品がついに完結してしまうということで皆さんにも読んで欲しくてレビューを書くことにしました。 自分大好きで何事も自信を持っているクセに源介のことになると急に自信をなくしたり、可愛らしい姿を見せてくれる惣五郎にいつもキュンキュンしていました。 2人が進展するたびに喜びの声を上げ、2人が問題に直面したときには一緒に苦しみ…この漫画がずっと支えになってくれていました。 オススメポイント 1.絵が綺麗であること。夏目先生の作品は全部追っているレベルで好きです。女形役がちゃんと男性らしく見えるというのもポイントが高い。 2.主CPが魅力的 ざんねんながら、こちらの作品以外に歌舞伎系BLを存じ上げないので一概にはいえませんが立役×女形って想像する上では結構多そう。江戸時代では陰間が女形志望だったみたいなことも聞いたことがあります。 女形の魅力は男性特有の色気や女性的な仕草ですが、惣五郎はそれだけに収まりません。男らしさも兼ね備えていざと言う時はやれる子です。源介を思ってどんどん魅力的に、恋を知っていく姿は本当に母の気持ちになります。 源介は悩むことがあっても絶対に惣五郎を思って悩みを断ち切れるのが強い。この人なら絶対大丈夫だ…と思わせてくれる。 このふたりのCPが最高じゃないわけないでしょ!!!! 3.脇役最高 蔦丸さんさぁ〜〜〜〜〜!!!!! 周りから認められない自分と立役として才能に溢れた弟。弟に責任を押し付けたって思っちゃうよね。最終巻でまた爺ちゃまからのお言葉を貰って自分を肯定できて良かったね。 爺ちゃまCPも最高。お互い好き同士だったのに別れて、最後は仲直りしてたんですか!?!?!?ってなった。もう一度爺ちゃまCPが同じ舞台に立つとこ私も見たかったよ…。見せて……。 他にもいろいろおすすめしたいポイントはありますが、本当に最高の作品でした。まだまだ続いて欲しかった。 歌舞伎はいいぞ!この作品を見る前から歌舞伎や狂言に触れてはいましたが、さらにのめり込んでしまいました。 夏目先生素敵な作品をありがとうございました。 ずっと追ってきて後悔しなかった作品です。もっと多くの人に知ってもらいたいと言う気持ちが本当に強い。 これからも2人の行く末に幸あれ。 困難な道程でも2人なら笑って乗り越えられそうなCP。これからも応援しています。 続きを読む▼
  • (5.0) 源様・惣様forever☆は夜空に同じだけ!!
    まほろばさん 投稿日:2024/6/15
    玉乃屋ーー!大谷屋ーー! そんなに歌舞伎詳しくないですが!この作品のおかけで知れた気になってる自分がいます 全ての脇キャラまで愛してる〜! 最の高、松の特上、鶴は百年亀万年(←?) 完結にあたり、1巻から読み返すと、もう、全てのキャ ラが愛しくて。万感の想いでラストシーンを読ませていただきました。。 キャラクターの絶妙かつ、完璧な表情に思わず見惚れる絶対的に素晴らしい作画、人間的に成長していく物語、梨園を垣間見れる設定、こんな素晴らしいBLはほかになくて唯一無二!☆は夜空にあるのと同じくらいで!!! ここからはひたすら熱く、アツく、暑苦しく自分の思いの丈を書き散らかす所存なので、長ーくなります 梨園という独特な世界を描いてる割にはサラッとしてます、でもそれがいい(じゃないとBLとの割合とか、長くなりすぎたりとか。)先生は歌舞伎のことを知らない、という、言わばゼロイチからここまできたのですよね!?いや、BL漫画家様としてすでに確固たる位置におられますが。物語が薄くならないように大事なところは抑えていて、それでいて何も知らない読者でも面白く、歌舞伎観にいきたいかも、と興味を持たせるぐらいに面白くするっていうさじ加減なんですよ! まず、作画に絶対的な、絶対的なっ!完璧さがないと もう、無理、着手出来ないジャンルじゃないですか。 何度、源惣の隈取顔や、舞台での役者の顔、静止の立ち姿に時が止まるほどに見とれたことか。。 役者がそのお役になりきる瞬間というのを絵で表現されている、その技量は絵の技術だけではなく、人が輝く瞬間の本質を捉えていないと表現できないことだと思うのです。 蔦丸さんとか、名脇役じゃないですか。 役者さんたちが舞台で「仕上がる」瞬間を漫画で 教えてもらいました。 後半に向かうにつれイチャラブやエロは少なくなり、たぶん作品中の2割もないのですが2人の精神的な繋がり愛しいです。ソレはまた別作品で補給! 10巻まで足かけ9年、す、すごい。10巻まであるBL漫画、梨園が舞台しかも2人とも御曹司で、血縁関係や名コンビだったじーちやん世代の物語りも織り交ぜて、ほかとは一線を画す貴重なBL作品です。 BLというものを全般的に好みますが、日本が日本であるためにも「和」を題材としたものは尊い!激推しです イサク先生お疲れ様でした。心の底からこの作品があることに感謝しております もっとみる▼
  • (5.0) 控えめに言っても最高。
    Kanoさん 投稿日:2021/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 とうとう7巻!!! 6巻発売からまさかこんなに早く続きが読めるとは思っていませんでした! 嬉しすぎる…… 歌舞伎も、互いのことも諦めずにどうすればいいのかと模索していく7巻でした。 いや、本当に濃い1冊でした。 晃生さん(寿一郎)と雅臣さん(菊右衛門)の過去のお話は、わかっていても実際に見てしまうと胸がぎゅっとなりました。 晃生さんと雅臣さんは、互いに一緒にいないことを選択したわけですが、それ以外の選択肢を知らなかったから…切ない。 蔦丸さんのエピソードもよかった。 蔦丸さんが女形に拘っているのか、納得の理由ですっきりしました。 あれは、もう、嬉しいやつなんよ… 女形が会うと思ってたんだ、って憧れの人に言われたらそりゃ泣いちゃう。 ここまでの出来事全てが一気に溢れ出して、泣いてしまう蔦丸さんを見てなんだかほろりとしました。 さて、主役の2人ですが、源介の相変わらずの惣様オタクは健在で、惣様ドラマ出演で上手くいかず凹んだ惣様に対して見事な褒めっぷりでした。 冒頭にもありますが、歌舞伎も恋愛も守るために模索する1巻でしたが、源介の何があっても惣様と別れるつもりはないと断言しているところがかっこよかった。 やっぱり源介ってかっこいい男だなって思いました。 うん、とてもいい男。 源介の舞台を見て、『松川惣五郎の1番の相方になりたい。』の意味がわかった惣様の、『俺(松川惣五郎)は、お前の1番の相方になるよ。』の一言はぐっときました。 ここで7巻終了なんだから、上手いですよね… 次巻では、2年後のお話のようで、成人した年?なのかな… 夏目先生がゴールが見えてきたとおっしゃっていたので、なんとなく寂しい気持ちになってしまいましたが、2人が幸せで居続けてほしいという気持ち一択です。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

歌舞伎BLの真骨頂!
設計:じゃっくさんの奴隷(シーモアスタッフ)
夏目イサク先生が描く華やか恋絵巻!梨園の御曹司で同じく高校生の源介(攻)をライバル視していた惣五郎(受)でしたが、夫婦役で共演することになり距離が縮まり…!華やかな歌舞伎の世界で、役者稽古に恋愛に一生懸命な等身大の高校生が描かれています。瑞々しく美しい彼らから目が離せません

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ