電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ラジエーションハウス 11

通常価格:
570pt/627円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数126件
ラジエーションハウス(11巻配信中)

作品内容

唯織が甘春総合病院に来て以降、放射線科内の杏と技師達の関係は、少しずつ良い方向へ向かっていた。しかし科長の鏑木は放射線科内で自分の存在感が薄れていることに危機感を抱く。鏑木は医療機器メーカーの営業・武田に唯織を探るよう密命を下すが…。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

  • ラジエーションハウス 11
    登録して購入
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    唯織が甘春総合病院に来て以降、放射線科内の杏と技師達の関係は、少しずつ良い方向へ向かっていた。しかし科長の鏑木は放射線科内で自分の存在感が薄れていることに危機感を抱く。鏑木は医療機器メーカーの営業・武田に唯織を探るよう密命を下すが…。

レビュー

ラジエーションハウスのレビュー

平均評価:4.6 126件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白い
    SAKIRAさん 投稿日:2021/10/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 ドラマからスタートでしたが、専門知識も多くとっても楽しく見ることができました。そこに、恋心が絡むのでまた面白いですね! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 放射線技師さんのキレる洞察力◎
    わっきゃさん 投稿日:2020/9/13
    ニッチ分野の着眼に意外な面白さがありハマりました!!現9巻のところ5巻まで一気読み。 幼馴染の杏ちゃん(放射線科医)との約束を忠実に守り、医師資格を隠し放射線技師として勤務する五十嵐君の健気な一途さが怖い(笑)誰にも真似出来ない洞察力 と診断力を見せつける能力の高さがカッコイイ!!家族既往や殺人事件まで画像から読み取っていくドラマが新鮮で読み応えがあります。 診察の際にDr.のパソコン画面で読む画像所見はこういう裏方チームの方々からのメッセージだったんですね。病院との縁にも納得で高度な診断力も日本に浸透したらいいのになぁ。五十嵐君は杏ちゃんにいつ正体をバラすのかな。巻末あとがき面白くて楽しみです!! もっとみる▼
  • (5.0) フラジャイル好きな人ならハマる
    じゃっきー1さん 投稿日:2019/4/23
    当方医療関係の仕事に就いており、志の高い医師の先生方に出会う機会も多く、こういう漫画がもっと普及すれば良いのにと心から思っています。フラジャイルは割と淡々と病理医の多忙な日常を描いている一方、こちらは放射線科にスポットを当て漫画らしく展開が 早いです。少年漫画の勢いが好きな人はこちらのが好きだと思う。あとこちらのが恋愛色とお色気感強め。そんな違いはあれど、両作品とも医師や病院の人達の患者を助けたいという熱い想いが描かれていて、とても心揺さぶられます。しかも絵がきれい!オススメです! もっとみる▼
  • (5.0) ドラマ化期待!
    さこさん 投稿日:2017/9/21
    この作品は医学書といっても過言ではないだろう。普段生活をしていて、関わることのない放射線技師を基軸に様々な症例をあげ、患者の病名をつきとめる。まるでミステリーを解決するかのごとく、ハラハラとした感情と種明かしされた時の爽快感を味わうことがで きる。また医療ストーリーに仕掛けられた緻密なオチはさることながら、その裏につきまとう主人公の淡い恋路がなんとも言えぬ可愛らしさである。これほどまでにのめり込む漫画と出会えたのは久しぶりです。これからも応援します!頑張ってください。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ