漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
BLコミック
ねこねこダーリン(2)+月刊ねこねこ『ねこねこ合冊版』【電子限定かきおろし付】
この巻を買う/読む

ねこねこダーリン(2)+月刊ねこねこ『ねこねこ合冊版』【電子限定かきおろし付】

通常価格:
1,100pt/1,100円(税抜)
(4.8) 投稿数37件
ねこねこダーリン(2)+月刊ねこねこ『ねこねこ合冊版』【電子限定かきおろし付】(1巻完結)
作品内容

本書は、「ねこねこダーリン(2)」と「月刊ねこねこ」を1冊にまとめた電子書籍だけの【合冊版】です。さらに、合冊版特典として描き下ろしまんが2ページも収録!■『ねこねこダーリン(2)』:「善治が俺を好きになるわけがない。だってあいつは猫アレルギーで、俺はその原因の猫になるんだから…」善治が猫にアレルギー反応を示す様子を目の当たりにした紗以。体が拒絶するんだから仕方ない…。凹むと猫になる体質の紗以は、過去に拒絶されたことを思い出し、また突き放されたらと動揺してしまう。そして遂に……。 ■『月刊ねこねこ』:凹むと猫になる(!?)猫谷家シリーズ(大人気BLコミックス「ねこねこハニー」「ねこねこダーリン」)猫ばっかりぎっしり集めたスペシャルコミック! ■紗以と善治の描き下ろし漫画■豆柴のハルによるキャラ紹介カラー漫画■恋人同士メッセージのやりとり■猫谷家の見取り図カラーピンナップ……など、コミックス描き下ろし大量でお届けするファン必携の1冊! ※「ねこねこダーリン(2)」と「月刊ねこねこ」はそれぞれ個別でも配信しています。「ねこねこダーリン(2)」「月刊ねこねこ」「ねこねこダーリン(2)+月刊ねこねこ『ねこねこ合冊版』」すべて異なる電子限定かきおろしを収録しています。購入の際はご注意ください。

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
ねこねこダーリン(2)+月刊ねこねこ『ねこねこ合冊版』【電子限定かきおろし付】のレビュー

平均評価:4.8 37件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) かわいいお話
    コロナさん 投稿日:2019/3/15
    月刊ねこねこ、猫の時の描写が本当かわいいです。 セットで購入お得に買えました。 しかし他のレヴュアーさんも仰ってますが、アプリで読む時に、この二巻セットだけねこねこダーリンのところから抜けてるのでいちいち戻らないといけなくて本当にとても読み づらいんです…。 ぜひ挿入選択制とかで対応してください、シーモアさん。 もっとみる▼
  • (5.0) 可愛い〜
    アルパカさん 投稿日:2019/1/19
    にゃんこ好きなのでたまりません 短毛種が好みですが、次男とパパにゃんこのもふもふさも触りたくてウズウズします
  • (5.0) 「ねこねこシリーズ2(2巻)+シリーズ3(月刊)」
    nekoさん 投稿日:2019/1/13
    「ねこねこハニー1,2」(三男・亜以編)〜「ねこねこダーリン1,2,3」(次男・紗以編)〜「月刊ねこねこ」(猫谷家三兄弟)〜「ねこねこベイビー」(長男・珂以編)〜「ねこねこケイヤク」(同級生編)と続くシリーズもの。※「ねこねこダーリン2」+ 「月刊ねこねこ」が一緒になった「ねこねこ合冊版」あり。←今回はこちら。 ★ねこねこ合冊版★ 「2」7〜12話+描き下ろし、「月刊ねこねこ」+電子限定描き下ろし収録。 無料版「よりぬきねこねこもふもふ」に「ねこねこダーリン」の1話掲載。落ち込むと猫になっちゃう体質あり猫谷家次男のお話。イケメン×しっかり者のケンカップルラブコメ系。 ★ 「ねこねこダーリン 2」7〜12話 善治の行動に悩む紗以。すれ違ったり猫になっちゃったり、ツンデレ紗以がちょっぴり切ない2巻!落ち込むから猫になっちゃうというのに、猫姿の可愛さにくらくら。2巻もたっぷり楽しめました! 「亜以ちゃんからのご案内」描き下ろし2ページ 月刊ねこねこのご案内。 「月刊ねこねこ」 猫谷家の三兄弟・幼少児の頃のお話が、たっぷり詰まっています。兄弟愛・家族愛溢れるエピソードにほっこり。「ちびねこハニー」では小学生の頃の亜以と黒川が、「ちびねこダーリン」では同じく小学生の頃の紗以と善治のエピソードが描かれています。どちらも可愛くちょっぴり切なくオススメです! 「電子限定描き下ろし」2ページ 12話の後。善治視点。 もっとみる▼
  • (4.0) とにかく可愛い
    ともにゃーさん 投稿日:2018/9/1
    ねこの姿がとにかく可愛いかったです。猫屋家のみんなも可愛くてとっても癒されました♪
  • (5.0) 感情のクライマックス
    むにさん 投稿日:2018/4/15
    1巻同様、紗衣と善治の押し問答的やりとりが楽しかったのに加えて、 紗衣が善治への気持ちを自覚する一連の描写がよかったです。 (3巻まで読んだけど)感情表現としては2巻のほうがクライマックスと思います。 ラブラブだけでなく、こういうなん らかの”感情”を読者にも味わわせてくれる作品って好きです。 あと、猫や犬が純粋にかわいい。 ★5は2巻本体の評価です。 (月刊ねこねこはまだ読み途中。本体1-3巻全体だと★4と5の間くらいです) 専用アプリでコレだけ別に収納されるのが不便...。 同じところに収納されるとよいのにな。 総310ページ。 もっとみる▼
ご来店ポイント
▲ページTOPへ