漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

闘茶大名 利休七哲 1巻

通常価格:
571pt/628円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで

285pt/313円(税込)

(5.0) 投稿数2件
闘茶大名 利休七哲(1巻完結)

作品内容

茶と武の道に捧ぐ己が身命のすべて。千利休とその高弟達が選びし、果てしなく険しき“茶の湯”の道。乱世の混沌の中で貫き通した壮絶なる生き様とは――――!?織田信長、豊臣秀吉の茶頭を務め、茶の湯でもって戦国の世を戦い抜いた大茶人・千利休。利休に師事し、後世「利休七哲」と呼ばれる高弟達もまた、茶人として、そして武人として戦いを挑んでいく―――――高山右近、蒲生氏郷、織田有楽、荒木村重ら「利休七哲」が生涯のすべてを捧げて歩んだ壮絶なる“茶の湯の道”とは!?戦乱の時代で“茶”に生き“茶”に死した男達の物語!!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

闘茶大名 利休七哲のレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 驚きの連続
    シーサースカッシュさん 投稿日:2011/1/6
    まるで映画のような迫力があります 絵は綺麗な歴史漫画っぽい写実的表現に近いのでわかりやすいです。 お茶杓でお茶碗に湯を注ぐときの湯気のリアルさ、オノマトペの表現がうまくてストーリーに引き込まれました 作者のこだわりが伝わる漫画を ぜひ一度読んでみて下さい もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 人だからこそ
    恋妃さん 投稿日:2009/11/8
    名前は知られているけれど 名前ほどには、意外と知られていない利休の生涯と、利休七哲と呼ばれる弟子達のエピソードを降り交えながら 利休の、信長や秀吉との蜜月の日々から、利休切腹、その後の千家の末路までを描いた話です。 利休を初め 各人が 情熱を傾ける“茶道” 茶の世界さえ 時の権力者により ねじ曲げられ 茶の道に対する、自由に想うことさえ許されず ある者は、茶に熱意を傾けるあまりに狂い あるいは死に またある者は… ここから先は、読んでのお楽しみということで 絵はスッキリしていますが かなりの迫力です 感想としては、しばらく、何も言えなくなる位、圧倒されるものがあります。正に、茶道500年の重みここにありと言うところでしょうか 有名どころの戦国武将も 登場していますので、 そこも見所かと思いますよ もっとみる▼
▲ページTOPへ