漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

レッドベリルにさよなら 1巻

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数169件
レッドベリルにさよなら(3巻完結)

作品内容

【献身的な青年×死にたがり吸血鬼】「だったら俺を殺してくれ」子供の頃から誰にも必要とされず、自分の価値を見出せないでいた昭彦。生きることを諦めかけたその時、命を救ってくれた男・和重は、永い時を孤独に生きる吸血鬼だった――。恩人に何かお礼がしたい、と和重の元へ通う昭彦だが、「もうここには来るな」と冷たく突き放されてしまう。それでも彼の不器用な優しさに触れ、もっと知りたい、自分を見てほしいと惹かれる気持ちは抑えられず……。

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

レッドベリルにさよならのレビュー

平均評価:4.4 169件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) よかった
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初の出会いが衝撃ですね(笑)まさか鉄の棒が貫通してるなんて…あれでビックリして意識を失わず、助けた挙句、通い妻みたいになってる。段々と絆される吸血鬼の和重が振り回されてる感が可愛い(*´ェ`*) 彼氏に人間としての死を迎えて欲しかったけど、やはり助けようとした子を庇って重症して和重の中で今 じゃ〜ない!!の想いと死んで欲しくない想いで結局、吸血鬼にしてしまった。後悔の念はあるけど、幸せな時間 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 2度読み返して納得
    ともさん 投稿日:2021/1/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 吸血鬼モノということで、重苦しい感じかな?と思いきや、そんなことはなく、ほどよくシリアスとコミカルな感じが合わさっており読みやすかったです。一度読んだときハピエンが好きなので、こういう終わり方で良かったと思いつつも、なんとなく、あのまま二人の信念を貫き通して死別でも良かったのではと思っていました。でも、二度目に読み返したときに、和重が色々な葛藤を持っていた中で、昭彦を吸血鬼にしてまで生きさせたいし、ともに生きたいと思うまでに昭彦への想いをつのらせていたと思うと切なくなりました。そして、そこまで思われることで、幼い頃からの念願、人に必要とされるという昭彦の思いも報われてるなと感じました。やっぱりこの終わり方がベストですね。いい作品でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 流石ですね〜!
    みはるぴょんさん 投稿日:2020/11/15
    いや〜本当に素晴らしい作品に出会えて嬉しかった!昭和に合わせて描き方を変えてるのが凄い!そして人物の色気も凄い!眼の描き方とか美しくてうっとりしました。内容は吸血鬼ものですが、色々と考えさせられる内容でだいぶ重みがありました。やっぱり、悠久 の時間を過ごすのに伴侶は必要なのではないでしょうかね・・・独りでは生きていかれないですよ・・・それは、いくら有限の生がある人間も同じですけどね。私個人的には吸血鬼=エド〇ーとアラ〇のCPなのですが、和重と昭彦はお互いに心が移ろわない感じがするので、末永〜くエロく(たまにドS)幸せに暮らしていそう・・・。将門様と師夏も妖しく魅力的なCPでした。こっちのほうが儚げな美しさでしたね〜ホントの「永遠の少年」! もっとみる▼
  • (5.0) 泣きました。
    eritwinさん 投稿日:2020/11/13
    こういうお話って同性だからとかの葛藤ではない別の次元での葛藤があって、すごく切なかったです!しかもハッピーエンドって何だろう?と考えさせられます!
  • (5.0) 永遠って
    ヒトクチサンドさん 投稿日:2020/11/9
    不老不死に憧れるけど、愛する人をずっと見送るのは切ない。子供のうちに吸血鬼になってしまうとそのままだしね。何とも吸血鬼の切なさの詰まった話でした。ハピエンです。
  • (5.0) やっと読みました
    ひこにゃんたさん 投稿日:2020/10/18
    いままでちょっとスルーしてたことを後悔。読めて良かった(泣)みちのくアタミ先生の描く男性の色っぽさ、品の良さ、ストーリーの中に感じる人間性とかがすごく好きです。
スタッフオススメ!
  • 日本×吸血鬼の耽美作
    全3巻、みちのアタミ先生の大人気作。孤児院育ちで孤独な昭彦は、偶然人ならざる者―吸血鬼である和重に命を助けられます。好きだけど、一緒にはいられない。吸血鬼として生きる辛さを知っているからこそ、吸血鬼にはなってほしくない。そんな葛藤と痛いほど苦しい愛情が絶妙に癖になる…!!切なくも尊い愛。
    設計:うーちゃん
▲ページTOPへ